【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/12/24 10:00



そこに印を打たれた者は必ず死ぬ!
人間の死を操作できる墓標図。トリックなのか、それとも・・・。
米国版「デスノート」とも呼べる50年代のホラー作品。

デス・プラン 呪いの地図
I Bury The Living[DVD]

仕様: モノクロ/モノラル / 76分/ 1958年・アメリカ
監督: アルバート・バンド
出演: リチャード・ブーン/セオドア・バイケル/ハワード・スミス/ぺギー・マーラー/ハーバート・アンダーソン

解説】
長年、カルト作品として米国で人気を誇ったが、日本では未公開。類似の物語は古くから多く存在し、最近では死のノート(デス・ノート)に名前を書いた人物が死を迎えるというコミックが大ヒットしたのも記憶に新しい。しかしこの作品が特徴的なのは、死を招く原因が地図のせいなのか、主人公の能力なのか、あるいは偶然なのかを探求している点にある。この困難な主人公役に挑んだのが、名優リチャード・ブーン。その男らしい顔立ちから多くの西部劇に出演した。特にジョン・ウェイン主演の「アラモ」(1960)「ラスト・シューティスト」(1976)での出演は印象深い。また日本のSFファンにはなじみ深い「極底探検船ポーラーボーラ」(1976)では主演を務めている。彼は狩猟家としても有名である。

最終更新:2017/12/24 10:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム