【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2017-04-01 10:00




ココロミクラ部スタッフの「フジワラ」です。

iRingという商品をご存知でしょうか?


スマホの大型化が進み片手での操作が難しくなる中、iRingがあれば抜群の安定感と操作感が味わえ、スマホを落とす危険性もなくなります。


ココロミクラブでもこのiRingを取り扱っており、月に5000個も販売する商品なのです。

そんなヒット商品なだけに、「偽物」が市場で多く出回っております。


正規代理店のココロミクラブなだけに、このブログを通じて、皆さんに本物と偽物の見分け方をお教えしたいと思います。



■ パーケージの特徴


現在iRingは以下のパーケージで販売されております。




・iRing単品
・iRing + ホック・ドック付き
・ホック・ドックの単品

まず、2017年3月時点で6パターン販売されており、このパッケージ以外のiRingは偽物の可能性がありますので、ご購入前や商品が届いた際は、まずチェックしてください。



■ iRing本体の比較




左側が本物で、右側が偽物です。

比較するとフォントに決定的な違いがあります。


iRingの文字の高さは本物が少し縦長なのに比べて、偽物は少しべちゃーとした印象で、文字と文字の隙間も違いがあります。

また、「R」のフォントに特徴があります。


偽物をいくつか購入しましたが、偽物にも2タイプ存在しており、「g」のフォントに特徴があるタイプもありました。


人気商品なだけに、この2タイプだけではなく、まだまだ、知られていない偽物もあるかもしれません。

こうして本物と偽物を見比べてみると、偽物のフォントのダサさが際立ちます笑



■ 品質の違い




リング部分を何度も回すと、上記の赤の付け根部分に、塗装が剥がれ、ごみのクズがたまります。

本物を何個も試してみたのですが、こういった現象は起きず、偽物はどのタイプも同じ現象がでました。


本物はリングの付け根部分に若干の隙間があり、偽物は全く隙間が無く、塗装面を削りながらリングが回っている為、このような現象が起こります。

明らかに品質が悪く、付け根部分の塗装がある程度剥がれると、リングの回りが軽くなり、またグラグラ感も起こりました。



■ ホックやその他の特徴


単純に本物は黒で、偽物は白のホックです。

ホックの見極めは簡単です。




また本物はホログラムのシールが貼られている商品が多く、別紙も同封されています。

※パッケージのタイプによっては、ホログラムと別紙がないタイプもあります。





■ まとめ


あなたのiRingは本物でしたか?

本物と偽物はデザインの差だけではなく、


・塗装にムラがある
・新品なのに傷が多くついている
・リング部分がすぐにグラグラになる
・粘着力がなく、剥がれやすい


などの現象が多く見られ、品質や耐久力に問題があるようです。


相場より明らかに安いiRingはその時点で偽物の可能性が高く、また耐久力に問題があるので、すぐに使い物にならなくなります。


ネットでの購入になると、いざ商品が届いてみないと分かりませんし、比較するものもない為、本物かどうかもわかりませんので、以上のポイントを参考にして、本物のiRingをお試しください♪



【今回使ってみた商品】:ココロミクラブの「スマホリング iRing」


ココロミクラ部スタッフ メンバー「藤原」執筆

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ケータイで見る

URLをケータイに送信