【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2013/02/16 01:32




ファクトリーショップの次は
工場のご紹介です。





工場では12人の人が働いています。
Rickshawbagworksさんでは総勢20人の会社
ですので、約半数以上が裁断、縫製~検品までを
受け持っていることになります。




ものすごく大きい工場ではなく、
少人数でひとつひとつ丁寧にハンドメイドで
作られているという印象です。



bg32.jpg


bg36.jpg



現在の工程はU字型になっており、
今までに比べて約20パーセント程作業効率が
アップしたようです。説明の中でトヨタの
【カンバン方式】を採用していると仰っていました。





bg31.jpg




bg33.jpg



bg34.jpg



bg35.jpg



作業員の方はすべてどの工程でも作業ができる
ようで、緊急時にもうまく流れるようにしている
とのことです。



Rickshawの1日の生産量は約150個。
ほとんどがオーダーを受けてから生産しています。
日本からの注文の場合も小ロットで対応すると
心強いお言葉を頂きました(笑)。







ロゴの取り付けには特殊なミシンを
使用されています。他のブランドに比べて
ロゴの縫製がきれいだと思っていましたが、
こんなところに秘密がありました。



bg37.jpg



bg38.jpg




大きくたくさん作ってコストを安くする
ということではなく、お客様に合った商品を
ひとつひとつじっくりと時間をかけて
サンフランシスコの自社工場で製作している
のがRickshawの強みの一つだと思います。




検品もかなりしっかりされており、
デザインだけでなく耐久性も抜群だと思います。




社長のMarkさんは、私も知っているような
有名なカバンメーカーの社長をされていたことが
あり、その後Rickshawを立ち上げたため
鞄に対する情熱はすごいものがあり、工場の生産
についてもかなり知識があるように見受けられました。





工場も大変クリーンですし、今まで私が見てきた
日本の工場での生産体制にかなり近く、日本の
モノづくりと同様のスタンスで鞄を作られていると
思います。







つづく




次回はミーティングの様子をご紹介します。











最終更新:2013/02/16 01:32

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月