【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/03/10 16:00




◆間もなく終了!楽天スーパーSALE【ポイント44倍】
◆源三屋楽天スーパー(酒)SALE
◆里親募集!訳ありセール
◆【限定】純米大吟醸結の香仕込み生原酒
◆珠玉の極上酒「純米大吟醸磨き四割極上」
◆ほろ酔いホワイトデーのお返し特集



毎度ありがとうございます(^0^)ノ

酒蔵あさびらき十一代目 源三屋店長のタナカです。


間もなく終了!3/11(水)1:59まで!『楽天スーパーSALE』!


源三屋でもスーパー(酒)セールや、訳ありセール。

あさ開秘蔵の極上酒の販売なども♪



本日は・・・




・基本ポイント1倍
・3/11(水)1:59まで!【ポイント最大44倍]楽天スーパーSALE(最大+44倍)
・本日10日は楽天カードデー!エントリー&利用で【ポイント5倍】(+4倍)
・エントリー&対象商品をリピート購入で【ポイント2倍】(+1倍)
・キャッシュレスのお支払で【5%還元】
・SPUいつでも楽天市場でのお買い物が【最大ポイント16倍】(+最大15倍)




        



\源三屋はキャッシュレスのお支払で【5%還元】対象店舗です♪/

 



\16%OFFの訳ありセール開催『君にはまだ生きる道がある。』/











\10%OFFの源三屋(酒)セール開催『源三屋はのんべいの味方』/











\目指したのは岩手の最上級酒!結の香仕込み。限定の「生原酒」でお届け/





結の香仕込み。純米大吟醸生原酒四割磨き720ml:4,017円(税込)【クール便お届け】



目指したのは「岩手の最上級」。


南部杜氏の故郷「岩手の最高」を目指して醸された、

岩手県産酒造好適米品種「結の香(ゆいのか)」仕込み。


結の香の特徴を最大限に生かして醸した日本酒は、

雑味成分の少なさにおいては、

日本最高峰の酒米「山田錦」をも凌ぐ、

透明感に溢れながらも、たおやかな旨みが生きるお酒です。


大変にきれいな酒質でのどごしがすっきりと良いので、

特に日本料理との合性が抜群◎


一年に一度だけ上槽される、

結の香仕込みの「純米大吟醸四割磨き」。

通常の製品版は上槽後すぐに火入れ(加熱殺菌)を行います。


火入れをすることで酒質は安定するのですが、

「こんなに美味しいお酒・・・生のまま飲みたい!」と、

とある酒呑みスタッフの切なる願いにより、

直売店で販売する分だけ生のまま数本分だけビン詰してもらいました。


凛とした透明感。芳醇なたおやかな旨み。

もはや「反則技」と呼ぶにふさわしい極上酒。


岩手の・・・そして藤尾杜氏の本気をとくとご堪能ください。





\「純米大吟醸磨き四割極上」年に一度のしぼりたて新酒!/





純米大吟醸 磨き四割 極上 生原酒 720ml:7,109円(税込)
※【4/3(金)以降随時出荷】【クール便お届け】



価格からもお解かりいただけるように、

あさ開の数ある中でも最高級に位置する純米大吟醸。


一流の百貨店などにも出荷されている、

掛け値なしの「極上の日本酒」。


こちらを年に一度の「しぼりたての新酒で!」「非加熱の生原酒で!」

数本だけご用意いたします。


(T0T)美味くないはずがありません。


穏やかで押し付けがましくありませんが、

非常に華やかで優美な、もぎたての新鮮な果実を思いおこさせるような、

上品な吟醸の香り。


吟味した最高の素材だけが生み出す、

まるでビロードのような、

奥深くなめらかな米の味わい。


深みがありつつも、まろやかで軽快な酒質は、

名人・藤尾正彦の真骨頂。


まぎれもなく酒蔵あさ開の目指す、

日本酒の理想型の一つです。


あさ開を代表するお酒だと思っています。

大切なご贈答の品にも最高の自信を持ってお奨めします。


とても「完成度」も「格」も、

ついでに「価格」も高いお酒ですので、

気軽に晩酌で味わえるようなお酒ではありません。


それでも「日本酒の真髄」にふれてみたい方はぜひ!


(^_-) 味で後悔は絶対にさせませんよ。





\まだ間に合う!ホワイトデーギフト♪お返しの準備お忘れではございませんか?/














■あとがき


明日3月11日であの震災から9年が経ちます。


何年たっても、あの日は忘れてはいけないと思いますし、

風化させてもいけないと思います。


私も何度か被災地に行きましたが、

至るところに見られたのが、「津波浸水深の表示」。


こんな高いところまで津波がきた事を知ると、

自然の恐ろしさを実感しました。


でもこれは未来に繋がる記憶の象徴だとも同時に感じました。


復旧しつつある街並みの中でも、

まだまだ津波の爪痕は残っております。


映像じゃなく自分の目で見ると、

あの日のことを絶対に忘れてはいけないと改めて痛感しました。


足を止めて記憶を風化させないようにしたい。


自然に生かされ、自然と共に生きていくには

未曾有の災害はいつ、どこで起きても不思議ではありません。

だからこそ、防災の意識を常にもつことは大事ですし、

何年経っても、あの震災を決して忘れてはいけないのだと思います。



2020年3月11日で、

あの震災から9年です。


一歩ずつ。


一歩ずつ前へ。



明日の午後2時46分は黙祷を捧げようと思います。



メルマガを購読

最終更新:2020/03/10 16:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年