【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


カットされた天然ダイヤモンドの価値は、見た目にどれだけ美しいかによって決まるはずです。
天然と合成を比べると、これに希少性というファクターが加味されてくるでしょう。
話を天然ダイヤモンドに限ったとき、この美しさを定量的、絶対的に評価できれば、それにこしたことはありません。しかし、この目的を100%達成することはできません。
そこで、現在カットされたダイヤモンドの品質を4Cで評価する方法が広く支持されています。
4Cとは、カラット(carat)、カラー(colour)、クラリティ(clarity)、カット(cut)の頭文字をとったものです。
4C評価のスケールのうち重量スケール以外のスケールは、最初アメリカの宝石学教育機関GIAが独自に開発したものですが、この他にもスカンジナビア方式、CIBJO方式、HRD方式などいくつかの方式があります。
国際的に統一しようという動きもありますが、まだ合意点に達していません。
現在日本ではGIA方式が最も広く通用しており、また国際的にもこの方式が広く受け入れられています。

ここで注意する必要があるのは、ダイヤモンド・カット石の美しさが4Cの評価で一義的に決まるものではないということです。
4Cというのは価格評価をする場合の1つの目安となる要素として考えておいて下さい。
たとえば、クラリティの評価は10倍に拡大して、そのダイヤモンドに見られる内包物の見え方の程度を判断することが国際的に共通する判断基準になっています。
10倍で見えないため評価の対象とならない微小インクルージョンが光の作用に影響して輝きを損なっていることもあります。
またカットの評価も美しさと直接結びついているのではなく、原石からの歩留りの評価が基準になっています。
美しさの評価は主観的なもので、統一された合意はまだなされておりません。
従って4Cの評価は希少性の評価であるという限界を理解しておくべきでしょう。
あるいは4Cプラスαではじめて美しさが評価できるということでしょう。

ダイヤモンドを個々の石の持つ性質で分類評価する方法は、もともとは鉱山会社やデビアスの中央販売機構で原石を評価するために始められたものです。
原石評価ではサイズ(重量)、色、包有物の多い少ない(クラリティ)と、原石の形という4つの要素が基準になっていました。
形は、八面体か、丸味を帯びているものか、細長いものか、平べったいものかなど、カットによる重量減が大きいか小さいかで判断していたわけです。


1)カラット carat(重量)

ダイヤモンドやその他の大抵の宝石の重量はメトリックカラットを単位として測定し、記号「ct」が用いられています。
1メトリックカラットとは、0.200gで、1gは5ctです。
通常、電子デジタル天秤を用いて千分の1カラットまで測定し、小数第3位を8捨9入するか、第3位まで表示します。

原石の大部分は1ct未満の小粒なものです。
大粒の石は大変稀少です。
この種の原石からブリリアントカットするわけですから、大きい程値段は高くなるのは当然です。
同じグレードなら、石は重量が大きい程その価値が高く評価されることになります。(図9)
昔は、ダイヤモンドの値段はカラット数の2乗に比例するといわれていました。
1カラットの石の値段を100とすると、2カラットの石は400になるというわけです。
しかし、この方式で計算すると、大粒の石の価格は天文学的な数値になってしまいます。
実際には、これほど大きな価格差はないようです。




2)カラー colour(色)

宝石品質のダイヤモンドの大半には、わずかな色が認められます。
その地色は、黄色がかっていたり、褐色がかった色合いですので、無色にどれくらい近いか、離れているかが評価の基準になります。

色のグレードは厳選されたマスターストーン(基準石)と比較し、黄色みの濃度に応じて、アルファベットのDからZまでグレード(等級づけ)されます。
D・E・Fにグレードされる石は無色で、透明度にわずかな差が見出される程度の違いしかありません。つまり、それほど厳密な評価がされるというわけです。
色を検査するわけですから、光源も一定していることが必要となります。
北半球の北側の窓からの午前の光が良いともいわれていますが、現在は、条件をこの光に合わせた人工光源の下で調べています。

Z以下はファンシーカラーに分類されます。
ブルー、ピンク、パープル、またはレッド等の希少性の極端に高い天然ファンシーカラーを除けば、一般に無色透明な石の希少性は非常に高く、したがってD・E・Fのグレードの石の価値が高いわけです。(図10および写真1)



1)現在市場では、Zに近い黄味が人気あり、需要が多く希少性が高いため値は高くなっています。中途半端な濃さの人気は低い状態です。
2)Fancy Colourと判定されると需要が多く急激に高価となります。LightとFancyの価格差は大きくなっています。




3)クラリティ clarity(透明度、透澄度)

クラリティとは楽器の音色が澄んでいるというような意味ですが、ダイヤモンドの場合は、結晶形成時にとりこまれた包有物が多い程石の透明度が下がり、輝きを損なうという意味合いを持っています。

クラリティのグレーディングは内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)とに分類して行われています。外部特徴はカット傷などの存否で判断します。

内部特徴としてインクルージョンの大きさ、数、位置、性質、色や目立ちやすさなどを、10倍率拡大という条件で観察してグレードを決定しています。

等級スケールは、熟練したグレーダーが10倍に拡大して検査しても石の内部や外部にインクルージョンやブレミッシュ(カット後に発生したスリ傷や摩耗の痕跡)が認められないフローレス flawless から、肉眼でも包有物が認められるものまで、11等級に分類されています。
他の要素が同じであるならば、フローレスの石の価値が最も高くなっています。


カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム