【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/04/24 13:11

1980年代中ごろ、オゾン層の破壊などの地球環境の変化に伴い、紫外線が皮膚の老化や皮膚がんの原因となることとが証明され、大人(特に女性)の紫外線対策はだいぶ充実されてきました。
一方、子供への紫外線対策については「小さいうちは日光浴をさせたほうがいい!」「赤ちゃんのうちからしっかり紫外線対策をしておいたほうがいい!」など、様々な意見があり、きちんとした指針がありませんでした。
子供の頃の日焼けは10日もすれば、一皮むけてシミ、シワなどのない健康そうに見える小麦色の肌になるだけですし、適度な紫外線は骨形成を助けたり、皮膚の殺菌作用などの良い面ももっています。
しかし、紫外線は1日10分で十分に骨形成を助け、18歳までに、生涯における紫外線量の約半分を浴びることもわかってきました。びっくり

一般的に、長年にわたって日に当たりすぎると、20歳を過ぎた頃から皮膚に対しシミ、シワなどの光老化症状というものを引き起こします。原因は、紫外線が皮膚の細胞の遺伝子に多数の傷を与え、時には遺伝子が正常に戻らないような変化をおこさせることによります。
シミ、シワというと何となく大人の病気という印象がありますが、成人に比べ小児期は皮膚の細胞分裂が盛んなため、このような遺伝子の変異が生じやすい時期です。小児期に日焼けをすると、肉眼では見えないものの光老化への第一歩となり、20歳頃から皮膚に老化現象が現れ始めます。
子供の頃からの日焼け予防は、大人になってからの皮膚の老化予防のためにも重要なことなのです。

子供の肌はデリケートで、日焼け止め効果の強さだけを考えて刺激の強いものを塗るとかぶれたり、べとついて嫌がったりします。
そのため子供の日焼け止めにはできるだけ低刺激性のベタつかないものを使ってあげることをお勧めします。
子供にも使用できる日焼け止めを上手に利用して、毎日を楽しく健康に過ごさせてあげましょう。 ウィンク


デリケートな子どもの肌用 日やけ止め乳液 フェイス・ボディ用【ラロッシュポゼ 正規販売店】ラロッシュポゼ アンテリオス キッズ ミルク(200ml)+ターマルウォーター50g LA ROCHE POSAY

最終更新:2017/04/24 13:11

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月