【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2020/01/14 13:58

皆さまこんにちは くぷです。

前回のブログの続きです。

今の悩みの症状を作り出したのは他でもない

自分が過去にしてきた生活の結果なので

間違った生活を直しましょう
というお話でした。


こちらは進藤先生のお言葉

1.jpg

生活の間違いを正していくヒントが、陰陽五行にたくさん詰まっています。

進藤先生の著書にも陰陽五行とは書いていないものの、

この季節にはこれを食べてほしいというお話もいくつか紹介されています。

改まって陰陽五行って聞くとなんだか難しく感じちゃいますよね。

でも昔の人がしていた生活を想像してみるっていうとどうでしょうか?


例えばね、私が子どもの頃はクーラーは

どの家にも当たり前にありませんでした。

もちろん学校になんてなかった。

ステンレスの水筒に氷をいっぱい入れて

麦茶を持ってきている子もいなかった。

アイスクリームも大箱で売っていて、

毎日お風呂上りに食べれるよなんていうものでもなかったです。

我が家では土日のお風呂上りにかき氷を作るのが

家族のイベント的な楽しい出来事でした。


夏に身体を冷やしすぎたり、汗をかかずにいると

冬に風邪をひきやすくなります。

息子の小学校でも今年からクーラーが導入されましたが

その結果どうなったかというと…

1クラスに発熱の子どもが18人も出るというクラスまで出ていました。


レトルト食品も今のように

野菜を1品足せばあっという間に出来上がり!なんて

そんなにたくさんなかったんじゃないかな。

よく見ていたのはお湯で温めるレトルトカレーくらい?

そのレトルトカレーだって

電子レンジですぐ温めて食べるようなものではなかったです。


ハウス栽培の野菜も少なかったのでしょうね

真冬にトマトがたくさん入ったサラダを

もりもり食べた記憶はありません。

栄養がいっぱいつまった旬のお野菜を

その時期に頂くことが当たり前でした。


携帯電話ももちろんなかったので、

子どもにスマートフォンを持たせるかどうか

なんていうお悩みは全くなかったわけです。

オール電化の家もなかったので

電磁波による体への負担をここまで考える時代ではありませんでした。


もちろん今のこの生活をすべて手離すことはできません。

でも、迷った時に「昔はどうしてたかな?」と

ちょっと想像するだけで

体への負担を減らすことができます。


夜中まで起きていてスマートフォンで健康情報を探すより

早く寝て身体をゆっくり休めた方が

よっぽど身体にはいいわけです。


2つの物事で迷ったら

『自分の身体がどちらを求めているか』
を身体にたずねてください。

ここがかなり重要です。

それでもよくわからなければ『お母さんやおばあちゃんはどうしてたっけ?』と、思い出してみてください。

それでもわからなかったら「くぷさんならどっちがいいと思いますか?」って

いつでも聞いてくださいね。あなたにあった方をご一緒に考えていきましょうね。

記事担当: くぷ(荒川)




>>掲示板 「冷えとりの、お話しましょ。」



くぷが管理人を務めている、コメント欄を利用した掲示板です。
気軽に書き込んでください。

めんげんについての質問だけでなく
「冷えとりを今日から始めました」などの気軽な書き込みも大歓迎です。
そしてお話しに来てくださった方への応援メッセージ、アドバイス
経験談などもぜひお待ちしております。
私くぷからの返事だけでなく、色々な方とお話したい方もいらっしゃると思いますので
お力添えよろしくお願い致します。




>>くぷの過去記事はこちら

※PCサイトからアクセス可能

最終更新:2020/01/14 13:58

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

フリーページ

冷えとりファッション特集
春秋の冷えとりファッション特集 夏の冷えとりファッション特集 冬の冷えとりファッション特集 靴と靴下の冷えとりファッション特集