【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2006-10-19 00:00

お客様から当店の出荷時の検品・調整について
ご質問をいただきました。

ギターによっての「個体差」が激しいですので・・・
一概には断定できないのですが・・・

参考程度に読んでいただけましたら嬉しいです^^


出荷時の「調整・検品」についてですが
正直なところ「工場→メーカー→当店」に商品が
送られてくるわけですが
「工場出荷時」に一般的な調整しかされてきておりません。

そして、ココが重要なのですが
ギターは木材で出来ているため、必ず「狂い」が生じます。
ギターになってからでも「木材」は動くんですね・・・

ですから出荷時にあらためて
全体をチェックしてから発送させていただいているという訳なんです。

具体的に言いますと・・・

・「外見のチェック」 

 まずギター全体をよく眺めます。正直、ギターは工芸品ではないので
 細かい傷はどのギターでもあるのですが、目立つ傷・打コン等がないかチェックします。
 (もちろん当店に入荷するのはメーカーの検品をクリアーした商品ですが・・・   
  ダブルチェックを行うわけです。メーカーの倉庫に直接、見に行くこともあります。)
 適度なボディバランスの材が使われているか、トップの表側の木目・・・なども
 チェックして場合によっては再手配する場合もあります。
 (送られてきてスゴイ木目の場合が時々あるんですね・・・(涙))

・「弦高の調整」

 これはネックの状態をチェックして適正な弦高に合わせます。
 もちろん、ブリッジやナットで調整することもあります。
 アジャスターロッドで若干だけ順ぞリに設定します。
 (ネックが真っ直ぐだとびびってしまい、音も張りがなくなってしまうので)
 できるだけ弦高は低く、ビビらない程度に調整します。

・「電気系のチェック」

 スイッチ類やピックアップ部分に問題がないか「音だし」して
 チェックします。ピックアップの高さや音のバランスなどもチェックします。
 それで問題がなければスイッチ部分やプラグ部分に
 「接点復活剤」をスプレーして出荷しています。
 (動きがスムーズになりますし長持ちすると思いますので・・・)

だいたいはこのあたりのチェックでしょうか・・・

ギターによって個体差が激しいので、その個体に合わせて
様々なパターンが存在する場合があります。

(アコギなどはブレイシングの剥がれのチェック等もしています。)

できるだけ「良い音」で「弾きやすく」
お届けさせていただきたいなぁ・・・と思っています。


今後ともよろしくお願いいたします!

ご質問等ございましたら
お気軽にお寄せくださいね。

~追記~

当店での「調整作業」は個人の厳密なリクエストにお応えできるものでは
ありませんことをご了承ください・・・
1弦、12フレット上で2、何ミリにセッティングして欲しいという
ご要望をいただいたりする場合があるのですが・・・
個人の厳密な調整につきましてはリペアマンと顔をつき合わせて
煮詰めていく作業だと思いますので・・・
残念ですがお受けすることが出来かねます・・・
よろしくおねがいいたします。

注文をたくさんいただいた場合!(嬉しい☆)
「検品・調整」にお時間を頂戴する場合がございます。
クオリティ重視でお届けさせていただきたい為でございますので
どうかご協力いただけますよう
お願い申し上げます。


このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2016年
2015年
2014年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム