【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/12/23 03:30



タイトルは「殺人者の一週間」だが、英国公開の際に"殺人者"が屠畜場の労働者を表しているかのように誤解されると問題になり「カンニバル・マン」に変えられた。近親○姦、同性愛、猟奇的連続殺人等、多くの過激シーンが話題の作品。
カンニバル・マン 精肉男の殺人記録
Cannibal Man [DVD]

仕様: カラー/ モノラル/ 98分/ 1972年・スペイン(米国編集版)
監督: エロア・デ・ラ・ラジレスシア
出演: ヴィセンテ・パラ/エマ・コーエン/ユウセビオ・ポンセラ/チャリー・ブラボウ/ローラ・エレーラ

解説】
あまりの残酷描写から世界中で公開中止が相次ぎ、公開された映画館では入場の際に嘔吐してもいいように”嘔吐用バッグ”を渡したとされる伝説の超過激なスプラッター映画。日本初公開。今回はオリジナルのスペイン版ではなく、版権を買い、新たに再編集し、作り替えた米国再編集版。再編集を行ったのは「レディ・フランケンシュタイン」(71)の原作者ディック・ランドール。本来のタイトル『殺人者の一週間』だが、英国公開の際に"殺人者"が屠畜場の労働者を表しているかのように誤解されると、問題になり『カンニバル・マン』となった。近親○姦、同性愛、猟奇的連続殺人等、多くの過激シーンが話題になった。

最終更新:2016/12/23 03:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム