人気のブログが大集合!日記を読んでお買い物しよう!10万ポイント山分けキャンペーン       

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2013-01-10 10:47

ゴルフ日誌タイトル.GIF

■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□

13:30 2013/01/09ゴルフ日誌B651

 腕を振らないでボールを飛ばす。

 これは革命的な発想であり、アマチュアーのゴルフスィングを根
本から変える天地がひっくり返るような発想の転換である。こんな
ことを言うプロは一人もいない。「ボールは打たずに打て」と言っ
た寺田プロだけである。それでも腕を振るなとは言わなかった。

 腕を振らないことは私が考えついた。ボールを打たずに飛ばすに
は腕を振らないことである。参考にしたのはシングルのキムさんと
タイガーウッズのお二人である。宮崎フェニックスで優勝したとき
のウッズのビデオがHDDに録画してある。

 この人は完璧すぎて真似の仕様がない。キムさんはゴルフ場に持
ち込んだビデオカメラにドライバーショットがスロービデオでHDDに
ダビングしてある。このお二人の共通点はダウンスィングが始まっ
ているのにグリップはトップの位置に留どまっている。

 そしてシャフトが立ちコックをためたままダウンスィングが始ま
っている。グリップをトップの位置に残すことから真似をした。こ
れがどうしてもグリップが止まらない。キムさんは腰からダウンス
ィングが始まりグリップがトップに残っている。

「早めのリリース」寺田プロの教えである。ウッズもキムさんもコ
ックをためたままダウンスィングが始まっている。万策尽きて寺田
プロの「早めのリリース」を思い出した。これはウッズやキムさん
のビデオを見る限り間違いであると思っていた。

 万策尽きて寺田プロの「はやめリリース」をしてみた。グリップ
止まっている。そしてシャフトが立ちコックを溜めたまま下りて来
ているようになっている。見た目と本人がしていることに大きな乖
離がある。物理的にいってリリースする間グリップは止まらないと
アンコックが出来ない。

 ゴルフにはこのようなことが度々起こってくる。初心者の頃して
はいけないと言われたことをしなくてはならないことが度々起きて
くる。その一番良く出てくるのがヘッドアップある。パターこそ顔
は残すがショットはヘッドアップ気味にボールを見に行かないと、
肩の回りが阻害される。

 肩は回したらいけないが、回るのをブレーキをかけては駄目であ
る。もう一つは手首である初心者の頃は誰でも手首は使っては駄目
だと言われたはずである。コック・アンコックは手首を使用しない
とコックを使って打つことが出来ない。手首は20度ぐらいしか回ら
ない。左手の甲が裏返って掌が上に向くこれは180度回転したことに
なる。

 これを長い間手首自体が180度回ると思っていた。回らない手首を
回そうとしてソケットを連発していた。下腕が回ると認識を改めたら
永年のソケット病が一気に解決した。これで15日間に3回も優勝する
ことが出来た。それで左膝を痛めてしまった。プロは腰を使って打っ
ている。腕を振って打っているときは腰を使えば例外なしに右にすっ
ぽ抜けた。長くなるので次ページに。 

怒ってる

 


 


 



 

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

カレンダー

2013年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム