【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/12/24 23:50

最終更新:2017/12/24 23:51

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/12/24 21:50



祟りか?現代科学が造り出した悪魔の産物なのか!?
沼地から現れた謎の吸血怪獣が次々と村人を襲う!
B級映画の帝王ロジャー・コーマン製作。

吸血怪獣ヒルゴンの猛襲
Attack Of The Giant Leeches

仕様: モノクロ/ モノラル/ 62分/ 1959年・アメリカ
監督:バーナード・L・コワルスキー
出演:ケン・クラーク/イヴェット・ヴィッカーズ/ジーン・ロス/ブルーノ・ヴェソタ

解説】
本作は、日本での劇場公開はなく1970年代前半にTV放映された時の邦題が、当時の怪獣ブームに乗り“吸血怪獣ヒルゴンの猛襲”となった。“ヒルゴン”というウルトラ怪獣を彷彿とさせる題名のため、多くの子供達も視聴し内容の残酷さ(当時として)に子供時代のトラウマになった人も多いと言われる、究極のカルトモンスター映画である。製作はB級SFの神様ロジャー・コーマン、監督は「刑事コロンボ・シリーズ」で有名になるバーナード・L・コワルスキー。コーマン先生は本作をあまりお気に召してないようだが(彼の後年の自薦作品集にも含まれていない)、「大アマゾンの半魚人」を思わせる水中格闘シーン、「呪われた海の怪物」より何十倍不気味な造形の怪物、コワルスキー監督の手堅い人間ドラマなど見所たっぷりの娯楽作品である。(田中靖人)


最終更新:2017/12/24 21:51

2017/12/24 21:40



人気の商品でしたが廃盤になりました。
ハーラン・エリスン原作、ドン・ジョンソン主演の近未来SFサスペンス。
核戦争後の人類の種の保存を賭けた争い!

少年と犬 A Boy and His Dog
仕様: カラー/モノラル / 90分/ 1975年・アメリカ
監督: L・Q・ジョーンズ
出演: ドン・ジョンソン/スザンヌ・ベントン/ジェイソン・ロバーツ/アルヴィ・ムーア/ヘレン・ウィンストン/チャールズ・マックグロー
声の出演:ティム・マッキンタイア

解説】
ハーラン・エリスン原作のネビュラ賞受賞中篇小説の映画化作品。彼はSF映画TV界とも関係が深く、スタートレック・バビロン5・アウターリミッツ他多数の原作、脚本を手がけエミー賞も受賞している。監督と脚本は「ワイルド・バンチ」でペキンパーの影響を受けた俳優L.Q.ジョーンズ。本作は監督処女作である。出演は主役の少年には、後に「マイアミ・バイス」でブレイクするドン・ジョンソン。そして名優ジェーソン・ロバーツが脇を固める。ジョーンズが映像化した荒廃の未来世界描写は、数多くのSF映画やアニメーションにも多大な影響を与える。ペキンパー譲りのバイオレンスも、光と影の効果的な使い方により、更に洗練されたものになっている。原作のイメージにとらわれず、ジョーンズ自らのイマジネーションを追加し映像化した本作は、近未来SF映画の傑作である。


最終更新:2017/12/24 21:41

2017/12/24 19:20

2017/12/24 19:00



殺したはずの女の生首が飛び回る、真冬に怪談噺はいかが。
「戦慄!プルトニウム人間」「人間人形の逆襲」のバート・I・ゴードン監督が女の執念を描いたホラー作品。

空飛ぶ生首 Tormented [DVD]
仕様: モノクロ/ モノラル/ 75分/ 1960年・アメリカ
監督: バート・I・ゴードン
出演:リチャード・カールソン/スーザン・ゴードン/ジュリー・レディング/ジョセフ・ターケル/ルゲーネ・サンダーズ

解説】
本作はハリウッド式ホラーと云うより、むしろ日本の怪談に近い味わいだ。また、1960年に製作されたとは思えない、残酷かつ、見事な恐怖演出を堪能できる。これは監督のバート・I・ゴードンの手腕によるもの。彼は頭文字をとってMr.BIG(ミスター・ビッグ)と呼ばれ、多くの評論家は彼の作品を評価していないが、カルト・ファンの間で絶大な人気を誇る名監督なのだ。特に代表作「戦慄!プルトニウム人間」とその続編「巨人獣」や「巨大生物の島」は日本でも人気が高い。スクリーン・プロセスによる特殊撮影を得意とし、本作を含む多くの作品に使われている。主演は「大アマゾンの半魚人」のリチャード・カールソン。渋い彼の怖がる姿は見物だ。本作はバート・I・ゴードンの代表作の一つで、日本初の映像ソフト化になる。

最終更新:2017/12/24 19:01

2017/12/24 18:00



理髪店で女性の瞳を切り裂く。
蟻の這い回る手。女装した男が事故に遭う。不条理な15分。犬は出てこない。
監督・ルイス・ブニュエル、脚本・サルバドール・ダリのシュルレアリスムを表現した17分の前衛映像

アンダルシアの犬
Un Chien Andalou[DVD]

仕様: モノクロ/ サイレント/15 分/ 1928年・フランス
監督: ルイス・ブニュエル
出演: ピエール・バチェフ/シモーヌ・マルイユ/ハイメ・ミラビエス/サルバドール・ダリ/ルイス・ブニュエル

解説】
冒頭、理髪店で女性の目をカミソリで真っ二つに切り裂く。その後、女装した男が交通事故に遭い、それを虚ろな眼で見る女。脇の毛を奪う男。蟻の這い回る手等、あまりにも過激でシュールな映像表現が続く。ストーリーらしいストーリーはないが最後まで決して飽きる事のない映像詩に酔いしれる事だろう。 監督のルイス・ブニュエルはフリッツ・ラング監督が1921年に制作した「死神の谷」(改題前:死滅の谷)を観て、監督になる事を決意。その後、サンフェルナンド美術学校時代に知り合ったシュールレアリズムの代表格であるサルバドール・ダリと共同で制作した短編映画。しかし、あまりにも過激な内容からカトリックから猛烈な抗議を受けたと言われている。実際に次作にあたる「黄金時代」は上映禁止になっている。しかし、ブニュエルはその後も多くの作品を撮り続け、1958年の「ナサリン」という映画ではカトリック教会から賞を貰っている。そして1983年に死去した後も巨匠としてスペイン、フランス、メキシコ、アメリカでファンを増やし続けている。まさにその監督の原点であり、衝撃のデビュー作だ。代表作はジャンヌ・モロー主演の「小間使いの日記」(1963)、カトリーヌ・ドヌーヴ主演「昼顔」(1967)、「ルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」(1955)、「ロビンソン漂流記」(1954)、「エル」(1952)等がある。(松村仁史)


最終更新:2017/12/24 18:01

2017/12/24 17:30

2017/12/24 17:00

2017/12/24 16:40

2017/12/24 16:20

2017/12/24 16:10



宇宙人の侵略は事実なのか、それとも只の妄想なのか?
事態は交錯し観る者を迷宮に誘い込む緊迫のSFサスペンス。
全身黒タイツで、目玉はピンポン玉の宇宙人登場!
「ミッション・インポッシブル」のピーター・グレイブス主演

宇宙からの暗殺者
Killers From Space

仕様: モノクロ/ モノラル/ 71分/ 1954年・アメリカ
監督: W・リー・ワイルダー
出演:ピーター・グレイヴス/ジェームズ・シーイ/スティーヴ・ペンドルトン/フランク・ガーステル/ジョン・フレデリック/バーバラ・ベスター

解説】
主演のピーター・グレイブスといえば「ミッション:インポッシブル」のオリジナルTVシリーズ「スパイ大作戦」のIMFリーダー役で有名な、渋い演技が定評のある名優。そして、この映画を撮った監督はあの巨匠ビリー・ワイルダー!ではなく、その実兄、W・リー・ワイルダー。彼はこの前年に「姿なき訪問者」(1953)という駄作を撮ったが、本作はその翌年に名誉挽回の為か、さらなる本格的に挑んだSFミステリー・・・のはずだった。見所は色々あり、大蜥蜴や巨大蜘蛛、人体実験など、かなり面白い構成。ただ、肝心の宇宙人が全身黒タイツで、ピンポン玉を目につけて現れた途端に、ほとんどの人が声をあわせてこう云うだろう「なんだ、こりゃ?!」。

最終更新:2017/12/24 16:11

2017/12/24 14:40

2017/12/24 13:50

2017/12/24 13:10



スペイン怪奇映画の第一人者、ポール・ナッシーが描き出す恐怖ののゾンビ・ムービー。秘法で次々と蘇ったゾンビが暴れまわり、住民を恐怖の渦に巻き込むのだ。
ゾンビの怒り
Vengeance Of The Zombies [DVD]

仕様: カラー/ モノラル/ 96分/ 73年・スペイン(米国編集版)
監督: レオン・クリモフスキー
出演: ポール・ナッシー/ミルタ・ミラー/マリア・コスティ/オーロラ・ド・アルバ/ロミー/ルイス・シヘス/アントニオ・ピカ

解説】
トラッシュ・ムービーの大御所ポール・ナッチーが贈る本格的ゾンビ・ムービー。ちなみにハシント・モリナとはポール・ナッチーの別名。つまり、脚本と出演の両方をこなしている事になります。ポール・ナッチーはとにかくモンスターが大好きな様で「ザ・ゾンビ 黒騎士のえじき」(1973)や「Dr.ジキルvs.狼男」(1973)、フランケンシュタイン博士と怪物、吸血鬼ドラキュラ、狼男、ミイラ男までモンスター勢揃いの「モンスター・パニック/怪奇作戦」(1970)なんていうトンでもない映画を次々撮っています。そんな彼が全盛だった1973年に撮ったのが本作。今観ると確かにあまりの適当さに驚く点もありますが、次々にゾンビや殺人が繰り返されるストーリー展開は我々をグングン引き込んでしまう事でしょう。主演には「Dr.ジキルvs.狼男」でも共演しているミルタ・ミラー。また「エル・ゾンビ IV 呪われた死霊海岸」(1975)のマリア・コスティ等が脇を固めます。一度観たら止められないナッチー・ワールドにあなたもハマってみては?


最終更新:2017/12/24 13:11

2017/12/24 13:10

2017/12/24 12:20

2017/12/24 12:00

2017/12/24 11:30

2017/12/24 11:00

「2001年宇宙の旅」に異を唱え、「猿の惑星」の別の答えを求め、「吸血鬼ゴケミドロ」の世界観を踏襲・・・したかどうか不明だが78年の西ドイツ作品、118分完全版。

4年送れて惑星探査から帰還した宇宙飛行士を待っていたのは地獄だった。
通信不能、荒野の骸骨、砂に覆われた高速道路、打ち捨てられた廃墟。
ここは本当に地球なのか!?


地獄のライト・スタッフ 完全版
OPERATION GANYMED[DVD]

仕様:カラー/モノラル/118分/1978年・西ドイツ
監督:ライナー・エルラー
出演:ホルスト・フランク/ユルゲン・プロフノウ/ディーター・ラーザー/ウーベ・フリードリッセン/クラウス・テオ・ゲルトナー

解説】
■VHS時代に記録的視聴数を出したSFの怪作!
■日本公開より約30分長い完全版で登場。
■「Uボート」「ビバリーヒルズ・コップ2」「24 TWENTY FOUR(ファイナル・シーズン)」など、数々の代表作を持つユルゲン・プロフノウの出世作。
■ホルスト・フランクは「皆殺しのジャンゴ」「西から来た男」「潜水艦浮上せず」等に出演した名優。
■ディーター・ラーザーは本作以降はパッとした代表作はなかったが、近年、ムカデ人間でヨーゼフ・ハイター博士役を演じて大復活を果たした。
■「ライトスタッフ」(1983)のブームに乗って製作されたように思われがちだが、実は本作の方が5年も前に製作されている。 (日本公開は1984年)
■監督のライナー・エルラーは「ミステリー・ハネムーン」「失われた核」等を撮り、また脚本家として「アフリカン・シンジケート」も手がけた。

最終更新:2017/12/24 11:01

2017/12/24 10:20

2017/12/24 10:10

2017/12/24 10:00



そこに印を打たれた者は必ず死ぬ!
人間の死を操作できる墓標図。トリックなのか、それとも・・・。
米国版「デスノート」とも呼べる50年代のホラー作品。

デス・プラン 呪いの地図
I Bury The Living[DVD]

仕様: モノクロ/モノラル / 76分/ 1958年・アメリカ
監督: アルバート・バンド
出演: リチャード・ブーン/セオドア・バイケル/ハワード・スミス/ぺギー・マーラー/ハーバート・アンダーソン

解説】
長年、カルト作品として米国で人気を誇ったが、日本では未公開。類似の物語は古くから多く存在し、最近では死のノート(デス・ノート)に名前を書いた人物が死を迎えるというコミックが大ヒットしたのも記憶に新しい。しかしこの作品が特徴的なのは、死を招く原因が地図のせいなのか、主人公の能力なのか、あるいは偶然なのかを探求している点にある。この困難な主人公役に挑んだのが、名優リチャード・ブーン。その男らしい顔立ちから多くの西部劇に出演した。特にジョン・ウェイン主演の「アラモ」(1960)「ラスト・シューティスト」(1976)での出演は印象深い。また日本のSFファンにはなじみ深い「極底探検船ポーラーボーラ」(1976)では主演を務めている。彼は狩猟家としても有名である。

最終更新:2017/12/24 10:01

2017/12/24 10:00

2017/12/24 08:50

2017/12/24 08:20

2017/12/24 07:30

2017/12/24 07:30

2017/12/24 05:50

2017/12/24 05:30

2017/12/24 04:50



人間の血肉を喰い荒らす!
街中を恐怖に陥れる殺人モンスターの正体は何だ?
デヴィッド・ウォーベック主演のSFホラー作品。

恐怖の溶解人間 Panic
仕様: カラー/モノラル/ 91分/ 1976年・イタリア・スペイン
監督: アンソニー・リッチモンド
出演:デヴィッド・ウォーベック/ジャネット・アグレン/フランコ・レッセル/ロベルト・リッチ

解説】
次々と場面が変わるテンポの良いストーリー展開で飽きさせない演出はアンソニー・リッチモンド監督によるものだ。彼はトニーノ・リッチと名乗り、クラウス・キンスキー主演の「栄光の戦場」(1969)で一躍有名になった監督。その後も「人食いシャーク・バミューダ魔の三角地帯の謎」(1978)、「死海からの脱出」(1987)等を撮り、その独自のセンスで観客を魅了した。また、カーク大尉を演じた主演のデヴィッド・ウォーベック(1997年没)は「ドラキュラ血のしたたり」(1971)や、ルチオ・フルチ監督の「恐怖!黒猫」(1980)等にも出演してホラー俳優として知られているが、「007/死ぬのは奴らだ」(1973)では、三代目ジェームズ・ボンドとしてロジャー・ムーアより先に候補者リストに挙げられていた。そんな彼のピーク時の作品だと言えるだろう。

最終更新:2017/12/24 04:51

2017/12/24 04:30



劇場では嘔吐バッグが配られたと云われている、スペイン発の人肉引き裂きスプラッター。叩いて殺して最後は挽き肉にして皆さんの食卓へGO!
世界各地で公開中止に追いやられた問題のホラー映画だ。

カンニバル・マン 精肉男の殺人記録
Cannibal Man [DVD]

仕様: カラー/ モノラル/ 98分/ 1972年・スペイン(米国編集版)
監督: エロア・デ・ラ・ラジレスシア
出演: ヴィセンテ・パラ/エマ・コーエン/ユウセビオ・ポンセラ/チャリー・ブラボウ/ローラ・エレーラ

解説】
あまりの残酷描写から世界中で公開中止が相次ぎ、公開された映画館では入場の際に嘔吐してもいいように”嘔吐用バッグ”を渡したとされる伝説の超過激なスプラッター映画。日本初公開。今回はオリジナルのスペイン版ではなく、版権を買い、新たに再編集し、作り替えた米国再編集版。再編集を行ったのは「レディ・フランケンシュタイン」(71)の原作者ディック・ランドール。本来のタイトル『殺人者の一週間』だが、英国公開の際に"殺人者"が屠畜場の労働者を表しているかのように誤解されると、問題になり『カンニバル・マン』となった。近親○姦、同性愛、猟奇的連続殺人等、多くの過激シーンが話題になった。

最終更新:2017/12/24 04:31

2017/12/24 03:50

2017/12/24 03:30

2017/12/24 03:10



セックス・ゼミ開講。
ドン・ジョンソン主演の性春キャンパス生活。
全裸水泳、全裸ヨガなど大学生の性講義・性実技を赤裸々に描いた青春ドラマ。

青い接触 
The Harrad Experiment[DVD]

仕様: カラー/ モノラル/ 90分/ 1973年・アメリカ
監督: テッド・ポスト
出演: ドン・ジョンソン/ティッピー・ヘドレン/ジェームズ・ホイットモア/ブルーノ・カービイ/ローリー・ウォルターズ/ロバート・ミドルトン

解説】
フリップ校長の性改革の講義を受ける大学が入り乱れる。全裸でヨガをしたり、プールしたり、男女大学生の性生活を赤裸々に描いた青春ドラマ。フリップ校長はハラッド大学において性革命の哲学を研究し、実権の為のチームを作っている。その為、スタンリーとシーラは同居するはめになるが、スタンリーは心の無いセックスを好むのに対し、美少女シーラは愛情を求める・・・。かくしてスタンリーはセックスと肉体、愛情と精神の狭間で悩む事になる。

主演はTVシリーズ「マイアミ・バイス」「刑事ナッシュ・ブリッジス」で有名なセクシー男優 ドン・ジョンソン。共演のティッピー・ヘドレンは女優メラニー・グリフィスの実母。そしてメラニー・グリフィスはドン・ジョンソンの元妻。結婚前の義母共演?になる。ハラッド大学(SEX専門学校)の生徒達の性生活を赤裸々に描いたシーンが見物!!全裸ヨガ、全裸水泳パーティ、森林浴SEX、不倫誘惑等、開放的なセックスを描いている。

最終更新:2017/12/24 03:11

2017/12/24 01:30

2017/12/24 01:10

2017/12/24 01:00

2017/12/24 01:00

2017/12/24 00:50

2017/12/24 00:30



イタリアから恐怖のモンスターがやってくる。
若い女が次々とヤツの生贄に。
原爆の放射能を浴びた元従軍医師が恐怖のクリーチャーへと変貌するのだ。

怪談生娘吸血魔 アトミック・エイジ・ヴァンパイア
Atom Age Vampire[DVD]

仕様: モノクロ/ モノラル/ 86分/ 1960年・イタリア(米国編集版)
監督: アントン・ジュリオ・マジャノ
出演:アルベルト・ルーポ/スザンヌ・ロレット/セルジオ・ファントーニ/フランカ・パリシ・ストラール

解説】
長年、カルト作品として名高いホラーが遂に登場! そのモンスターの誕生シーンには誰もが度肝を抜かれる。製作は、エリオ・イッポリート・メリーノという偽名を使っているが、マリオ・バーヴァだと言われている(マリオ・フーヴァなる別の人物という説もある)。マリオ・バーヴァは「血ぬられた墓標」の監督で知られるホラー映画の名手であり、ダリオ・アルジェントやアンソニー・ドーソン等と並んで人気か高い。イタリアン・ホラーの父と言われているだけあって、本作でも手腕を発揮している。顔のアザが消えていくシーンや博士が怪物になるシーンは初歩的な特撮ではあるが、今見ても恐怖を感じる見事な出来栄に仕上がっている。配給会社のせいで日本公開では「怪談生娘吸血魔」と奇妙なタイトルになっているが、米題は"Atom Age Vampire"である。

最終更新:2017/12/24 00:31

2017/12/24 00:30

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム