【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/11/28 23:40

最終更新:2017/11/28 23:41

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/11/28 23:30

2017/11/28 22:20

2017/11/28 21:30

2017/11/28 21:00

2017/11/28 20:50

最終更新:2017/11/28 20:51

2017/11/28 20:40

2017/11/28 20:30




【日本語吹替付き】一体、火星で何が起こったのか!?
米ソ宇宙開発競争に一歩先んじたNASAだったが、不測の事態が起きてしまう。
だが、本来発動するはずの無かった「プランB」の実行に踏み切るのだ。
NASAの策謀は合衆国大統領さえも欺いく。

雨傘映画として巨人ファンをガッカリさせ続けたSF作品が完全復活!

SF火星の謎 アストロノーツ
THE ASTRONAUT

仕様: カラー/モノラル・日本語吹替え/日本語字幕 / 71分/1971年・アメリカ
監督: ロバート・マイケル・ルイス
出演: ジャッキー・クーパー/モンテ・マーカム/スーザン・クラーク/ロバート・ランシング


解説】
■主演は「チャンプ (1931)」で子役を務め、その後、「刑事コロンボ/野望の果て」を演じ評価を得て、「スーパーマン」シリーズでデイリー・プラネット社の編集長役で世界的にも知られるようになった名優ジャッキー・クーパー。
■また、あまり知られていないがジャッキー・クーパーは「俺がハマーだ!」等のTVドラマの監督も務めエミー賞を2回も受賞した実力派でもある。
■冒頭は火星探索をテーマにしているが、最終的に宇宙飛行士のすり替えという意外な展開が話題を呼んだ。
■70年代に日本テレビで雨傘番組として異常なくらい放映され、知名度の高い幻の作品。
■本国でも正式発売されていない本作を当時の日本語吹替付きで完全復活。

Story】
宇宙飛行士ランドルフは、火星で起きた謎の遭難事件で姿を消してしまう。
彼の替え玉として用意されていたエディーは、NASAのアンダーソンの命令によって妻ガイルの元でランドルフとして生活を始めた。
しかしガイルは、夫ではないのではないかと疑い始める。
果たして火星で一体何が起こったのか? そして事件は闇に葬られてしまうのか?


最終更新:2017/11/28 20:31

2017/11/28 20:20

2017/11/28 20:10

2017/11/28 20:00

2017/11/28 19:30

2017/11/28 19:20

2017/11/28 19:20

2017/11/28 19:10

2017/11/28 18:30

2017/11/28 07:50

最終更新:2017/11/28 07:51

2017/11/28 07:30

2017/11/28 07:30

2017/11/28 00:40




今も語り継がれる、1892年に起きた残忍な殺人事件を映像化。
容疑者は被害者夫婦の娘だった。本当に彼女が殺人鬼なのか?
「奥様は魔女」のエリザベス・モンゴメリー主演のサスペンス作。

リジー・ボーデン 奥様は殺人鬼 
THE LEGEND OF LIZZIE BORDEN


仕様:カラー/モノラル/日本語字幕/96分/1975年・アメリカ
監督:ポール・ウェンドコス
出演:エリザベス・モンゴメリー/フィオヌラ・フラナガン/フリッツ・ウィーヴァー/キャサリン・ヘルモンド/エド・フランダース/ヘイデン・ローク/グロリア・スチュアート

解説】
■主演は「奥様は魔女」のサマンサ役で一世を風靡したエリザベス・モンゴメリー。
■監督は多くのTVドラマを監督したポール・ウェンドコス。日本でも人気の「インベーダー」(1967~1968)や
 「新・荒野の七人/馬上の決闘」「降霊術師ケミスラー エクソシスト」等、多くの作品を生み出している。
■本作は多くの名優が脇を固める。
 TVシリーズ『スタートレック:エンタープライズ』『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のフィオヌラ・フラナガン。
 映画『未知への飛行』やTV『ミステリー・ゾーン 』のフリッツ・ウィーヴァー。
 『ヒッチコックの ファミリー・プロット』や『続・明日に向って撃て!』のキャサリン・ヘルモンド。
 『マッカーサー』(1977)でトールマンを演じたエド・フランダース。
 『かわいい魔女ジニー』の上官役で有名なヘイデン・ローク等、他にもTVなどで活躍した俳優が次々登場する。
■ヒッチコックやロブ・ゾンビ、アガサ・クリスティに至まで多くの作家がリジー・ボーデンを題材にしているが、
 本作では事件の真相について、全く新たな視点から犯行を再現している。そのラストは非常に衝撃的で放映時に話題を呼んだ。

最終更新:2017/11/28 00:41

2017/11/28 00:30

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム