【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します



2017-09-21 08:00

キャプチャ.jpg


今日から始まった「アンジェのあきいろ作家市」。
実りの秋の食卓に良く似合う、人気作家さんのうつわやカトラリー、そして季節の花をそっと生けたいフラワーベースを集めました。

今日と29日(金)と2週間に分けて公開される「アンジェのあきいろ作家市」は、全国各地から総勢10名もの作家さんたちにご参加いただくイベントです。
中にはオーダーして1年半待ちという作家さんも!一度売り切れてしまうとなかなか手に入らないものが多いので、気になるものは早めにチェックしてみてくださいね。



● あきいろ作家市 第一弾(9/21~) 作家さんラインナップ ●

<NEW! icura 筒井則行(つついのりゆき)さん>

DSC_4216.jpg

「特別なものとしてではなく、普段使いのものとして使ってほしい。」
そう語る筒井則行さんの、木のテーブルウェア。
長いカッティングボードは、写真のような使い方はもちろんのこと、何種類かのおつまみやお菓子を乗せて置くだけで食卓のアクセントとなるアイテムですよ。


<NEW! 豊田雅代(とよだまさよ)さん>

DSC_4495.jpg

手で描かれたイッチン模様をずっと眺めていたくなるような豊田雅代さんのうつわたち。
突然遊びに来たお友達に、袋に入ったままのカントリーマアムをのせてご自身のうつわを出すこともあるという豊田さん。
いつものお菓子もとっておきのおもてなしになる、そんなうつわです。


<NEW! 宮田竜司(みやたりゅうじ)さん>

DSC_4332.jpg

使っていて馴染むようなうつわもいいけれど、使いながらも程よい緊張感を持てるうつわもまたいいもの。
何をのせても2割増しで品よく目に映る宮田竜司さんのうつわは、背伸び気分で付き合えるうつわです。


<松尾直樹(まつおなおき)さん>

DSC_4556.jpg

「うつわは使うもの。主役は料理だということを忘れずにいたい。」
そうおっしゃる松尾直樹さんのうつわは、食卓を特別なものにしてくれるうつわ。
少し残る西洋アンティークの面影は、洋のメニューをより美味しそうに引き立ててくれます。


<古谷浩一(ふるたにひろかず)さん>

DSC_4592.jpg

化粧土の下からのぞく土の温もりと、作り手の使い手への想いと。
そんなものがしみじみと温かい古谷さんの手仕事のうつわには、どこか親しみやすさを感じます。季節のフルーツやお菓子をのせて、今日も目で味わいたいひと皿に。


<NEW! aya ogawa(あやおがわ)さん>

DSC_4148.jpg

手のひらにおさまるaya ogawaさんの小さな小さなフラワーベースたちは、ちょっとした瞬間、ちょっとした場所に、小さな幸せをもたらしてくれる存在。
子どもたちが摘んできたシロツメクサを生けたり、自分で自分に選んだお花を週末ぽつんと生けてみたり。暮らしの中に幸せの風景が増える、そんなフラワーベースです。



きっとお気に入りのうつわが見つかる、アンジェのあきいろ作家市。
季節の変わり目に、いつもの食卓もこんなうつわたちで衣替えをしてみませんか?



= 文・写真:宮城 =


【あきいろ作家市はこちらから】
・あきいろ作家市





このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-09-20 08:00

IMG_7838.jpg


温かな飴色と藍色のぽってりとしたそのうつわからは、彼女のけたけたと笑う楽しそうな声が聞こえそう。

9月21日(木)と29日(金)と2週間に分けて公開される、アンジェの「あきいろ作家市」。
全国各地から総勢11名もの作家さんたちにご参加いただくこのイベントから、今日は栃木県・益子町で活動される作家さん、豊田雅代(とよだまさよ)さんについてご紹介しますね。


DSC_5205.jpg



● 豊田雅代さんについて ●

c16070702_05.jpg


茶目っ気たっぷりにくしゃっと笑う、豊田雅代さん。
2016年の春の陶器市で撮ったこの写真は、まるで豊田さんのお人柄がジワッとにじみ出るよう。
見ればこちらの顔までついついほころんでしまうような、今でも大好きな1枚です。

実はその頃からずっとお声がけをしていた豊田さん。
ご出産などのタイミングも重なって、今回ようやくアンジェのあきいろ作家市にご参加いただくことに。
まだまだ暑い8月のある日に、栃木県は益子町にある豊田さんの作業場までお邪魔してお話を伺ってきました。


IMG_7819.jpg


豊田さん
「私は一度ほかの仕事を経験していますが、生まれも育ちももともと益子なんです。まわりにも焼きもの屋さんの子が多かった。
上京する時には友達の家に呼び出され、そのご両親が作ったうつわが並べられた庭で「好きなものを持って行け。」と言われたこともあるんですよ。
聞けば銀座などでも個展をされるご両親。「東京でどこから来たと聞かれたら、こういう町から来たって言うんだよ」と教わりました。

そんなことがベースにありながらいろんなことが重なって、益子に戻って焼きものの仕事がしたいと思うようになったんです。」


様々な経験を重ねられた後、益子町で2012年に独立された豊田さん。
今は、ケーキなどにあしらうペーパーレースなどをモチーフに、クリームでデコレーションするように模様を描く「イッチン」という手法を使ってうつわを制作されています。


IMG_7831.jpg
粘土を水で溶いて、水ガラスでとろみをつけた「泥漿(でいしょう)」を使って模様を描くイッチンの技法。水で溶いただけではドロドロ過ぎ、水ガラスを入れればサラサラとして描くにちょうど良い具合となるのだそう。


IMG_7802.jpg
素焼き前に行うイッチンの作業。模様を描く道具は、チューブの硬さがちょうど良い、100円ショップで見つけてきたお気に入り。


IMG_7804.jpg
フリーハンドで描くのは、ツタ模様。そのインスピレーションはケーキのレースペーパーだったり、お菓子の袋だったり、アイシングクッキーの本だったり。日常の何気ないことからヒントを得ているとおっしゃいます。



そんな豊田さんの作業机にふと目を落とすと「1枚1枚はがして食べちゃう」の文字。

ラジオを聴きながら作業をするのが好きだという豊田さんが、懸賞に必要なキーワードを慌てて手元にあったボールペンでメモしたものなんだとか。
なんとこの後バームクーヘンが当たったそうですよ♪


IMG_7809.jpg
IMG_7812.jpg
「ラジオを聴くのが大好きで、ラジオが聴きたくて作業をするようなものなんです~」とはにかむ豊田さん。大好きな星野源さんのサイン入りメモパッドが当たったり、深夜2時に大宮エリーさんと話してサイン本も当たったとおっしゃるツワモノです。


IMG_7852.jpg


最近お母さまになられたばかりの豊田さん。

豊田さん
「ゆくゆくは子どもが使うプレートなんかも作れたら。今はまだちょっとそんな余裕はないんですが、想像だけは楽しんでいます。」


お母さまになられたことでうつわに踊るその無邪気なイッチン模様の表情がどう変化していくのか、これからもとっても楽しみな作家さんです。



= 文・写真:宮城 =






2017-09-19 08:00

IMG_8811.jpg


この夏、東京・学芸大学にオープンした「FREDDY LECK sein WASCHSALON TOKYO(フレディレック・ウォッシュサロントーキョー)」。

ベルリンから来たちょっぴり変わっているコインランドリーは、洗練されているようでいてどこか懐かしいその街にもうすっかり馴染んでいる様子。
今日は、愛らしいご老人からトレンドに敏感な若者まで、近所の人たちのコミュニケーションが生まれるフレディレック・ウォッシュサロントーキョーで私たちもランドリー体験をしてきました!


IMG_8774.jpg



● フレディレック・ウォッシュサロントーキョーでお洗濯 ●

コインランドリーって、どんな時に使いますか?
ひょっとしたら、あまり使わないな~なんて方も多いかもしれませんね。

・一度に大容量を洗える
・短時間でできる
・仕上がりがいい
・・・と、コインランドリーを使うメリットは実にたくさん!

最近は、雨が続く日や旅行後まとめてお洗濯といった時、また家庭用では洗濯しにくい毛布などを洗いに、コインランドリーを活用する人がたくさんいるんだそうですよ。


IMG_8795.jpg


そんな私たちも、フレディレック・ウォッシュサロントーキョーでランドリー体験。
新商品の「フレディ・レック ウォッシュサロン ランドリーバッグ Mサイズ 」に、自宅の洗濯機では洗いにくい毛布を詰め込んでウォッシュサロンにお邪魔しました。


IMG_8817.jpg


厚手毛布がまるまる3枚分ほど入る大きさの「フレディ・レック ウォッシュサロン ランドリーバッグ Mサイズ 」は、こうしてクリーニングやランドリーに行く時に大活躍。白と青のシンプルなデザインに、いつものお洗濯もなんだか特別な気持ちに。


<ランドリーの手順って?>

ランドリーの手順はいたって簡単。
洗濯物を入れて、洗濯コースを選ぶだけ!
困った時にはスタッフの方が丁寧に教えてくれるから、慣れていない方も安心です。


IMG_8790.jpg
IMG_8792.jpg


洗剤や柔軟剤はドラムにセットされているから、自宅からわざわざ持ってくる必要もありません。
たくさんの人が使うドラムには、事前に2分間しっかり内部を洗える「ドラム洗浄」もついているから女性も安心してお使いいただけますよ。

また、フレディレック・ウォッシュサロントーキョーの乾燥機はガス仕様。
タオルなどを洗った後は、目地がしまってパイルが立ち、いつもと異なるそのふんわりとした仕上がりにきっと驚いてしまうはず。



<ランドリー中の過ごし方>

IMG_8821.jpg


フレディレック・ウォッシュサロントーキョーの大きな魅力のひとつは、明るい光が入るカフェが併設されているところ。
洗濯や乾燥が終わるまで、コーヒーを飲みながら読書をしたり、仕事を片付けたり。
思い思いに過ごすことができますよ。


IMG_8829.jpg



<忙しい時には?>

フレディレック・ウォッシュサロントーキョーには、洗濯代行のコースや、クリーニングも。
忙しい方はぜひこうしたサービスを利用してみてくださいね。


IMG_8832.jpg


ランドリーシーンから、暮らしそのものを変えてくれるフレディレック・ウォッシュサロントーキョー。
東京に、またひとつ魅力的な場所が増えました。


= フレディレック・ウォッシュサロン トーキョー =

〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-13
TEL:03-6412-8671(9:00-21:00)
※コインランドリー 24H
※ほかサービス 9:00-21:00



= 文・写真:宮城 =



【ご紹介した商品】
「フレディ・レック ウォッシュサロン ランドリーバッグ Mサイズ 」



2017-09-18 08:00

DSC_4366.jpg


家族の朝ごはんの風景によく似合う、icuraを主宰される筒井則行(つついのりゆき)さんの木のテーブルウェアたち。

炉の必要なガラスや窯の必要な焼きものと比べて、筒井さんが当初「自分の手で完結できるもの」として始めた木を扱うそのものづくりは、なんだかご本人にとっても思わぬ方向に(笑)


9月21日(木)と29日(金)と2週間に分けて公開されるアンジェの「あきいろ作家市」から、今日は、icuraを主宰される筒井則行さんについてご紹介しますね。


DSC_4299.jpg



● icura 筒井則行さんのこと ●

IMG_6701.jpg
IMG_6652.jpg
活動名の「icura」は、初期の頃の作品であるLED照明「イクラライト」から。かわいくて、覚えやすいお名前です。


岐阜の大学で土木を勉強されたという、icuraの筒井則行さん。
大学で勉強する対象であった橋やダムは工期が長くスケールが大き過ぎて、小さな対象であるインテリアにどんどん興味が移っていったとおっしゃいます。
その後、伝統工芸品などを扱う東京のインテリアショップで働くようになった筒井さん。

筒井さん

「仕事で伝統工芸品を扱う傍ら、普段の暮らしの中で使えるもう少し身近なものを自分の手で作りたいと思ったんです。でもガラスを作るには炉がいるし、焼きものを作るには窯がいる。木なら自分の手で完結すると思ったんですよね。」



IMG_6593.jpg
水に濡らして彫りやすくなった桜の木。木のプレート「ほりほり」は、やすりもかけられない、彫りの技術が試されるもの。

IMG_6623.jpg
上は彫る前の状態で、下は彫った後。キレイに揃った彫りよりも、ランダムな彫りが好きとおっしゃる筒井さん。技術が上達すればするほど揃いがちになってしまう彫りも、キレイに整い過ぎないように意識しているんだとか。

IMG_6633.jpg
こちらはスプーンの彫り風景。マスクや眼鏡をする必要のないこの工程は、流れるラジオの音が心地よい、筒井さんのお気に入りの時間。

IMG_6682.jpg
木目が1本1本異なるから特に難しいという彫りの作業。スピードも求められる工程です。

IMG_6709.jpg
最後は丁寧にやすりをかけて。やすりの土台として使うのはマウスパッド。筒井さんの創意工夫がここでもキラリ。

IMG_6728.jpg
お皿などを取ったあとの切れ端などから削り出すというスプーン。左の木のブロックから、重さもまるで異なる右の最終形へ。
こうしてみるとますます愛着がわいてしまいます。



どう作るのか分からないまま真夜中の公園で見よう見まねで金づちややすりを使って作品を作るところから始まったという筒井さんのものづくりは、大きな作業場をリノベーションしたり、お手製エレベーターを取り付けたり、木材小屋を作ったりとなんだか今ではものすごいスケールに。

筒井さん

「木工でのものづくりは簡単に始められましたが、結局のところ、ちゃんとやりだすといろいろ必要で(笑)
この作業場ももともとの壁をぶち抜いてそれぞれの工程に応じて部屋を仕切りなおしたり、削る木を抑えるようなちょっとした道具も自分たちで作ったり、誰が使っても分かるように収納まで組み立てたり。
外に木材を保管する小屋も建てたんですが、おととしにはそこに自分たちで木材を詰め込めるようにフォークリフトも買って、免許も取ったんですよ。」


温かな気持ちになるような木のテーブルウェアを制作しながら、ゆるっとこんなスケールのことまでやってしまう筒井さんです。


IMG_6752.jpg
作業場内の筒井さんお手製エレベーターに乗っちゃいました!在庫を上階から降ろすために作っちゃったんだとか。朗らかでいて、本当にスゴい方なんです。

IMG_6733.jpg
木材を保管する小屋ももちろん手作り。といっても、この小屋はほんの一角。

IMG_6745.jpg
働く皆さんのネームプレートも木で手作りされたもの。

IMG_6566.jpg
それぞれの作業部屋にはこんな可愛い手作り時計もありましたよ。


「特別なものとしてではなく、普段使いのものとして使ってほしい。」
そう語る筒井さんの、木のテーブルウェア。

木のぬくもりがそのまま伝わる、筒井さんの手仕事です。



= 文・写真:宮城 =







2017-09-16 08:00

DSC_4332.jpg


宮田竜司(みやたりゅうじ)さんのうつわと再会したのは、今年5月の益子の陶器市。
陶器市エリアの端っこでバスを降りて、いつもとは異なるルートでまわってみようと思った時でした。

思えば2016年の秋の陶器市でも見たことのあるうつわ。
その時は私にとってどこか遠く感じたそのうつわが、5月のその時には「ちょうどいいかも」と思えたんです。


うつわとの出会いにも、きっとある気がする「タイミング」。
9月22日(金)と29日(金)と2週間に分けて公開されるアンジェの「あきいろ作家市」から、今日は、少し背伸びをして使いたい宮田竜司さんのうつわについてご紹介しますね。


DSC_4175.jpg



● 宮田竜司さんのこと ●

IMG_7971.jpg


宮田竜司さんは気さくなお兄さん。

もともともの作りが好きだったというものの、焼きものを選んだきっかけはお父さまだったといいます。焼きもの好きなお父さまは、著名な作家さんを追いかけて東京から埼玉へ引越しをしてしまうほど。そんなお父さまのそばで様々な焼きものを見ながら育った宮田さんも、様々な産地をまわり最終的に今の拠点、栃木県益子町に拠点を構えたのだそうです。


IMG_7999.jpg
大きなお庭のある宮田さんのご自宅兼作業場。お庭にはご自身で作られた香炉が。

IMG_8002.jpg
「年上の方に遊んでもらっていて・・・」
茶道をたしなんでいるという宮田さん。ご自宅の本棚にはたくさんの茶道の本も。


IMG_8004.jpg
本棚の上にはアボカドの種。芽はきちんと出るそうですよ。


しとしとと雨が降る中お邪魔したのは、大きなお庭のある宮田さんのご自宅兼作業場。
豊かな自然環境の中に建つ宮田さんの作業場で、今回お願いしたうつわの制作風景を見せていただきました。


IMG_7862.jpg
IMG_7863.jpg
どこか凛とした雰囲気を持つ宮田さんの作業場。その理由は竜の絵かも?
お名前からとった竜の絵は、上はお客さまからいただいたもので、下はなんとご本人が描いたもの。



地元の原料を使うようにしているという宮田さん。
作り出すうつわたちの土には益子の陶土をベースに磁器土を混ぜたものを使い、釉薬は益子の伝統釉といわれる「並白(なみじろ)※白に見えるもの」「灰釉※緑色に見えるもの」「飴釉※こげ茶に見えるもの」を使っているといいます。


IMG_7890.jpg


宮田さんが作るうつわにどこか品が纏うのは、宮田さんが仕上げに緊張感を持たせたくて手で作業を行うようにしているから。

宮田さん

「もちろんロクロをまわした後に型にはめて成形することもしますが、特にこの花の形のうつわは型にはめて削るようなやり方では均一になって面白くなくなってしまうんです。形に勢いがつくので、どんなうつわも最後はなるべく手で仕上げてうつわに緊張感を持たせるようにしているんですよ。」



IMG_7894.jpg
ロクロで成形した後に、赤い筆で花びらとなる「あたり」をつけて。

IMG_7898.jpg
型にはめて削るのではなく、フリーハンドで花びらを形作る宮田さん。その道具は陶芸用のものではなく、自分で作ることも多いのだとか。

IMG_7907.jpg


使っていて馴染むようなうつわもいいけれど、使いながらも程よい緊張感を持てるうつわもまたいいもの。
そのタイミングが来た時に、まるでパートナーを選ぶような感覚で手に取りたい、背伸び気分で付き合える宮田竜司さんのうつわです。



= 文・写真:宮城 =  




ページ上部へ

カレンダー

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム