【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/10/01 17:00




◆10月は日本酒の月解禁!酒蔵あさ開の至宝『大吟醸 袋吊り斗瓶囲い雫酒』受注限定販売(約2年ぶり)。
◆源三屋キャッシュレス対象店!【5%還元】




毎度ありがとうございます(^0^)ノ

酒蔵あさびらき十一代目 源三屋店長のタナカです。


本日は・・・


・基本ポイント1倍
・ワンダフルデー!エントリーで【ポイント3倍】(+2倍)
・ママ割メンバー限定!エントリーで【ポイント2倍】(+1倍)
・【毎月開催】楽天市場をご利用で、街でのご利用分【ポイントが2倍】(+1倍)
・SPUいつでも楽天市場でのお買い物が【最大ポイント16倍】(+最大15倍)






\キャッシュレス・5%ポイント還元!源三屋もなんと対象店♪/




【キャッシュレス・消費者還元事業について】


キャッシュレス化の推進を目的に、経済産業省が主体となって行う事業です。

消費税率引き上げ後の2019年10月から9か月間、対象ショップでのキャッシュレス決済によるお買い上げ

金額の5%が還元されます。


そして、酒蔵あさびらき十一代目源三屋もキャッシュレス・消費者還元事業対象店!


なお、楽天市場でのクレジットカード決済での注文に対し、

5%のポイントが付与されます。

※楽天カードをご利用の場合、楽天スーパーポイントが付与され、

通常カード(楽天カード以外)をご利用の場合、

ご利用のカードで定められた方法で還元されます。

お買い物の翌々月22日頃にポイント付与(^0^)♪


※ご利用のクレジットカード会社が本事業に参加していない場合、付与対象外です。


対象期間:2019年10月1日~2020年6月30日迄







\酒蔵あさ開の至宝『大吟醸 袋吊り斗瓶囲い雫酒』受注限定販売(約2年ぶり)/



【受注生産販売】あさ開 限定大吟醸 袋吊り斗瓶囲い雫酒 720ml:6,600円(税込)
※受注期間:2019年10月01日00時00分~10月07日08時00分迄!10/21(月)以降随時出荷



10月は日本酒の月。

あっ、タナカの誕生月でもありますd(。ゝд・)笑


そこで、日本酒の月に合わせて、

大吟醸袋吊り斗瓶囲い雫酒を解禁!


生のお酒は確か1年前に販売してましたが、

このお酒はなんと約2年ぶり。


藤尾杜氏から

(-0-)「少しだけ斗瓶で囲っている雫酒あるけどWEBで販売するか?」

と、とてもありがたいお話をいただきました。


(;゜Д゜)タッ、タナカの日頃の行いか(?)


酒蔵あさ開の直営店である源三屋ですら、

なかなか販売する事が出来ず、

販売出来たとしても、ホントに数本。


ほとんどが行き先が決まっている為、

源三屋でも滅多に販売することが出来ない稀少な極上酒。


このお酒、ひと言でいえば「酒蔵あさ開の至宝」。


酒米の王様「山田錦」35%まで磨いた大吟醸。


ほとんどのお酒は、醪(もろみ)に圧力をかけて、

ぎゅーっと搾り出す「圧搾」という方法で搾られています。


それに対してこのお酒は「袋吊り斗瓶囲いの雫酒」。

昔ながらの布製の「酒袋(さかぶくろ)」に醪を汲み、

人力でタンクに渡した梁(はり)に吊るしていきます。





一袋の重さは20kgをゆうに越えます。


やがて吊るされた酒袋から、

重力にしたがって自然に滴り落ちて、

タンクの底に少しずつ貯まるお酒。





これを一斗(18リットル)入るガラス製の「斗瓶」に集めます。


まったく人工的な圧力をかけないので、

醪内部の粒子を押しつぶさず、

自然のままにお酒を抽出。


香りがありえないほどきめ細やかで、

雑味が非常に少ないのが特徴です。


通常より手間ヒマもかかり、

量もとれない本当に稀少な酒。


周囲を包むように拡がる、

果実のような「至福の香り」。

香りを嗅ぐだけでもそのスゴさが分かります。


ただのひと口で。


呼吸とともに口中いっぱいに「ぶわーっ」と拡がる、

もぎたての果実のような、甘く鮮烈な香り。


舌の上には、最高の酒米「山田錦」

ならではの奥深くなめらかな旨み、

ふくらみがある柔らかな「味わい」。


くどさを残さず「すっ・・・」と静かに切れる辛口と、

後に残る幸せな余韻。


仕事柄、さんざん色んな酒を飲んではいるけれど、

これはただただ「すごい酒だ!」と感服するのみ。


日本酒を飲んで、これほどまでに心が震えるような

感動する味わいの日本酒は私は滅多に出会ったことがありません。


このお酒を初めて私が味わった時、

その美味しさに自然と涙が出そうになりました。

本当に幸せなひと時でした。


米と水から、

職人の手によって醸される日本酒。


酒造りに最高の気象条件が整う、

北国・岩手の厳冬期を選び。

数百年前から先人たちによって受け継がれ、

さらに己の半生をかけて、ひたすら磨き続けてきた匠の技を揮い。

全霊を懸けて醸しあげた。


その『結晶』。


この斗瓶に取られたお酒「雫酒」は、

杜氏が厳重に管理する蔵の「隠し氷室」(杜氏以外は出入り禁止)で低温貯蔵。


特別に本当に特別に見させてもらいました。

中には入らせてはくれませんでしたが(笑)。


何十年も働いているあさ開の従業員ですら、

中まで見たことがある人は、本当に一握り。

まさに蔵の「隠し氷室」。


滓が沈殿し、より純度を増した上澄みの部分だけを、

杜氏が最高と判断したタイミングで、

火入れ(加熱殺菌)します。


何層にも旨みが凝縮されているとでも表現しましょうか。

なんともなんとも懐の深い味わいが生まれます。


その性質、限られた斗瓶の本数、

そして蔵内の貯蔵庫のスペース。


斗瓶で囲われる雫酒は、

本当の本当に少量のみ。


しかも、残念な事にお酒を造る前から、

行き先がほとんど決まっちゃっていて、

源三屋では滅多に販売することが出来ない特別なお酒を、

10月の日本酒の月に合わせて、

超短期間の受注販売という条件付きですが、

少しご用意することができましたので、

メルマガ読者様先行でご案内いたします。


これは、絶対の自信をもって言えます。

紛れもなく、年に一度の日本酒の日を祝うのにふさわしいお酒です。


なんとか年末にももう一度確保出来ないか企んでおりますが、

お約束しかねますので、

確実に手に入るタイミングでのご購入を強くオススメします。



◆ご参考までに過去の販売時のお客さんのレビューをどうぞ。

-------------------------------------------------------


注意!他のお酒が飲めなくなります。

少し冷やし過ぎたので、舌の上で転がすようにしたところ、

何とも言えない豊潤さ・味わい深さに感激。

こんなの飲んじゃうと、ほかのが飲めなくなりそうです。


-------------------------------------------------------


とんでもないお酒です

呑んだ瞬間、あまりの旨さにぶっ倒れるかと思いました。

絹のような滑らかな口当たりだけでも恍惚としますわぁ。

また販売されたら強奪する気概で購入に行きます。


-------------------------------------------------------


うまい! さすが! 感動しました。

何か良いことあった時のためにとって置きました。

ちょっと良いことがあったので開けました。

うまい、止まらない。至福の時です。異次元のうまさです。

本当に日本酒というのは不思議な存在です。

磨きが変わっても、絞り方が変わっても、

米が変わっても、火入れの仕方でもまるっきり変わってしまう。

もうこれは人間と付き合っているのと同じです。

相手が悪いと思っていたら、自分の体調が悪かったりなどということもあるわけで、

心して付き合わなければと改めて思いました。

次回の売り出しがいつになるか分かりませんが、

その時も買えるくらいのへそくりはしておかねばと思った次第です。

大満足しました。


-------------------------------------------------------


なんというか・・・

皆さん、さすがに「良くわかって」いらっしゃいますね。

読んでいてうれしくなっちゃいます。


そう!

この酒はこういう皆さんだからこそ、

飲んでいただきたいのです。


お届けするのは酒蔵の「至宝」たる酒、

皆さんに味わっていただくのは「感動」です。










■あとがき



本日10月1日(火)は「日本酒の日」。

その由来は「酒」

という漢字をはじめとして、

醸、醪、酌、酔、酩、醪などなど、

お酒にかかわりのある漢字。


その部首である「酉」。


これ「とりへん(つくり)」「ひよみのとり」とも読みますが、

他にも「さけつくり」「さけのとり」などとも読むんです。


この「酉」は酒壷を象った象形文字で、

左側の「さんずい」は液体を表します。


つまり日本酒の「酒」という字は、

この「酒壺」に入っている「液体」という意味。


そして10月は、

十二支の中で10番目でもある「酉(とり)の月」。


また10月は新米の稲刈りの時期。


収穫された新米で酒造りが始まる10月は、

すなわち「日本酒の月」であり、

10月1日は夏の間は農業をしていた蔵人たちが、

酒蔵に帰ってくる「酒造元日」なのです。


そんな理由から、

もっと日本酒に親しんでいただく機会にしようと、

1978年の10月1日に、

この日が「日本酒の日」に制定されました。


本日は10月1日(火)。

日本酒の日です。


皆さんも本日は日本酒で乾杯しましょう!


タナカも日本酒飲みますよ! ( ・´ー・`)どや



(^0^)ノへば、また次回~。



メルマガを購読

最終更新:2019/10/01 17:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年