【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2017-03-21 07:30



迷匠ラリー・ブキャナン監督が「原子怪獣と裸女」(1956)を大胆にリメイク!
人類最終戦争の後、汚染された地球上で最後に生き残るのは誰だ!?

2889 原子怪人の復讐
In The Year 2889

仕様: カラー/ モノラル/ 79分/ 1966年・アメリカ
監督: ラリー・ブキャナン
出演: ポール・ピーターセン/クイン・オハラ/カーラ・ドハティ/ニール・フレッチャー/ビル・サーマン

解説】
カラー放送に伴い、白黒映画をリメイクする事に情熱を注ぎ、オリジナルより酷い作品にしてしまう事で注目を浴びた逆天才ラリー・ブキャナン監督。そんな彼が、尊敬するB級映画の帝王ロジャー・コーマン作品「原子怪獣と裸女」(1956)をリメイクしたのが本作。「金星怪人ゾンターの襲撃」でも失敗しているが、本作はその同年に製作され、更なる駄作。しかし、彼のその映画に対する情熱と非科学的SFセンスは、もう伝説の領域で、本作でも遺憾なく発揮されている。核シェルターと称したただの小屋、そこに集まる緊張感のない最後の人類、何の根拠もないモンスター等、見所満載。逆天才ブキャナンのエクスプロイテーション魂を垣間見る見事な出来栄。TVで放映された際のタイトルは「人類滅亡の瞬間・衝撃!放射能異変」と「2889年」だった。ちなみに56年版もそうだが、裸女と言ってもゴミだらけの水着で泳ぐ程度なので、そこは期待してはいけない。ちなみに2001年に再度「怪奇異星物体」というタイトルでリメイクしている。


このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム