【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します



2017-07-22 08:00

d15uJV8AogJ8I2Jt8g2r9V4KuAgnC9VCwftZChpqJKY.jpg

「アンジェのSOBA-CHOCO市」が始まっています。

人気の窯元さんや作家さんの「そば猪口」を集めた「アンジェのSOBA-CHOCO市」。モダンなデザインのものから、可愛らしい色絵もの、また古くから愛されている民芸のものまで、見ていて楽しいラインナップでお届けしています。

実は生活の中であれこれ使えるそば猪口。ぜひこの機会にとっておきを見つけてくださいね。



● そもそも「そば猪口」ってなぁに? ●

hPUL_c1xELGXx8NdPgk4X8ufF6DsshBRiGebSlxhv44.jpg

冷たいお蕎麦をいただく時に、お蕎麦をつゆにつけて「ずずずずずっ」とやるあれ。
その口径5-8cm前後の台形のうつわが蕎麦つゆを入れる「そば猪口」としてよく知られるようになったのは、実は江戸時代末期~明治時代に入ってからなんだそう。

それまではただ「猪口(ちょこ)」と呼ばれ、蕎麦を食べるうつわとしてではなく、お祝いの席などでの膳で和え物やお刺身などを盛る小鉢として使われていたという「そば猪口」。形や大きさがちょうどよく、現代の私たちの生活の中でもフリーカップとして大活躍しますよ。



● そば猪口の使いみち1・湯呑みやコーヒーカップとして ●

口が広くて高さのあるそば猪口は、手のひらにおさめてお茶やコーヒーを飲むカップとしても使えます。手のひらから伝わる温もりに心までじんわり。

0dBe4rLDeyK9BT72ThlmKqGLh_ANWQ9nd42mbitSzr0.jpg

i0uG3r_l457suXPuP8npw-Du84SH7gvEY5w3YARkdAo.jpg



● そば猪口の使いみち2・スープやおかずを入れて、汁椀や小鉢としても ●

スープを入れて朝のワンプレートに添えたり、野菜スティックなどを入れておつまみ皿にしたり、はたまたおかずを入れて小鉢代わりに使ったり。
深さのあるそば猪口は、入れるものを選びません。ゴロゴロっとした煮物から熱々のスープまで、ひとつあるだけで幾通りにも楽しめるそば猪口です。

BMYAc0OswoLmHGsaxJFQAJbT7Ymq_Prury1jHeEtajc.jpg

brRjd2j7bXnKxIEvhGNF0UWwoE-w6kqDFYW3kmo-nwA.jpg

jJPh7UrY3SE-63f1ZEyI-mgcHyEPccORN2Ha9H-QlHc.jpg



● そば猪口の使いみち2・デザートカップとして ●

アイスクリームを盛ったり、購入してきたデザートを移し替えたり。そば猪口はそんな時にも使えます。大きすぎず小さすぎずちょうどいい大きさのそば猪口は、おやつの時間や食後のデザートにもぴったりのサイズ感ですよ。

zjkxWeJMrmzv2U32XqimID5Ybs7LIkf3EU0O6PZolT4.jpg

JA_Fzv_p3nN3__Pr2-4brCC7-OK0c7Rf0uvoIJ1nxDE.jpg



● そば猪口の使いみち3・フラワーベースとしてお花を生けて ●

そば猪口は、その口に花首をかけてちょっとしたフラワーベースとしても使えます。また、お部屋にちょこちょこ置きたいサボテンや多肉植物用の小さな鉢としても!なかなかおしゃれな鉢が見つからないという方は、ぜひそば猪口を使ってみてくださいね。
(水はけ用の穴がないので、あまり水を必要としない植物向けですよ。)

KAJ1G1xl387XRrowBYPmBCPwQdnAI9YvcN05T48E53U.jpg

I-gA9dU9QmPDgY-XrIc9yN6bXjSjG319WDkCfphm91E.jpg



用途を選ばないフリーカップ、「そば猪口」。
ぜひ「アンジェのSOBA-CHOCO市」でお気に入りを見つけてみてくださいね。


 
= 文:宮城 =



【アンジェのSOBA-CHOCO市はこちらからどうぞ!】

sobachocoichi_bnr.jpg


このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-07-21 08:00

4fc9a4b10d876fb5d5a1cf9fd3c6a69881fd4c1a.02.1.12.2.jpg


窓や玄関のドアを開けるたびに入ってきてしまう蚊などの虫は、この時期のお悩みのタネ。刺された後にするりと逃げられてしまう時のあのいらだたしさに、寝ていたところに耳元を「ぶぅーん」と通り過ぎていく時のあの不快さ。

誰もがストレスを感じるこの時期のあのお悩みを、今日はこの小さな白い箱が解決します。



● お部屋を丸ごと守る、小さな白い箱「ラダキャンHOME」って? ●

IMG_6754.jpg

小さな小さな白い箱。

白くて小さくてどこに置いてもその景色に溶け込んでしまうその箱は、「ラダキャンHOME」と呼ばれる虫除けアイテムです。独自開発した超音波技術を使って、人には聞こえない、虫が嫌がる音を発し続けることで屋内から虫を追い出し、侵入することも防ぎます。


0DuJ4ki-orEnq14n5OXRmlnR3K42Ei9U6Z0_Ff3CWqE.jpg


今日はそんなラダキャン(HOME)や、ラダキャン(ポータブルリペーラー)を実際に使っている、スタッフ平山のエピソードをご紹介。自宅の中ではもちろんのこと、週末キャンプのテント内や、ドライブ中の車の中でも大活躍している様子です。



● ラダキャンの使用感は? ●

こんにちは、平山です。先日、千葉のキャンプ場で1泊のキャンプをしてきました。標高が低いところだったので虫も比較的多かったです。この時期のキャンプは、暑さと虫に悩まされます。。

友人が持ってきてくれた蚊取り線香を終始たいていましたが、私たち夫婦は「ラダキャン(ポータブルリペーラー)」も手首に付けて対策を万全に!この商品を知ってからアウトドアシーンではすっかり愛用中です。

他の友人たちは、「かゆい~ッ」となっていましたが、私たちは「そういえば大丈夫だね~」と快適に過ごしました♪


c17062001_06.jpg


新しい「ラダキャン(HOME)」は、たてたテントの中へ置いて、中に虫が入らないようにしました。入口の開け閉めにはいつも通り気をつけていましたが、今回は特にテントの中に虫が入ってこなかった気がします。(※あくまでも個人的な感想です。)

朝起きたあとは、ラダキャンHOMEを車の中へ。キャンプの片付け中は車の開け閉めが多いので、車の中に虫が入るのが気になっていました。帰るとき、車に乗り込んだら虫が車の中を飛んでる!というケースが多いのですが、今回は大丈夫でした。


c-hpjJ-1Skyr22EBduBXoj2YHM9_Gj-8xj0P8TqplQE.jpg


今回、ラダキャン(HOME)はキャンプで初めて使用してみましたが、普段は玄関に置いて使用しています。

ドアを開けっ放しで車から荷物を出し入れしたりすることも多いので、少しの間とは分かっていても、虫が家に入ってこないかと、その度にそわそわしていました。宅配便が届いたときにも、印鑑を押す間にドアを閉める訳にもいかないので、そんなときもそわそわ…

しかしコレを置いてからは、そんなちょっとしたシーンでのそわそわストレスがなくなりました。いまのところ、ドアを開けている間に虫がぷ~んと入ってくるところは目撃していません^^


IMG_6810.jpg
ラダキャンHOMEは置く場所にも困らないサイズ感ですが、壁にひっかけることもできますよ。

B_2bKBnOh5CBJpZyX_yQ3s9CH0AhwlNCqmbvRtHwqAw.jpg


アンジェのスタッフ達もじわじわ感じているこの効果。ポンっと置いておいてもまるでお部屋のインテリアのひとつのような佇まいのラダキャンHOMEで、この夏あのお悩みを解決してみませんか?



= 文・写真:平山・宮城 =



【ご紹介した商品はこちら】
・ラダキャン(ポータブルリペーラー)

・ラダキャンHOME





2017-07-20 09:07

c17071710_main.jpg

もうすぐ子どもたちの待ちに待った夏休み。
普段お弁当作りとは縁のない家庭でも、夏休みの期間は学童へのお弁当作りなど、働くお母さんには大変な一面も。
栄養バランスもよく、子どもも喜んで、簡単に作れる、そんなお弁当があればとても助かりますよね。
そんな時は入れるだけで作るのも簡単な、「冷やし麺弁当」がおすすめ。
忙しい朝の時短サポートとなってくれますよ。


麺弁当には専用のランチボウル

c17071710_01.jpg

冷やし麺をお弁当にするには、専用のランチボウルを使うのが便利。
内蓋に保冷剤をセットできたり、スクリュー蓋で汁漏れを防いでくれたりと、子どもが持ち歩くのに安心の作りになっています。
そんなランチボウルを使った子どもも食べやすいレシピをご紹介します。


パパっと完成!見た目も華やか「冷やし素麺弁当」


■材料 (1人分)
素麺:1.5輪
きゅうり:1/2本
ハム:2〜3枚
卵:1個
プチトマト:4個
麺つゆ:適量

c17071710_05.jpg
【1】
前日の夜に、麺つゆを保存容器に入れ、冷凍しておきます。
ハム、キュウリを千切りににし、錦糸卵を作っておきます。

c17071710_06.jpg
【2】
素麺を湯がいたら冷水でしめます。
水分が残っていると麺が伸びてしまうので、しっかりと水切りをするのが、麺弁当のポイントです。
(ランチボウルには1.5輪がピッタリ入ります)

c17071710_07.jpg
【3】
仕切りのある上段に具材をバランスよく詰めていき、凍らせた麺つゆ容器も入れます。
この凍らせた麺つゆが保冷剤の役割にもなります。

c17071710_08.jpg

内蓋を閉めた上は、付属の保冷剤を置くスペース。
暑い夏は痛みが心配なので、ダブルで保冷できると安心ですね。

c17071710_09.jpg

スクリュー式のハンドル蓋は密閉性が高いので、汁物もこぼれる心配がありません。
大きなハンドルは子どもでも持ちやすい作りになっています。


c17071710_02.jpg

食べる時には麺の上に具材をのせ、溶けた麺つゆをまわしがけて頂きます。
麺つゆがほぐし水の役割になってくれるので、くっつきやすい素麺もほぐれて食べやすくなります。
具材はカニカマやおくらなど、アレンジをすれば色々楽しむことが出来そうですね。

もちろん素麺だけでなく、色々な冷やし麺も楽しむことができます。


麺専用ランチボウルならアレンジも色々!


もちろん素麺以外の麺にも使えるので、1週間の献立を考えるのも簡単ですね。

ゴマダレ効かした冷しゃぶうどん
■材料 (1人分)
うどん:1玉
豚肉(しゃぶしゃぶ用):2〜3枚
ミディトマト:1個
レタス:2〜3枚
茹で卵:1/2個
胡麻ダレ:適量

c17071710_10.jpg

上段の仕切りは外すこともできるので、具材を仕切らず沢山入れたい時に便利。
湯がいたうどん1玉にちょうどいいサイズで、冷しゃぶとレタス&トマトを入れれば、野菜もたっぷり食べられるサラダうどん麺の完成です。

c17071710_03.jpg


冷製パスタにも麺用ランチボウルなら簡単!


トマトの冷製パスタ
■材料 (1人分)
パスタ:約100g
ツナ缶:1個
ミディトマト:2〜3個
大葉:2〜3枚
オリーブオイル:大さじ1
塩、こしょう:少々

冷製パスタをお弁当にする場合は、麺同士がくっつかないようにパスタを湯がいたらオリーブオイルでしっかりとオイルコーティングします。

上段は使わず、直接麺に具材をのせれば高さのある冷製パスタも可能です。

c17071710_04.jpg

冷やし麺弁当も、麺、具材を変えれば色んなバリエーションで楽しめますね。

子どもの学童、塾弁はもちろん、大人の女性にもちょうどいいサイズ。
この夏「冷やし麺」を夏のお弁当ラインナップに加えてみては如何でしょうか?
冷たいものをするっと食べたい時、お弁当作りの時短サポートに心強い味方となってくれます。



= 写真・文:大西佳葉 =


【ご紹介したアイテムはこちら】
⇒デリカタス キャリーランチボウル フラット
お弁当としてパスタや冷麺、冷やしうどんなどの麺類を学校やオフィスへ持って行くことができる、デリカタス キャリーランチボウル フラット。
上下に分かれたお弁当箱の、下段に麺、上段にお好みの具材を分けて入れられるのが◎。ランチメニューのバリエーションがグーンと広がります。

2017-07-19 08:00

IMG_4860.jpg

この時期に思う存分楽しみたいBBQ。
青空の下で風を感じながら、家族や友人たちとビールを飲みながらわいわいやるBBQは楽しいものですよね。
でも、BBQは道具が大掛かりだったり、片付けが面倒だったり、そもそも火がなかなか起こせなくて男性がいないとちょっと大変・・・なんてことはありませんか?

今日はアンジェスタッフ達で集まってBBQ!
女性たちだけで簡単にできちゃった、お手軽BBQの様子をお伝えします。



● 私たちのお手軽BBQ ●

IMG_4852.jpg


ラフでスタイリッシュなパッケージが印象的な「クラフトグリル」はデンマーク生まれ。使い捨てグリルのコンパクトさを兼ね揃えていながら天然素材で作られているそのナチュラルなルックスは、テーブルの上に置くだけでまるでデザイン家電やスタイリッシュなプレートのようにBBQの場を洗練されたものに仕上げます。お友達に自慢したくなっちゃうようなテーブルがあっという間に完成しますよ。

※実際お届けする商品のパッケージデザインは下記に変更となりました。ご了承ください。

キャプチャ.jpg



<着火もラクラク!>
BBQの火おこしに苦労された方はいませんか?実は私もそのひとり。
でも、クラフトグリルの竹炭ならチャッカマンで簡単に火がつきます。いいなと思ったのは、簡単に着火してジワジワっと広がっていくけれど、決して炎が燃え盛ることはないというところ。女性だけのBBQや、ベランダのような小さな空間で行うBBQでもとっても扱いやすい使い捨てグリルです。
(※ベランダなどは禁止されているところもあるようです。お住いの場所の条件を確認してみてくださいね。)

IMG_4793.jpg


<少人数のBBQなら燃焼時間も充分>
クラフトグリルが熱を保つことができるのは約60分。実はそれを聞いた時、慌ただしいBBQになってしまうんじゃないかなって心配していたんです。

でも、女性スタッフ3名で行った私たちのBBQではもう充分すぎるほど。確かな火力で、野菜のスライスや焼き肉用のお肉の薄切りは3-4分ほどでさっと焼けるし、丸ごと1枚どかんと置いた鶏もも肉も20分ほどじっくりと火を通せば皮はパリッと中はジューシーに仕上がります。3-4名のBBQなら充分な燃焼時間ですよ。

IMG_4825.jpg

IMG_4914.jpg

油が落ちても火が燃え上がることがありません。ひどい焦げ付きもなく、のんびりとBBQを楽しめました!


< お片付けもラクラク!そのままポイッとできますよ >
片付けが大変で・・・とBBQを敬遠している方も多いのでは?
クラフトグリルなら、熱が冷めたらそのままポイ!燃えるゴミとして捨てることが可能です。
BBQ後の洗いものや分別からも解放されて、ひと夏に何回もBBQをしたくなっちゃう手軽さですよ。

IMG_4942.jpg


インスタ映えもしそうなクラフトグリルは、見かけだけではなく使い勝手も考えられた実力派使い捨てグリル。
ぜひこの夏はデンマーク生まれの「クラフトグリル」を使って、いつもとちょっと異なる手軽なBBQを楽しんでみてくださいね。


IMG_4845.jpg

IMG_4881.jpg



= 文・写真:宮城 =



【ご紹介した商品はこちらから】
・クラフトグリル






2017-07-18 08:00

IMG_7238.jpg
開店前からたくさんのお客さまにお並びいただきました。ありがとうございます!


17周年を記念して、東京・中目黒にて2日間限定で行いましたアンジェ初のPOP UP SHOP「アンジェの小さなうつわ市」が終了いたしました。
じりじりと照りつける強い日差しの中で、私たちの「アンジェの小さなうつわ市」にお越しいただきましたたくさんのお客さまに、心より御礼申し上げます。


私たち自身も、不安と緊張とそしてお客さまにお会いできる喜びで胸がいっぱいになって眠ることもできなかった2日間。
皆さまに喜んでいただきたくて17年分のありがとうを込めて準備した「アンジェの小さなうつわ市」を、たくさんのお客さまに楽しんでいただけたならスタッフ一同とっても嬉しく思います。



IMG_7184.jpg

IMG_7181 (2).jpg


こうしたイベントを行うのは、なにしろアンジェでは初めてのこと。

壁の白と什器の木目を基調とした空間にグリーンを配置して清涼感のある居心地の良い空間になるよう工夫したり、ソファを置いて小さなお子さまがくつろげるスペースを作ったり、はたまたスタッフの私物も持ち寄ってうつわの使い方の参考になるようなプレゼンテーションの場を作ったり・・・と、みんなでアイデアを出し合いながらお店づくりを行いました。


IMG_7236.jpg


自宅で生けていた花々をドライフラワーにして、こんなスタッフブローチも作ってみましたよ♪



● たくさんのお客さまにお越しいただきました ●

私たちの不安とは裏腹に、2日間ともオープン前からたくさんのお客さまが!(暑い中、本当にありがとうございました!)

普段からアンジェをご利用いただいているというお客さまに、作家さんのSNSを見てお越しいただいたというお客さま。
チラシを見てお立ち寄りくださったというお客さまに、たまたま通りかかったというお客さままで!
本当にたくさんのお客さまにお越しいただき、私たちの目頭もついつい熱くなってしまいました。


IMG_7248.jpg

IMG_7167.jpg

IMG_7239.jpg

IMG_7243.jpg


IMG_7244.jpg


IMG_7178.jpg


初日には、小さなフラワーベースの作家さん:aya ogawaさんもはるばる大阪からいらっしゃいました。プライベートでしたので告知ができずにおりましたが、その場にいらっしゃったファンの方とお話するシーンも!お客さまとつくり手さんを繋ぐこうした場を設けられたのはまた、私たちとしても光栄なことです。

aya ogawaさんご自身の遊び心とその優し気な佇まいを映したフラワーベースは、オンライン上で秋に行う陶器市にて再販致します。もうしばらくお待ちくださいね。


IMG_7225.jpg


IMG_7229.jpg


c17071601_main - コピー.jpg


「またこうしたイベントをやってくださいね。」とおっしゃってくださったアンジェのお客さまや、このPOP UP SHOPを通してアンジェを知って「ここを見ればこのうつわ達はあるのね」とショップカードをお持ち帰りくださったお客さま。
「アンジェの小さなうつわ市」を通してお会いできた皆さまに、私たちが勇気をいただく2日間でした。


そんな皆さまに、18年目のアンジェができること。
スタッフ皆でそんなことを意識しながら前に進める1年でありたいと思います。

いつまでも皆さまの暮らしに寄り添うアンジェであるように。
どうぞ今後ともアンジェを宜しくお願い致します。


IMG_7250.jpg



= 文・写真:宮城 =


ページ上部へ

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信