【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2013/02/18 15:32

こんにちは


青山ガーデンの松本ですスマイル


先日、店長ブログでもご紹介させていただきました
景色盆栽で有名な品品さんへ景色盆栽体験教室へ(個人的に)行ってまいりましたきらきら



奥沢と自由が丘のちょうど真ん中あたりにお店があります



2月は”桜”を使って1つの景色を作りあげますさくら
景色盆栽ってどういうことだろう?と思っていたのですが、
ホントにそのまま、鉢と土、植物、砂などで1つの景色を創造するのです



自分の思い描くイメージを盆栽に投影することができるのですが、
ミニチュア感がとても可愛らしい盆栽なのです音符



早速!


こんな材料が用意されていました


1.jpg


土は3種類プラス肥料。これを粘土質の土のダマをなくすように
混ぜ合わせていきます


3.jpg


今回の題材となるのは、旭山桜という品種
根っこをほぐして、余分な根をカットはさみ


2.jpg


ここで、カメラの電池がなくなりました笑
ゴメンナサイーーー雫!!



文章だけで失礼いたします。



鉢(今回の鉢は陶芸家田中信彦氏の作品。ピンクとブルーがありました。)の水抜き穴にネットをし、小粒の鉢底石を入れ
次は盆栽の正面を決めていきます



ポットに入っているときは、真っ直ぐに植えられていた桜も
イメージに合わせて傾けて植えて良いのだそう



木の向きや傾け方によって、その植物の見え方が変わってきます
遠近感が感じられたり、木が大きく見えたり、逆に小さく見えたりする向きもあったり目



表が決まると土入れ、グイグイお箸で押し込んでいきます
やっぱり先生がやると入り方が違うなあ。
そして、コケを乗せます。
コケは3年ほど水をあげなくても枯れずに生きているんだそう!
(カリカリのコケ単体を見せてもらいました)
潤ったコケはスポンジのように水をたくさん吸い込みます荒波
すごい保水力でした!
これで、表土をカバー
コケは山をイメージしているのだそうです



体験教室の講師も務める作家の小林さんも失敗していいんですよ!と行ってくださっているのですが、
どうも、想像力が乏しい私…
どこにコケを貼っていいのか、砂の色は何色にしようか
迷いに迷って(大分、先生に助けていただきました…)



出来上がりはこちらグッド


4.jpg



雪どけの早春を想わせる景色盆栽が出来上がりました上向き矢印



景色盆栽をつくること通して、いろいろなことを感じました



小林さんが話されることが、植物界だけでなく
人間界にも精通するような内容で、しみじみと感動してしまいましたきらきら



1つの鉢と向き合い、その植物がどういう状態なのかじっくり向き合い、感じ取ろうとすること
元気がないからといって、肥料をたくさんあげすぎると株自体が弱っていってしまうこと
時には寒さに当てたり、水を少なくしたり、厳しくすることで次の季節への準備をし、
栄養を吸収するため根を伸ばしていったり
育て方を失敗して枯れているように見えても、植物は生きようとしていること、
また元気に伸びていくこと



う~ん感慨深い!!



そんな1日なのでした



開花の時期が楽しみです音符




最終更新:2013/02/18 15:32

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2013年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月