【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/06/11 12:48

スキーブーツもまたライディングの多様化により、
様々な構造や機能を持ったものへと変化が出てきています。

そこで、特徴の大きく異なる2つの構造と特徴的な機能について説明をさせて頂きます。

【3ピースブーツ】
ボトムシェル、リアカフ、タングの3つのパーツからなるブーツ構造です。
3piece.gif
大きな特徴としては足入れ時に大きくタングが開き、スムーズな足入れが出来ることと、
タングがばねのようになりよりフレキシブルなフレックスを感じることが出来るブーツです。
メーカーカタログなどではフリースタイルやオールラウンドのカテゴリーに属しているブーツが
多くあります。


3ピースブーツから探す

【2ピースブーツ】
ボトムシェルとアッパーシェルの2つのパーツからなるブーツ構造です。
2ピースブーツ.gif
基本的には4バックルのブーツが多く、しっかりとした剛性とホールド感のあるオーソドックス
なスキーブーツの構造となっています。近年では3バックルや2バックルの快適性重視のブーツも増えてきています。
メーカーカタログなどではレーシングやテクニカル、オールラウンドのカテゴリーに属しているブーツが
多くあります。

2ピースブーツから探す

【ウォークモード付ブーツ】
スキーブーツでの歩行時にカフの固定を解放し、歩行時に自然な動きが出来るウォークモード
が搭載されたブーツ。
ウォークモード付きブーツではレバーの操作で簡単にモードを切り替えることが出来ます。
ウォークモードブーツ.gif

ウォークモードブーツ2.gif
ウォークモードにより駐車場やレストランなどでもストレスのない安全な歩行を可能にします。
一部のモデルではハイクアップのための高性能なウォークモードが搭載されています。

ウォークモード付きブーツから探す

以上、簡単にですが解説をさせて頂きました。
ブーツ選びのご参考にしていただければ幸いでございます。

最終更新:2019/06/11 12:48

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

スノーボード&フリースキー     オフワン

カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム