【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2019/01/31 11:00

hpa101
新しくヘッドフォンアンプを購入しました。
JR-SOUNDのCOLIS HPA-101です。
今までもヘッドフォンアンプを使っていたことはありました。
2台でしたが、
かなり以前の話で、
1台は故障廃棄、もう1台は知人に譲ってしまい、
長い間、AccuphaseとLUXMANのプリメインについている、
ヘッドフォン出力ジャックにヘッドフォンをつないで聞いていました。
それに、普段使っているヘッドフォンは、
STAXのコンデンサー型イヤースピーカーシステムですので、
まぁ、それでも充分かな?と。
でも、
ヘッドフォンアンプを使った方ならお分かりのように、
プリアンプやプリメインアンプについているヘッドフォン出力ジャックは、
おまけ程度...と考えた方がよさそうです。
中には本格的な回路が入っているアンプもあるそうですが、
少ないと思います。
店長は残念ながらまだ出会ったことがありません。

2年ほど前、手伝っている仕事の関係で、
JR-SOUND(ブランド名はCOLIS)のヘッドフォンアンプを試聴、
以前使っていたヘッドフォンアンプよりも抜群の音のよさで、
「いいなぁ、これ欲しいなぁ...」と思っていたのですが、
なかなか手を出す機会がなく、
今回、ようやく購入に至りました。
やれやれ、です。
いつでも買えそうなものですが...。

現在、STAXのドライブアンプとイヤースピーカーの2セット
(1セットは携帯型)を除くと、
使えるダイナミック型ヘッドフォンが4個ほど部屋に転がっています。
AKGが2種類で、
・K712pro(リケーブル済)
・K501(古い!)
ゼンハイザー
・HD580(これまた古い!)
Superluxの廉価版モニター用ヘッドフォン、
・HD861
それと、
たまに外に持ち出す、
型番の分からない中国製ノイズキャンセリング付ヘッドフォンや、
ゼンハイザーの携帯用ヘッドフォンもあります。
iPhoneのおまけイヤフォンもありますが。

このところ、LPやDAT、カセットテープの
PCへの音の取込みを始めてみた関係で、
ヘッドフォンでのモニターが不可欠になってきました。
音の加工はスピーカーよりもヘッドフォンの方がやりやすいです。
でも、プリメインのヘッドフォン出力ジャックでは、
少しストレスがたまるようになってしまいました。
やっぱり、もうちょっと...というところでしょうか。

HPA-101の導入で、
そのようなヘッドフォン環境が劇的に変化しました。
もの凄く聞きやすいです(^^)。
今のメインヘッドフォンはAKG K712proです。
特にLPの再生で、
古いLP特有にありがちなピチパチノイズやチリチリノイズを、
あまり気にしなくても聞けてしまう...
という、不思議な経験をしました。
ノイズはあるにはあるのですが、
ほとんど気にしないで、
楽音がしっかり聞けてしまえるのです。
これは興奮しますね。
たぶん、DACのような回路が入っているんでしょう。
聞きたくないノイズがしっかり聞こえないと困る、
厳密なマスタリング用としては不適格なはずなのですが、
「音楽を聞く」という目的では、
これほど強い味方はありません。
とっかえひっかえ、
LPやその他の音源を聞いてしまいました。

ormandy_s5
店長のオーマンディ・ルネッサンスはまだ続いていますが、
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番の廉価盤LPを、
HPA-101を通して聞いた時には、
オーケストラの各楽器が手に取るように聞こえ、
試聴中にも関わらず、
一気にLPを全部聞いてしまうほどでした。
素晴らしい解像度、ダイナミックレンジです。

DIANNA
さらに、STAXで聞く以外のサブとして昔買ったAKG K501は、
実はクラシックを聞くには非力なヘッドフォンで、
今までプリメインのヘッドフォン出力ジャックから聞いていたときには、
「クラシック向きヘッドフォン」と言われていた割に、
何が良いのかさっぱり分からなかったのですが、
HPA-101につないで、ダイアナ・クラールのアルバムを聞くと...
もの凄く和む音で1枚のCDを全部聞いてしまいました(^^;。
K712やHD580では、
リアルなものの、焦点が合いすぎ、
Fレンジの広大さに少し聞き疲れがするほどだったのですが、
K501ではヘッドフォンの弱点が逆に作用し、
フワーっと魅力的にその歌声を聞かせてくれたのでした。
K501は人の声に良い...ということは、
今井美樹のアルバムを聞いても、
同じような聞こえ方をしましたので、
K501の存在意義を確認できたのでした。

カセットテープから復刻した古いライヴ音源をK712proで聞いた時には、
「俺ってプロ並みのマスタリングエンジニア!」
(全然、アマちゃんですが^^;)
と自惚れるほど、いい音で聞けました。
恐るべし、HPA-101です。
ヘッドフォンそれぞれの持つ特徴と能力を、
かなり引き出しているといってもいいようです。

CDでは、
独唱、独奏から室内楽、オーケストラに至るまで、
いろいろ聞いてみました。
「音楽を聞く」という喜びが、
耳と頭いっぱいに広がるようで、
これは聞いていて楽しいです。
音を加工するときには、
モニター用のニヒリスティックともいえる音が必要ですが、
「音楽を聞く」ということはまた別です。
あまりの楽しさに、
寝る時間を惜しんで、
寝不足になってしまっています。
音楽を聞くことが趣味の店長には、
この楽しさは何物にも代えられません。

JR-SOUNDは知る人ぞ知るプロ用音響機器のメーカーで、
民生用としてはほとんど名前は知られていませんが、
その音に対する技術力の高さには脱帽です。
音楽をヘッドフォンで聞く必要のある方に、
是非物でお勧めしたい逸品です。

あらいぐま堂でも取り扱っています。
https://item.rakuten.co.jp/araigumado/hpa-101/

最終更新:2019/01/31 11:13

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

現在、情報を取得中です

2019/01/21 11:02

set1

set2

家にはメインとなるオーディオシステムが2セットあります。

音の送り出し側は、
1.
LPプレーヤーx2
CDプレーヤー
SACDプレーヤー
DATデッキ
カセットデッキ
CD-Rレコーダー

2.
LPプレーヤー
CDプレ-ヤーx2
DATデッキ

それぞれ、
LPプレーヤーはフォノイコライザー、
プリメイン、パラメトリックイコライザー、スピーカーにつないでいます。
残念ながらみんなロートルの中堅機種で、
ハイエンドもヴィンテージもありませんが。
1.のLPプレーヤー2台はラインセレクターで切り替えています。

最近、音の送り出し側から、
PCに音を取り込む...てなことを始めましたので、
どうやってつなぐのか、
非常に悩むところです。
DAC/ADCを1台でつなぐことのできる機器も売っていますが、
家にあるのは、
かなり廉価なADCとDACがそれぞれ2個ずつだけです。
ADCとDAC1セットで3,000円ほどです。

Orme

FX001J

ここで、今まで少し躓いていました。
ADCとDACが別々のため、
少し難しく考えてしまっていたようで、
試行錯誤していました。
音の送り出しをアンプとPCに振り分けるため、
別のラインセレクターやRCAピンケーブルを分岐できるアダプターを買ったり...。

ところが、
あれ?!とひらめきました。
PCを特別に考え過ぎていたようです。

PCを録音機器としてとらえると、
事は非常に簡単でした。
CDやCD-Rやダウンロード音源のような、
パソコンデータのやり取りではなく、
LPもカセットもDATも、
等倍速のアナログな音の取り方しかできないわけですから。

古いプリメインのプリ部の多くは、
デッキを2台つなげることができるよう、
録音、再生のRCAの入力と出力が2セットついている場合が多いです。
それを使えばよい...
という単純なことに気が付くまで、
約半年間、悪戦苦闘していたわけです。
我ながら、おバカさんだと思います。

1.は、
デッキ1にDAT、
デッキ2にPC用のADCとDACをそれぞれ差込み、
カセットデッキはパラメトリックイコライザーに繋いで、
他の音送り出し機器と切り変えられるようにしました。

2.は単純に、
デッキ1にDAT、
デッキ2にPC用のADCとDACをそれぞれ差込みました。
2.につないでいるパラメトリックイコライザーは、
エフェクターをつなぐことのできるアンプにつないでいますので、
非常に楽です。

そうすると...、
今までの不便は一気に解消してしまいした(^^)。

なんで、こんな簡単なことに今まで気が付かなかったんだろう?

どこのラインに何をつないだのか、
音を出して確認しなければなりませんが...(^^;;;;。
つなぎ変えてまだ間がないので、
間違って「あれ?音が出ない!」てなことも再々です。

再認識したのは、
オープンリールほどではないにしろ、
DATの音が非常に良いということでした。
なんで、DATは終わってしまったんだろう?
と言えるくらいのハイ・クオリティです。
30年前、DATに録音したエアチェックが、
非常に生き生きとした音で再生された時、
良質なLPを聞いた時以上の感興が得られました。

DATに録音した音は、
保存と加工のためにPCに取り込むわけですが、
DATデッキが寿命を迎えるまで、
そのまま聞いてしまいたい気分です。

いろいろ、やってみるもんです。

最終更新:2019/01/21 16:03

2018/12/12 10:54

caset
前回に続いて、
録音済みの古いカセットテープを如何にすればうまく再生できるか?
ということをやっています。
PCに音を取り込んで加工、保存してゆきます。

やり方:
1.
カセットデッキからPCに音を取り込めるように、
アナデジコンバーターを使い、
AUDACITYというソフトウェアで録音します。
フォーマットは加工できるようwavファイルにします。
多くのアナデジコンバーターのメーカーが添付しているソフトウェアは、
AUDACITYが多いようです。
フリーソフトですので、
アナデジコンバーターを買わなくても、
あちこちからダウンロードできます。
他にも、音をPCに取り込むコンバーターやソフトウェアはいろいろあります。
店長のは非常に安価な製品です。
AUDACITYよりも優秀なソフトウェアもあるようです。
ADC

2.
PCに取り込んだwavファイルを、
AUDACITYの「イフェクト」の「イコライゼーション」で、
RIAAカーブを選び、反転をかけます。
録音特性を逆にしないで、
そのまま別のカーブを被せると、
低域が倍加され、
非常に具合の悪い音になります。
これは、テープだけではなく、
レコードやCDの音を加工するときも同じです。

カセットテープは、
やっぱりテープだから、
元はNABカーブかな?と思って、
NABで反転をかけてもそれほどいい音にはなりません。
たぶん、
オーディオ機器がRIAAで統一設定されていたためと思われます。

3.
RIAAカーブで反転すると、
シャカシャカした音になりますので、
そのシャカシャカした音に、
他のイコライザーカーブを普通の状態で当ててみます。
本来は、LPをオーディオ機器で再生する機械上の作業とは、
反対の作業でもあります。
LPやCDの音を変えるときには必須の作業ですが、
テープでも生かしてみます。
今のところ、帯域の狭いカセットテープは、
AESカーブを当てると、
狭い帯域から音が拡がり、
結果は良好です。
ただ、録音状態やデッキによって異なりますので、
あくまで店長の機材、録音状態では...ということになります。

また、AUDACITYのデフォルトでは、
レコード用イコライザーカーブはRIAAしかありませんが、
LPのさまざまなカーブ、
SPのさまざまなカーブが、
有志によって作られていますので、
AUDACITYのライブラリからダウンロード、
取り込むことができます。
自分で作ることもできます。
New Ortophonicというカーブは自分で作り、
取り込みました。
古いSPの復刻盤LPやCDを加工するときには、
SPのカーブが重宝しますが、
それはまた別の機会に。

4.
ノイズリダクションでコーティングされたテープは、
録音したデッキとは別のデッキでも、
同じノイズリダクションをかけて録りこみます。
ノイズリダクションは色々な種類がありましたので、
注意が必要です。
ノイズリダクションでコーティングされたテープは、
録音、再生が同じデッキでなければ、
イコライザーカーブで加工しても、
ハイ上がりになるか、
ハイ下がりになりますので、
「イフェクト」の「BASE & TREBLE」で、
高域や、場合によっては低域も調整します。
ただ、高域を上げ過ぎると、
やはりノイズが被りますが。
ちなみに、店長の家では、
録音したデッキは既にかなり以前に壊れ、
今使用しているデッキで同じノイズリダクション(ドルビーB)をかけると、
ハイ下がりになります。

5.
出力ゲインを調整(たいてい低い)、
左右のバランスを調整して、
名前を付けてwavでファイルを保存します。

何だか難しそうなことをやっているようですが、
それほど難しくはありません。
かなり感覚的な作業です。

自宅のメインPCはデスクトップですが、
カセットデッキを置いてある部屋は別なため、
WINDOWSタブレットを使って音を取り込んでいます。
それをLANでつないで、
外付けハードディスクを別に用意し、
加工した音楽データを保存しています。
別にメインPCに保存してもいいんですが、
容量を食いますし。
tabret

WINDOWSタブレットは別の目的で購入したのですが
(中古で、PC買うよりも安かったし)、
残念ながら使う機会がなく、
部屋の片隅で眠っていました。
今回のカセットデッキからの録音で大活躍しています。
よかったよかった...無駄にならなかった(^^)。
それに、
PCから通常のアンプに音を送ってモニターするDACも、
これも実験しようと思って買った中国製の安いDACで、
長いRCAケーブルではノイズまみれの聞けた音ではなかったのですが、
短いケーブルをつなぐと、
けっこう聞けるようになりました。
これもまた無駄にならずに、よかったよかった...です。
なんか、安物機器のオンパレードみたい(^^;。
DAC

今はまだ店長はカット&トライの状態で実験段階ですが、
そのようにして調整した古いライヴ録音のエアチェックテープは、
カセットデッキで再生した時とは異なる(当たり前ですが)、
自分好みの音にすることができます。
カラヤンの1984年頃のライヴとか1988年最後の来日時のライヴとか、
その他もろもろ。
楽しみながら加工、再生を行っています。

いろいろやってみるもんです。

最終更新:2018/12/12 10:54

2018/12/06 10:32

casetto

LPの再生をいろいろやっているうちに、
押し入れから録音済みのカセットテープを発見してしまいました。
数えていませんが、
100本ほどあるようです。
画像は、押し入れから出てきたカセットのほんの一部です。
多くはLPからのダビングテープで、
36年以上前のものです。
その他、34年ほど前の、エアチェックテープが出てきました。
SONY、DENON、TDK、MAXELLのテープは、
音の劣化があるものはありますが、
ほぼそのまま再生できます。
ところが、ヨーロッパ製のカセットテープの多くは、
再生不可能でした。
中にはテープが切れてしまっているものもありました。
当時、ヨーロッパ製のカセットテープは、
国内産よりも値段が高かったのですが...。

店長の家にはカセットデッキが1台、
まだ生きていますので、
そのままでも聞けますが、
出来ればデジタル化しておきたいところです。

そこで、アナログ→デジタルコンバーターを使い、
PCに音源を取り込んでゆくことにしました。
PCへの入力はUSBです。
本格的なサウンドカードを使いたいところですが、
予算の関係で、ここは簡易版で我慢(^^;。
さらにその音源をPCで加工、
保存します。
いまのところ、RIAAカーブで反転をかけ、
AESカーブを被せると、
カセットテープの帯域不足が補完され、
結果はいいようです。
さらに、録音時のボリュームの問題もありますが、
出力ゲインを少し上げ、
左右バランスを整えます。
むろん、オープンリールで録ったような、
すぐにCD化できるような音ではありませんが、
録音によっては、
かなり満足して聞くことができます。

問題はノイズリダクションで、
どのようなノイズリダクションを使っていたのか、
確認が必要です。
店長の録音機として使っていた昔のデッキと、
今、使用しているデッキは、
同じドルビーBでもすこし異なるようで、
高域がやや落ちます。
機械の個体によって違っていたようです。
でも、ノイズリダクションをかけないで、
ドルビーBでコーティングしたテープをデジタル化すると、
あまりいい音にはならないため、
ノイズリダクションは外せません。
ノイズリダクションは色々な種類があったので、
カセットテープをデジタル化するときには要注意です。

店長たちの世代はカセットテープ全盛で、
SONYからカセットテープのウォークマン第1号が発売され、
飛びついて購入したクチでした。
それに、FM放送からのエアチェックも盛んで、
それ専門の雑誌も何冊かありました。
今はもう昔の話で、
エアチェックをやっている人はそれほど多くないと思いますが、
LPが高価だったため、
当時は、
そのようにして自分のライブラリを増やしていったのでした。
おそらく、皆さんのお宅にも、
捨てるに捨てられない、
思い出のいっぱい詰まったカセットがあることと思います。
あるいは既に処分してしまったか...。

昔のカセットテープを聞いていると、
自分の青春時代に連れ戻されるようです。
また、「へ~、こんな演奏だったのか」などと、
新たな発見があったりして、
カセットテープのデジタル化を、
しばらく、止められそうにないのでありました。

最終更新:2018/12/06 11:31

2018/10/17 16:20

capcon_cinema

年末近くになると、
どういうわけか、
クラシックのソロ奏者による「映画音楽集」が出てきますね。
たいがい、
「シネマ・パラダイス」と、
「ミッション」より「ガブリエルのオーボエ」が入っていて、
選曲は似たり寄ったりです。
それでも、飽きずに出てきます。

今回も、フランスのヴァイオリニスト、
ルノー・カピュソンが「CINEMA」(邦題:シネマに捧ぐ)という題名で、
そのままのアルバムをリリースしました。
ルノー・カピュソンの演奏録音は、
いつの間にか棚に増えてしまいましたが、
非常に優れたヴァイオリニストです。
一時代を築いた、
ギドン・クレーメルとは個性が全然違いますので、
楽曲がダブっていても非常に楽しめます。
リサ・バティアシュビリという、
店長がどはまりしているヴァイオリニストとも、
かなり個性が異なりますので、
全然気にしないで、
これらのヴァイオリニストのアルバムを購入しています。

カピュソンの「CINEMA」は、
そのオーケストラの編曲、
演奏とも大変優れています。
非常にゴージャスな響きです。
なにより、
カピュソンのヴァイオリンのアゴーギグというより、
イントネーションが素晴らしく、
聞き慣れた音楽も新鮮に響きます。
全然見たこともない映画、
聞いたことのない映画音楽でも十分楽しめます。

1950年代、1960年代は、
オーケストラによるムード音楽が花盛りでした。
ムード音楽はイージーリスニングとも呼ばれていますが、
「ムード音楽」というと、
何だか妖しげでいいですね。
店長も子供の頃、
いろいろと聞いた記憶があります。
今でも聞きますが...。
マントヴァーニとかパーシー・フェイスとか。

ムード音楽のためのオーケストラの維持は、
経済的な問題で難しくなっているそうです。
ボストン・ポップスに代表される、
通常のオーケストラがムード音楽に近いコンサートを開催したり、
演奏録音が出たりしていますが、
昔のムード音楽とはその位置づけは異なるようです。
それに、
そのオーケストラを統率してゆく、
オーナーというか指揮者も少なくなっているようですし。
ムード音楽は絶滅危惧種なのでしょうか。

でも、
今回のルノー・カピュソンのような、
非常に良質なムード音楽と呼べるアルバムが、
忘れたころに思い出したようにリリースされてきます。
全部を確認できているわけは無論ないですが、
知っているヴァイオリニストのアルバムということで、
非常に分かりやすく購入してしまったわけです。

これから秋から冬にかけて、
優れたアレンジと演奏で、
映画音楽の素敵なメロディを堪能できるということでは、
この「CINEMA」というアルバムは超お勧めです。
「シンドラーのリスト」など、
パールマンによるサウンドトラックよりもさらに感動的です。

最終更新:2018/10/17 16:20

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム

現在、情報を取得中です。