【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2011/02/12 10:20

今日は陶器のビアマグ(ビールジョッキ)のおいしい使い方をご紹介。

この陶器のビアジョッキは内側が素焼きです。
そのため、泡立ちの良さが注目されがちですが、実は保冷性の良さが意外と素晴らしいのです。

ぬるくなったビールって、ちょっと風味が落ちておいしくなくなってしまいますよね。
でも、このビアジョッキなら大丈夫!!。


■まずは、ビアジョッキの内側を水で濡らします。

泡立ちを重視したい方は、ジョッキの上側部分を水にさらさずに、乾いたままで残しておくと良いですよ。(乾いた素焼き面に触れたビールが良く泡立ちます)

私の場合は、冷たさ重視で、全面をしっかりと水で濡らしてしまいます。
陶器ビアジョッキビアマグを水で濡らす


■その後、大切なのは、冷凍庫でカチコチのキンキンに冷やすこと
冷やすと言うよりも、もはや、ビアジョッキを凍らせるという表現が正しいですね。

もちろん、素焼き面に染み込んだ水もカチコチに凍っています。
これが、保冷材の役目をはたして、ビールがぬるくなるのを抑えてくれるのです。


■そのよく凍らせたビアジョッキにビールをそおっと注ぎます。
泡立ちさせ過ぎなければ350ml缶がキレイに全部注げますよ。

↓350ml缶を全部注ぎきりました。↓
陶器ビアジョッキビアマグに350mlビールを注ぐ


写真が見え難くてすみません。
泡の中に細かな氷が浮いているのが見えるでしょうか?。

陶器ビアジョッキビアマグのクリーミー泡

後は、冷たいビールを一気に喉へ滑りこませるだけ!!。
本当に冷たいので、最初の一口目はご注意下さい。

飲み終わったビアジョッキは洗ってまた冷凍庫へ。
翌日もまた美味しいビールがお楽しみいただけます。

よく冷えたビールがすいすいと入ってしまいますので、くれぐれも飲みすぎにはご注意下さいね。





※会社やお店のロゴマークなどの画像からオリジナル製作することもできます。
イメージデザインの作成・検討は無料ですのでお気軽にご相談下さい。
メール:rakuten@artic-gift.com


名入れ彫刻記念品ギフト ガラスエッチング工房アーティックギフト


最終更新:2013/11/05 10:16

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2011年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
お持ち込みデザイン/企業ロゴマーク入り製作について


※当店ブログへの『完成品写真掲載を許可』いただくと、もれなくプチおまけを商品と一緒に同封して差し上げております。
詳しくはコチラ>>
プチおまけプレゼント実施中