【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2011-03-25 14:41

3月11日に発生した東日本震災に際し、発災8日目を迎える被災地に向け、
弊社代表が仙台市~気仙沼~石巻市に向け出発した。

今回の活動の目的は以下の通り
・まずは可能な限りの緊急支援物資を送ること

・現地の状況(被害やニーズ)を確認し、今後の継続的な活動につなげること

・ 報道が錯綜する中、「出来ることは限られている」のではなく一歩でも前に踏み出し、
そのための準備をする事で2歩でも3歩でも前に出れる事を証明しなければ成らない。
今、現在生きている人も寒さや飢えで亡くしてしまう旨を仙台の人達に聞いていた。

被災地支援報告1−1.gif
被災地支援報告2.gif

3月20日 15:00
石巻市内の中里小学校の避難所に到着。
石巻市.gif
この避難所は、校長先生以下、教職員の方々が運営管理に当たっている。
非難しているのは600名弱。
わずかながら物資の提供を申し出る。飴玉と除菌剤は受け取ってくださったが、数が
少なかった餅、あんこの缶詰、衣類、ガスコンロなどは受け取ってもらえず。
『数が揃わないと皆さんに公平に分配できない』とのこと。
物資の集積担当の方にお話を窺う。地震発生以来、まだ炊き出しは一度も行われていない。
市から一度だけパンが支給されただけ。水も燃料もなく、この一週間、温かいものは一度
も口にしていない。近所の商店から供出してもらった菓子類や果物のみでしのいでいる。
明日の朝食は僅かな落花生や菓子類で、カップラーメンも少しあったがお湯が沸かせない
状況や、水も貴重であり物資が少ない中でこれを食べてしまうと次もまた暖かい物を…
と欲求が出て来る事も考えて我慢できる限りは我慢しようとする校長先生らしい判断に
より統制を執っていた。
又また、電気も燃料もないため夜間は毛布だけの生活、とのこと。
確かに被害の大きな地域だが、避難所の運営そのものは何とか統制を執って混乱しない
ようにしていた。
しかし、同じ人が言うには、『ここはまだいい。北の半島側(牡鹿半島と思われる)では
もっとひどい状況』とのこと。
我々は燃料の関係もあり向う事が出来なかったが報道でも女川町等は酷く、
校長先生も自分の身内の安否はまだ確認していないとの事だった。

※数日後には物資は届くようになったそうです。

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

トラックバック 0件

ページ上部へ

カレンダー

2011年3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2016年
2015年
2014年