【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2013/12/21 09:19

こんにちは、店長の佐々木です。

今年もこのお酒のご予約が始まりました!


常連さんには毎年のお楽しみ、初めての方にはサプライズ!

酵母が生きたまま入った、年に一度だけの「酒蔵のどぶろく」。


お届けは年明けの1/23(木)から、1800mlは源三屋だけの限定販売です!

酒蔵伝承の古式作造りで醸される、炭酸ガスのシュワシュワ&お米のツブツブ感が堪りません♪


●【ご予約】あさ開 純米活性にごり原酒「どべっこ」源三
1800ml:2,520円、720ml:1,260円 ※クール便お届け
600dobekko.gif




約140年前の酒蔵あさ開、創業当初の田舎仕込みを、現代に復刻・再現した昔酒。

この「どべっこ」は糖類・酸味料などは添加しない、米と麹(こうじ)だけで造られた「純米の」にごり酒。 


つまり。

一般的な糖類添加された「甘いにごり酒」とは、まったく異なる素朴で野趣あふれる味わい。

お米の自然な甘みがありながら、あさ開のお酒らしい辛口の味わいが特徴です。


特筆すべきは「その飲み心地」。


ビン内ではまだ酵母が生きているので、自然発生した炭酸ガスがプチプチ。

口に含むと舌の上で「ピリッ」と、心地よい刺激と酸味が踊ります。


まー、売っている本人の「これ美味しいですよ!」ほど、世の中から信用されないもんもないわけで。

だいたいみんな言いますしね、これ(笑)。


やっぱり昨年までにお召し上がり頂いた「お客さんからの実際の感想」が一番参考になるかと。


◆お客さまレビューより実際にお召し上がりの皆さんのお声をご紹介


----------------------------------------------------------------

 発売開始すぐに送っていただいてその週の週末に開けたのですが、
 ピリッとした風味が強かったです。

 説明はしっかり読んでいたものの、
 一瞬痛んでるのかと思いました(スミマセン)

 でも翌晩には柔らかくなっていて「おお、美味しい!」とびっくり。

 開栓時は最初に5ミリ程度キャップを動かした時に
 底から泡がシュワワワワーっと上がってきて
 そのまま2センチほど水位が上がりましたが、
 吹きこぼれるほどではなかったです。

 酒の味自体は★4ぐらいかなーという感じですが、

 味の変化や開栓時のちょっとしたスリルも加えて★5評価です。

 みんなで楽しく呑めてとても良かった。

----------------------------------------------------------------

 仲間内のどぶろく祭り用に注文しました。

 希望どおりに配達され、会にも間に合いました。

 まだ若々しい感じで、炭酸が舌でピチピチはじけました。

 以前は、開封と同時に中身が吹き出しそうになりましたが、
 温度管理が良かったのか、大人しい感じで、ちょっと拍子抜けしました。

 源三の存在を知らない人ばかりで、おいしいと評判でした。

 ファンが増えそうです

----------------------------------------------------------------

 去年は2月半ば頃に注文したので
 まったりとしていて甘味を強く感じましたが、
 今年は予約して入手しましたので、とってもしゅわしゅわで辛口、
 とても爽やかな飲み口です ((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

 開栓時は殆ど音もありませんでしたが、
 飲んでみるとシャンパンくらいしゅわしゅわしてて感動しました!

 味の変化を楽しみたいので、頑張って残そうと思います(笑)
 とっても美味しいです(^q^)

----------------------------------------------------------------

 届いたので早速 晩酌に開けてみました。

 今回は酵母がかなり活発だったようで、
 あやうく噴きこぼれそうに、、、

 まぁ、ぐい飲み1杯分噴きこぼす程度でなんとか済ませましたが。

 お味は、とろりとして、炭酸の酸味があって、進む、進む。
 あっという間に半分空いてしまいました。

 ほっとくと1本開けてしまいそうなので、
 冷蔵庫にしまいましたけどね。

 いやいや危険だわ、これ。

 まぁ、しかし、冷蔵庫に空きがあって、
 置いておけるなら1ダースでも注文したいところではあります。

----------------------------------------------------------------

 口当たりの良い美味しいどぶろくです。

 厳しい寒さの時にはアルコール度の高い良質のお酒ができると聞きますが、
 今年は当たり年だったのではないでしょうか。

 昔は各家庭でも自前のどぶろくを作っていたそうでけど、
 今はそのような個性溢れる味わいはできないのでしょうね。

 幸い輸送中に発酵が進んで容器から溢れるようなこともなく、
 存分に味あわせていただきました。

 もっと注文しておけば…と悔やんでいます。

----------------------------------------------------------------


↑のレビューを書いていただいた皆さん。

もうボクの代わりにメルマガと商品ページお願いします(笑)。



こんな高評価を頂くほどに、素朴で野趣溢れる美味しさは「折り紙付き」なのですが、なんせモノが「生きている酒」なので少しめんどくさい。


レビューにも書いてますけど、噴いたり噴かなかったり(笑)。

ホントに「気ままなアン畜生」なんです。



■その一 飲む時期・タイミングで、お酒の味が変化します。

まだ発酵が進んでいるので常に味わいが変化します。

開栓して飲んだ翌日にまた飲むと味がまろやか。


またお届け時期によっても、

◆前半戦(1月)は・・・爽やかでピリピリ強め。

◆後半戦(3月)は・・・旨みと酸味が強めでまったり。

と、味わいがかなり異なります。




■その二 非常に気まぐれロケンローなお酒です。


ページでも危険防止のために「お酒が噴出する恐れがあります!」との注意書き(脅し文句?)が。


ところが。


人間と同じ様に、酵母にもムダに元気なヤツと、控えめなヤツがおりまして。

予想以上にお酒が大噴出したり。

逆にまったく噴かなかったり。


またお届け時期によっても、

◆前半戦は・・・まだまだ元気、油断してると大暴発!

◆後半戦は・・・発酵もほぼ落ち着いて、あんまり噴かず。

と、いった傾向が(あくまで個体差あり)。



毎年、ササキが目にして心苦しく思うのが、「期待したほど噴かなかった(ガッカリ)」というご感想。


うちの「どべっこ」って、アルコール度数が17~18度になるまで発酵させるので、炭酸ガスは割りと落ち着いていることが多いんですよね。


ちょっと乱暴なんですけれど、個人的な意見としては、

(-_-) 「酒が半分噴きだした?知りません。」

(-_-) 「だってそういうお酒なんですから。」

というぐらいにブックブクしまくっている、

もっとアルコール度数が低い状態で販売したいんですが・・・


理由:そっちの方が面白いから


ところが百貨店さん、スーパーさんや酒屋さん相手の営業さん等から、

(-_-;)「それじゃお店からクレームが来ちゃうから勘弁してよ!」

と言われて、毎年激闘を繰り広げてきた過去が(笑)。


したがって・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(^O^) ぜひご自宅でお水を加えて発酵させていただきたい(笑)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンセプトは・・・「自宅で発酵させるどぶろく」!


発酵が落ち着いている場合でも酵母は生きていますので、アルコール度数が低くなると再び活動を始めます。


すなわち加水してしばらく暖かめの場所においておくと、プクプク来るわけですな。


ちなみにこの明らかに無茶苦茶なご提案(悪魔の誘惑)は、当然「あさ開の公式見解」ではございません。


あくまで店長ササキの「超個人的な暴走」ですので・・・

・味を含める品質の劣化

・大暴発

などがあった場合でも一切責任は取りませんので、悪しからずご了承願います(ひどい話だ)。


私を含めて「ロマン」を求める皆さんの、あくまで『自己責任』でお願いします(笑)。
 

まあ、ササキの悪魔の誘惑に乗らずに、そのまま飲んでも抜群に美味しいお酒!


とにかく追加生産はできない、年に一度だけしか造らないお酒ですので、どうぞ心残りの無いように存分に楽しんでください。


特に1800mlは源三屋のみの限定販売でして、製造本数は約300本だけと極めて少なめ!

早期ご予約ならばご希望本数を必ずご用意いたしますー。


●【ご予約】あさ開 純米活性にごり原酒「どべっこ」源三
1800ml:2,520円、720ml:1,260円 ※クール便お届け
600dobekko.gif

最終更新:2013/12/21 09:35

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年