【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2021/04/24 18:42

お部屋を有効に使うにはヘッドレスは最適です。

お部屋の中央にも置けるのでソファー感覚でベッドが使えるので
ワンルームなどでも使われています。

今回のレイアウトは出書院のような部分があるので
ベッドのヘッドボードのように使うことが出来るので
ヘッドレスでもベッドを有効に使えます。

床の色とフレームカラーが同系色でお部屋にマッチしたお子様部屋が出来ましたね
押入れを趣味スペースに使っているので思わずパチリ

集中して趣味に没頭出来そうですね


1.jpg


2.jpg


4.jpg


3.jpg

最終更新:2021/04/24 18:42

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2021/02/20 11:15

ベッドを2台並べてツインベッドとして設置する方法が、現在の主流となってきておりますが、
個人的にもシングルベッドを2台並べて使っていますが何かと不便なことが出てきます。

・マットとマットの隙間を埋めたい →隙間スペーサーで解決

・マットとマットの段差を埋めたい →1体タイプベッドパッドで解決

・フレームとフレームがズレるのを何とかしたい → 未解決・・

フレームのずれを何とかしたいのですが、今まではタコ糸で縛っていましたが、それでもズレてきてしまいます。。
P_20210220_083048.jpg



何かいい方法は無いかと100円ショップやホームセンターででいろいろ試行錯誤しましたが結局は駄目。
諦めるしかないと思いましたがドリームベッドから連結用のツインベッド用固定ベルトが発売されました。


早速試してみると、長年悩んでいたフレームのずれが解決しました。
P_20210220_082937.jpg

P_20210220_082924.jpg

レッグタイプのフレームでしたらほとんど装着可能で面ファスナーでしっかり固定できるので
横にずれることはほぼ無いかと思います。壁面に付けていれば縦方向にずれることは少ないかと思いますが
縦方向にも安定感はあります。

取付位置はどこでもいいのでフレームによって一番安定する場所で固定すればいいかと思います。

P_20210220_083211.jpg


P_20210220_083144.jpg

最終更新:2021/02/20 11:15

2021/01/19 11:20

シングルの羽毛布団とダブルの羽毛布団の充填量って
シングルがおおよそ1kg程度で、ダブルがおおよそ1.5kg程度と
300~500g(りんご1個)しか変わらないので大したことないなと思いますよね?

実は羽毛布団の中に入っているダウンは50gでこれくらいあるのです。
(高さ80cm×直径80cmほど)


P_20201118_155207.jpg

P_20201118_155219.jpg


P_20201118_155227.jpg


50gでこれだけの量ですので1kgというとこれの20倍の量が布団の中に詰め込まれていると考えると
羽毛布団はダウンいっぱいなんだな~ 暖かい理由が何となく理解できたかと思います。

最終更新:2021/02/09 18:46

2021/01/18 18:34

布団でおなじみの西川の教育制度の一つでスリープアドバイザーがあります。

寝具が出来上がるまでに全くのゼロの状態から完成するまでの一連の流れを

2日間みっちりと勉強しまして、最後に認定試験があります。。

マークシート式や選択式ではなく、一部に記述式があり久々に緊張しました・・

80点以上で合格となるので何とかクリアすることができ試験料を無駄にすることなく資格取得となりました。


基礎知識以外に、枕や布団の選び方の実技まであり、他の認定資格よりワンランク上の資格となっております。

西川の製品のクオリティの高さにはスリープアドバイザーになって初めて理解することが出来ました。


sleepadveiser.jpg




最終更新:2021/01/18 18:34

2020/12/12 18:42

マットレスは常に湿気との戦いです。

人間は一日にコップ1杯分の汗をかくと言われています。

その汗はどこに行くかというとすべて布団が受け止めます。
マットレスを使っている場合で考えると、まずはパジャマなどの衣類が受け止めます。

コップ一杯200mlとして
綿の公定水分率が8.5%で計算してみると
180mlほどがパジャマをすり抜けます

シーツと汗取りパッドが次に受け止めます
約100mlもの汗がマットレスが受け止めています。

マットレスの詰め物が受け止めて最後にベッド下まで汗が落ちます。
スプリングタイプの場合は途中が空間なのでここから蒸発しますが
ウレタン系のマットレスは空洞がないので蒸発しにくいため湿気を
ウレタンがしっかりとホールドしてしまい水分が溜まりやすいです

そのため中のウレタン系のマットレスは湿気対策がしてないマットの場合劣化スピードがかなり高いです。
下記の画像は約10年使われたマットレスの中身です。

ウレタンは少し押すだけでボロボロと簡単に崩れてしまいます。
少し叩くとウレタンの粉を舞い上がります。

全体的にウレタンが湿気を含んでいるので、しっとりとした感触ですので
恐らくウレタンがたっぷりと汗を吸い込んでいるのかなと思いました。

湿気の多い日本でウレタン系のマットレスを使う場合は
通気性が高いタイプを選ぶことをオススメします!


P_20201207_123640.jpg



P_20201207_123705.jpg


P_20201207_123650.jpg


P_20201207_123714.jpg

最終更新:2020/12/12 18:47

ページ上部へ

カレンダー

2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム