【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2013/07/16 08:10

皆さまこんにちは!くぷです^^
別記事・Jasmineさんの冷えとり体験談につきまして、コメントさせていただきますね。
---------------
まずは、子宮癌の疑いのあった腫瘍が流れ出たという嬉しいご報告の件ですが
本当に良かったですね^^
Jasmineさんが冷えとりを信じて、しっかりと冷えをとる努力をなさった賜ですね。
恐る恐る試すのではなく、最初から素直に取り組まれたことが良かったのだと思います。
婦人科系は甘いものや、こってりしたものを好む傾向にある方や、食べ過ぎの毒が出やすい箇所でもあります。
悪くなってもすぐに命にかかわる場所ではないので、様々な臓器の肩代わりもしてくれているのです。
言い換えればしっかりと冷えをとることで早く改善していく様子が見えやすい場所ともいえると思います。

◆お尻には婦人科の筋◆
お尻から太ももの後ろを小腸の経路、膀胱の経路が走っています。
さらに婦人科系ともかかわりが深く、足の後側・お尻は性器の筋が走っているので
水ぶくれ・掻き傷から毒だしが進んでいったのだと考えられます。
また、太ももの前部分には胃の経路も走っており、小腸と胃は親子の関係にありますので、
足の掻き傷から消化器系の毒も出してくれているとも考えられます。
食べ過ぎないように気を付けて、しっかりと冷えとりを続けてみてくださいね。

◆冷えとりの核となるのは半身浴◆
冷えとりというと『靴下を重ねる』ことに意識をもっていきがちですが
基本は下半身を温めて、上半身を冷やしておくことです。
本当でしたら24時間ずっと半身浴をしてお湯の中に毒を出したいところなのです。
けれどもほとんどの方はそのようにできないために、
靴下を重ねて下半身を温める方法を進藤先生が考案してくださっているのです。
Jasmineさんが比較的スムーズに腫瘍が流れ出た背景には、
毎日2時間以上は半身浴をし、時間があれば足浴もされていたこともあると思います。
そして素直に取り組む姿勢がなにより大切だと教えてくださっていますね。

---------------
Jasmineさん、貴重な体験をシェアさせて頂きありがとうございました。
苦労したこととして、可愛いらしいお悩みまでご披露してくださりありがとうございます。
確かに、仲良しムードになった時にハッと我に返ると、
たくさん靴下を重ねた足元が・・・という状況になるかもしれませんよね。
それでも、そのありのままのJasmineさんを受け入れてくださる
素敵なパートナーさんに出逢えていることを微笑ましく思いながらメッセージを拝見いたしました。
外見の美しさだけでなく、内面の美しさを愛してくれるパートナーの方と
さらに愛を育んで幸せな毎日をお過ごしくださいね♪

記事担当:くぷ


引き続き、皆さまからの【冷えとり体験談】を募集しておりますので
kupu@841t.com まで皆さまからのメッセージをお待ちしております。
冷えとり体験談
⇒冷えとり体験をシェアしよう

最終更新:2013/07/16 08:10

コメント 5件

2013/07/18 19:21:05

くだもの

めいさん

はじめまして。
友人がひどい子宮内膜症で去年末から冷え取りを始めてくれました。

調子が上向きになったとたんに、果物をアホみたいに食べています。
半身浴はさぼり気味です。
(何度いっても具合悪い時こそ半身浴!とは思えないようです・・・本も読んでるはずなのに)
一日にももを4個食べて、さらにほかの果物も食べたり・・・
すいかも一日ちょっとで一個食べる日々らしいです。

落ち着いていた症状が案の定悪化し、生理が終わっても腹部痛がひどくなっています・・・
私としては、まず食生活を見直して、半身浴もやったほうがいいと思うよと伝えているのですが・・・

人に冷え取りを強要するのは間違っていますよね・・・
アホなことをしていて具合悪くなっている友人につい腹が立ってしまいます。

くぷさん、何かアドバイスお願いできますか?

2013/07/19 08:54:54

めいさんへ

くぷさん

はじめましてこんにちは^^
せっかく冷えとりを始めて調子が良くなってきたのに、またむちゃ食いして
症状が悪化してしまう・・・残念ながらそうした方はたくさんいらっしゃるのです。
めいさんの言葉が耳に入らないというのではなく、冷えが強くなると自分で抑えることができず
消化器系の毒が多い方はどんどん過食してしまいます。
腹立たしくて仕方ないと思いますが、家族であれご友人であれ強制することはできませんし
かえって両者にとって負担が大きくなります。
残念ですがこの場合は、いったん引いたところから見守りつつ
めいさんがしっかりと冷えとりをして見せていくことが遠回りなようでいちばん近道だと思います。
そしてお伝えする場合は、ご友人の方にやった方がいいよということではなく
私はこうしたんだけど、調子よくなってきたよ♪とあくまでもご自身の体験談などを
たんたんと伝えていくスタンスが良いのではないかと思います。

2013/07/19 09:09:12

めいさんへ続きます

くぷさん

私にも、めいさんと同じように、冷えとりしてほしいなぁという友人がいます。
彼女は過食症&うつの症状を持っているように私からは見えます。
感情の波が激しく、ひどい時にはここには書いてはいけないような内容のメールを
次々と送ってきて、夜中に気が付けば大袋のチョコレートを2~3袋たいらげ
自宅に食べるものがない時にはコンビニへ走ってかごいっぱいにお菓子を買ってくるそうです。

冷えとりの本も読んでもらい、私が体験してきたこともできる限り話し
なんとなくいいものだ…とはわかってもらったつもりでしたが
本人はいっこうに改める気もないのか、矯正下着をしっかり着用し
上半身ほど着込むという生活を続けているようです。

そうだよねー冷えとりした方がいいよねーと
口では言うもののなんとなく私たちの間に壁があるように感じましたので
いったん冷えとりのことを口にするのをやめています。
本当に自分に必要と思ってもらえなければ、続けてもらえないと思ったからです。

その間、自分は冷えとりを続けていくだけです^^
もしかすると自分とは価値観がどんどん違っていって少し距離をおく
友人関係になってしまうかもしれませんが、それは自分にとって必要な変化だったととらえようと思います。
でも、先日久しぶりにお仕事中に私を見かけたけどすごく元気そうでイキイキしてたね♪と
突然メールをくれました。
友人に必要なタイミングがきたら、そんなふうに私と偶然出会うことが増えたり
思い出してくれて冷えとりちゃんとしよう!って考え直してくれるものかも。
なんて思ったりもします。

自分自身があまり深く考えなくても、きちんと道はできてくるものかも
そんな風に今は思えるようになってきました。
めいさんとご友人との関係がより強固で、かけがえのないものになっていきますよう願っていますね☆

2013/07/19 17:56:50

そうですね

めいさん

くぷさん、アドバイスありがとうございます。
私も冷えとりで自分の内膜症がすごくよくなったので、
その経験談を話したことがきっかけで友人は冷え取りをはじめました。

彼女の健康について、勝手に自分がイライラして、
そんな態度でお互いが嫌な思いするなら意味ないですよね。
傲慢だったんでしょうね・・・最近足先がとっても冷えます(笑)

自分のためにも、彼女のためにも
私も冷えとりのことは口にするのをやめてみますね。

私はひえとり普通に続けていきます!

なんか楽になりました!ありがとうございます、くぷさん。

2013/07/22 08:18:43

コメントありがとうございます

くぷさん

☆めいさんへ☆
こんにちは
めいさんの元気なメッセージを拝見してとても安心しました^^

私がお世話になっている冷えとりグループのMさんも、
進藤幸恵さんも実は実はご主人は冷えとりをされていないそうです。
そしてMさんはこんな風にもおっしゃっています。
「冷えとりやれっていうのも面倒だし、他からやってみたいっていうお問い合わせも
いっぱいきているからそちらに早く対応してあげたいじゃないですか。
やりたくない人に構ってられないでしょー(笑いながら)
もしガンになったりしてもそれから冷えとりしても治るからいいしね
もう助けてーやっぱりやるって言ってからでもいいのよ^^」なんて
朗らかにおっしゃっていました。

何十年もしっかり冷えとりをされている方でもこんな感じなので
私が、お友だちなんでやってくれないのかなって悩むのはおかしいってその時思いました。
やりたくなったら言ってくるでしょう♪
そのスタンスで、来る者こばまず^^の精神で続けていればいいのでしょうね。

めいさんも気長にご一緒に続けていきましょうね☆

ページ上部へ

カレンダー

2013年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

フリーページ

過去の日記

2021年
2020年
2019年
冷えとりファッション特集
春秋の冷えとりファッション特集 夏の冷えとりファッション特集 冬の冷えとりファッション特集 靴と靴下の冷えとりファッション特集