【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/01/22 15:33

家具のテーブル・机木部のメンテナンスはどのメーカーでも大体同じ

・40度程度のぬるま湯に固く絞った柔らかい布で拭く
・汚れが目立つ場合は、中性洗剤をほんの少し混ぜ軽く拭き取る
・水分を残さないように柔らかい布で乾拭きする

これ以外の方法はないのが現状です。

確かにそれ以外の方法はないですね。
ほとんどの食卓テーブルはウレタン塗装で
一般家庭では削ることもできないのでしょうがないですね。

革製品のメンテナンスに使われる有名なレザーマスタのようなモノはないかと・・

そこで乾燥だけでも防げないかと使えるのがフィーデンワックス

このワックスはレザーマスタのように薄いコーティングをすることでテーブルをキレイに使えます。

主原料はハチミツとオレンジなので食卓テーブルに使ってもリスクの少ない原料で安心して使えます。

ウレタン塗装だけでなくオイル系の塗装にも使えるので木製品ほとんどに使えます。

我が家では子供の学習デスク・センターテーブルにも使っています。

オレンジオイルも含まれているので汚れも落ちますので一石二鳥です。


【使用例】
まず下準備としてテーブルをしっかりと水拭きして水分がないようにします。
目安は3ヶ月に1回、季節の変わり目ぐらいで大丈夫です。(冬は乾燥しやすいので状況に応じて)
適量を使います


1.jpg


汚れ・乾燥がひどい場合は2~3回程度
定期的に行っている場合は1回の塗り込みで十分です。
車のワックスのように、すり込むように全体を磨き上げます。


2.jpg



ある程度終わったら別の布で仕上げ磨きをしますと、よりキレイに仕上がります。


3.jpg


今回のテーブルはウレタン塗装が厚いタイプのテーブルですが
無垢・突板テーブルの方がより実感が沸く仕上がりとなります。

慣れてこれば15分程度で終わり、木が蘇ります。
20~30分ほど自然乾燥させれば普通に使えます。

木部のお手入れはコレ一本で終わりです!

最終更新:2019/01/22 15:58

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2018/11/22 10:01

ベッドの床板には布張り床板とスノコタイプと大きく分けて2パターンが存在します。

通常の布張り床板は通気性は無いですが、コスト面に優れているので
ほとんどのベッドは布張り床板になっております。

ベッドによってはスノコのフレームも存在します。

スノコはマットレスの湿気をベッドの下に放出するメリットがあるのですが

難点の一つとしてスノコが水分を調整するので、少し黒ずんでしまうデメリットがあります。

この黒ずみがマットレスに移ってしまい、マットレスが汚れるという被害があります。

コレを防止するにはスノコの表面を漂白やコーティングする方法があるのですが

コーティングをすると木の呼吸を妨げ、せっかくのスノコのメリットを潰してしまいます。

またスノコは通気性を確保するために空気をベッドの下に逃がすためベッド下がホコリでいっぱいとなります。


黒ずみを防止するにはやはりスノコでも通常の床板と同様に定期的にマットレスを上げるしか方法はないです。

黒ずみ防止にも定期的に天日干しする必要があります。またホコリは定期的に取り除くしかないです。


スノコは通気性の向上のために通常の床板より面倒なことが多いのが実はスノコの弊害です



名称未設定-1.jpg


名称未設定-2.jpg

最終更新:2018/11/22 10:01

2018/11/14 16:39

マットレスは両面使えるタイプは裏表をローテーションすることで
詰め物の負担を抑える事は基本ですが

年に4回、季節ごとにマットレスを上げて乾燥・通気させてあげることはご存知かと思いますが

ではベッドフレームはどうすればいいのか・・・


フレームの大敵もマットレスと一緒でカビです。
カビの発生条件は25度、湿度が80%以上がもっとも繁殖しやすく
そこにエサとなるモノがあるとカビはルンルンとなります。


では条件をなるべく抑えればカビの発生を抑えることが出来ますね

・温度25度
夏場はどうしようも無いですが、朝起きたら窓を開けるだけで温度を下げることは可能です。

・湿度80%
こちらも同じように雨の日はしょうがないですが窓を開けると効果的です

・エサの除去
コレが最大の対策となります。

手垢や皮脂汚れなどはフレームに付着すると、そのままのケースが多いです。
半年に1回でもいいので固く絞った雑巾で塗装部分を拭いてください。

ベッド下を覗いてみるとホコリがたくさんありませんか?
髪の毛だったり、ダニの死骸などのホコリが下に溜まりやすいです。
コレも季節の変わり目ごとに掃除機をかけるだけでかなり効果的です。

桐スノコは通気性がウリですが逆にホコリを下に落としますのでこまめに掃除が必要です。
また桐の場合は天日干しが有効です。布床板は掃除機をかけるといいでしょう。

組立ての際にネジで接合している部分を増し締めしましょう。
使っているうちにネジは少しずつ緩んできます。
緩んだままだとフレームに余計な負担がかかり破損の原因になります。

以上でフレームのメンテナンスは終了です。
出来れはお盆時期と年末など年に2回でもいいのでやっていただくだけで
フレームのメンテナンスは修了です。意外と簡単ですね。


2886a6949c0b4a5498d20acd140b5af7_s.jpg

最終更新:2018/11/14 16:39

2018/11/03 17:14

キレイなラグを中心にみんなが集う家具の配置です

ZU48の3Pと2Pを囲んで自然な配置となっております。

ナチュラルの床面にウォールナットのツートンでメリハリのある配色で

高級感のあるビターブラウンの革色がエレガント感とナチュラル感の同居するインテリアとなっています

センターテーブルを置いてしまうと狭くなるのと堅苦しいイメージが付いてしまいますが

サイドテーブルを置くことで空間を壊さずゆったりとしたイメージを作ることが出来ております。

きっと明るい会話が広がる空間となっているかと思います。



P_20181103_111220_vHDR_Auto.jpg


P_20181103_111242_vHDR_Auto_HP.jpg



【配置家具】

ZU48 3P長椅子ロング   (ウォールナット/ビターブラウン)
ZU48 2P二人掛け椅子ロング(ウォールナット/ビターブラウン)

TU1970 サイドテーブル  (ウォールナット)


最終更新:2018/11/03 17:18

2018/10/13 14:39


医療業界の寝具関係は70%のシェアを誇るパラマウントベッド
入院したことがある方でしたら、まずお世話になっているのがこのメーカーです。

パラマウントの一番の特徴が医療・介護をベースにしていること

ベッドの上で心臓マッサージをしても壊れない耐久性と
24時間・365日使うベッドとして疲れない快適性を一番に考えています。

そのため、他メーカーに比べ、すごく頑丈にフレームが作られています。
また電動ベッドのリモコンには長年の実績を集約したきめ細かい機能を備えており
使いやすさと快適性が抜群なのがパラマウントベッドです。

またすべて日本で作っているというのも安心して使えるかと思います。
24時間・365日使われている病院でも電動モーター・本体で20年、マットは10年で買い換えるほど
抜群の耐久性がウリの一つかと思います。家庭用なら二世代使えるほどのベッドです。


唯一の難点なのがデザインです。。シンプルでいいかと思いますが
やはり家具寝具メーカーの方が造りデザインは一歩上かと思います。

デザインを取るか機能を取るか、機能を取るならパラマウントが一番です!



1.jpg


2.jpg


3.jpg


最終更新:2018/10/13 14:39

ページ上部へ

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム