【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-03-24 12:00

スタッフ“O”です。

先日に引き続き、本日はBDR-S11J-XとBDR-S09J-Xでリッピングした音源を比較します。


まずはセッティングをおこないます。Pioneerのユーティリティを起動し、PCへのリッピングがベストにおこなえるよう、
以下のように設定しました。

画像1.jpg
【Setting1】
・ビデオ&オーディオモードをOFF
・トレイ開閉スムーズ“ON”


画像2.jpg
【Setting2】
・アドバンスド静音機能“常時静音モード”
・PURE READ4+は、今回使用した音楽CDの盤面が下記の通り良好であるため“OFF”


画像3.jpg
※ユーティリティ内、オーディオCDチェック機能で確認。
盤面に傷等がある場合は、PURE READ設定をONにしてください。


画像4.jpg
前回同様、比較試聴に使用する音源はトヌー・ナイソーのカバーアルバム「R」です。


では実際にリッピングした音源を再生してみます。

BDR-S09J-X
CD再生時と同様、量感のある低域にバランスよく鳴る中~高域が特徴の音質です。これはRP-EC5-U3AIの開発時に感じた
ことなのですが、音楽CDの再生時に感じた印象とリッピングした音源のキャラクターは同じ傾向になります。
今回も同様の印象を受けました。

BDR-S11J-X
こちらも例外なく音楽CD再生時に感じた印象と変わりありません。BDR-S09J-Xと比較すると1音1音が明確となり、
ややエッジを効かせたパワフルな音質傾向です。

Pioneerドライブとリッピングケースをセットでご購入いただいたお客様に「古いCD音源が蘇った」とお喜びの言葉を
いただいたことがあります。確かに若干籠ったような音質と感じる録音の音楽CDを、BDR-S○○J-Xシリーズのドライブで
リッピングすると、音質が鮮明な傾向にシフトする印象が私にもあります。

今日においても保存された音源としてメインソースとなる音楽CDを、いかに高音質で再生できるかはダウンロードや
ストリーミング配信が普及した現在においても重要ですよね。
今回の試聴において、ドライブの違いによる音質傾向は大きくはなかったですが、新型になってよりハッキリとした
音質となった印象でした。

この傾向が全ての方にとって「良くなった」と思えるかは分かりませんが…音質を鮮明な傾向にシフトさせたいという
願望をお持ちでしたら、きっと満足いただけるのではないかと思います。


以上、スタッフ“O”でした。

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2017-03-23 12:00

スタッフ“O”です。

本日は題名通り、BDR-S11J-XとBDR-S09J-Xの音質差があるのか聴き比べてみます。
その前に、新製品の Pioneer製「BDR-S11J-X」を少しご紹介。

画像1.jpg

BDR-S11シリーズよりUltraHDの再生に対応しましたが、残念ながら当社では環境を構築できていないため、
UHD再生には至っておりません(確認次第、またの機会にご報告いたします)。
また、PureReadが更新され「PureRead4+」となっています。前回から搭載された「RealTime PureRead」や
オーディオCDの再生品質チェック機能は従来品より継続されています。
読み取り性能が大幅に向上したことによる音質の差は、旧モデルと比較してあるのでしょうか?

画像2.jpg
まずはRP-EC5-U3AIにBDR-S11J-XとBDR-S09J-Xを内蔵します。
・・・外観からはどちらがどちらか分かりませんね。ちなみに左がBDR-S09J-Xで右がBDR-S11J-Xです。
今回はパソコン(Windows10)にそれぞれ同一のUSBケーブルで接続し、音楽CDの直接再生と
リッピング音源の双方で音質差を比べてみます。
比較にはスッキリとした音質で癖のないfoobar2000を再生アプリに使用します。

画像3.jpg
USB-DACには当店オリジナルのRP-DSDHA5を、ヘッドホンにはバランス接続でSENNHEISER HD650をチョイスしました。

セッティングをおこないます。Pioneerのユーティリティを起動し、CD再生をベストにおこなえるよう、
以下のように設定しました。

画像4.jpg
【Setting1】
・ビデオ&オーディオモードをON
⇒この設定をおこなうと自動的に以下の設定が固定されます。
 ・消費電流を抑えるPeak Power Reducerは“OFF”(パフォーマンス優先)
 ・トレイ開閉スムーズ“ON”
 ・前面LED“消灯”

画像5.jpg
【Setting2】
・ビデオ&オーディオモードをONで、アドバンスド静音機能は“常時静音モード”になります。
・PURE READのRealTimePureReadを“ON”、「マスターモード」に設定します。
※マスターモードはパーフェクトモードと比較すると、途切れることなく動作することに重点を置いています。

画像6.jpg
今回比較試聴に使用する音源はトヌー・ナイソーのカバーアルバム「R」です。


では実際に音楽CDを再生してみます。foobar2000を起動し、【File】⇒【Open audio CD】をクリックし、
音楽CDを挿入したドライブを選択後【Play】をクリックします。

BDR-S09J-X
今回使用したヘッドホンの傾向で全体的に丸みを帯びた音質となります。
ただ、はっきりと聴こえない音はなく、解像度の高さも感じ取ることができます。たっぷりとした量感の
低域を土台に中~高域までバランスよく聴かせてくれます。耳あたりもよく、聴きやすい印象です。

BDR-BDR-S11J-X
前記のとおり、今回使用したヘッドホンに起因するやや丸みを帯びた音質ではありますが、1音1音に
明確さがプラスされます。BDR-S09J-Xより若干エッジを効かせ、パワフルな音質傾向にシフトします。
これは好みの差と言っていいと思います。

音楽CDの再生では音質が異なることが分かりました。ただ、全く別の音質という意味ではなく、
少しニュアンスが異なるという程度となります。(そういった違いが色々と影響するのですが・・・)

次回はBDR-S11J-XとBDR-S09J-Xでリッピングした音源の音質を比較したいと思います。
以上、スタッフ“O”でした。

2017-03-22 11:03

こんにちは!ラトックプレミア 楽天市場店です。

当店の今週(3/15 - 3/21)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品は4K60Hz対応 HDMIアップコンバーター RP-HD2UP4K フルHDまでの映像信号を4Kに変換 スケーリングではなく解像度そのものを最大3840×2160…
他にも8位には4K60Hz対応 3入力1出力 HDMIセレクター RP-HDSW31-4K【メーカー1年保証】【RCP】rpup2
10位には4K30Hz対応 外部音声出力付き 3入力1出力 HDMIセレクター RP-HDSW31A【メーカー1年保証】【RCP】rpup2などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ラトックプレミア 楽天市場店のトップへ!

王冠
ラトックプレミア 楽天市場店週間ランキング

(3/15 - 3/21)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

2017-03-15 11:03

こんにちは!ラトックプレミア 楽天市場店です。

当店の今週(3/8 - 3/14)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はCDリッピング用制振強化 5インチ ドライブケース RP-EC5-U3AI&Pioneer製ドライブ「BDR-S11J-X」セット【RCP】
他にも4位にはRATOC 5inchドライブケース専用 CDリッピング用制振強化オプションキット RP-EC5-AI オーディオインシュレーター【RCP】
7位には<アウトレット特価>REX-K24192DSDU用 D/Aコンバーター kit REX-K1792DA1【RCP】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ラトックプレミア 楽天市場店のトップへ!

王冠
ラトックプレミア 楽天市場店週間ランキング

(3/8 - 3/14)

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

2017-03-10 12:00

前回に引き続き、本日はHDMI光ファイバーケーブルの音質比較をおこないます。

画像1.JPG

試聴に使用するのは、数年前に展示会で試作品として展示したHDMI-DAC。HDMI-DACはD/A コンバーターに
Wolfson WM8741、ヘッドホンアンプはTPA6120A2が採用されています。
実はこの構成、RAL-DSDHA2と全く同じなんです。やはりRAL-DSDHA2同様、繊細な音質傾向なのでしょうか?
前面には液晶パネルを搭載し、入力されたビットレート/サンプルレートが表示されます。
背面にはHDMI×3(入力2/モニター出力1)、XLR出力×1、RCA出力×2となっています。
ヘッドホンは私がいつも試聴で使用するJVCスタジオモニター HA-MX10を使用します。

そして今回の試聴ではハイレゾ音源は使用せず、あえてCDで挑みます。
使用するのは澤野工房 チヒロ・ヤマナカ・トリオのWHEN OCTOBER GOESです。
画像2.jpg

再生環境によっては若干ベールが掛かっているようにも聴こえるため、ケーブルの良し悪しを比較するには
都合がよいと考えました。ただし、きっちりと再現できる環境だと、力強い印象のスインギーなアルバムなんです。

まずはHDMIケーブルではスタンダードなHORIC製HDMIケーブルで接続します。
画像3.JPG
かなり太いケーブルです(オーディオマニアの方なら気にならないと思いますが…)。
10mともなるとやはり信号の劣化対策として外部からの影響を受けないようシールドしているようです。

それでは実聴!!ややや・・・RAL-DSDHA2とは一味違うなかなかの音質ではないですか?
ヘッドホンでの試聴ですが、かなりのクオリティと感じます。写実系という感じの繊細な描写ではなく、
押し出しの強いぶっといサウンドが印象的です。ただ粗さが少しあり、高域は若干刺激的な音と感じます。
また、細かいディティールの再現はあと一歩のようです。

画像4.JPG
次にHDMI光ファイバーケーブル(RCL-HDAOC4K30-10)を使ってみます。同じ長さですが、ケーブルが
細い分、かなり質量は軽いようです。
おや?音が出ませんよ・・・。接続を調べてみると、どうやら接続が逆のようでした。本ケーブルには
送信側(SOUSE)と受信側(DISPLAY)というように方向性が決められています。

では改めて音楽を再生・・・おっ!!これは期待通りの音質変化です。HORIC製のケーブルとは違う
音質傾向へシフトしました。低域はやや引き締まり、1音1音の輪郭がクッキリとしました。耳あたりもよくなり、
細かなディティールも先程より再現力が高くなったと感じます。かと言って押し出しの強さが弱まったわけでは
なく、全体的に引き締まった印象です。
こうなると、もう1グレード上のケーブルでも聴きたくなるのが心情というものです。

画像5.JPG
準備できるケーブルの長さが20mでしたのでイコール条件ではありませんが、RCL-HDAOC4K60-20で
BDプレーヤーとHDMI-DACを接続します。さて、どうなるでしょうか!?

ほほぅ・・・なかなか興味深い音質変化です。全体的に音がふくよかになり、非常に聴きやすい音質となりました。
特に低域の変化が顕著で、どっしりとした印象が加わります。RCL-HDAOC4K30-10が鋭く繊細な音質とすれば、
RCL-HDAOC4K60-20は柔らかい中にも芯のある音質という印象でした。


音質比較をするまでは、「HDMIケーブルでも音質は変わるだろうけど、大きな差が出るとは思えないなぁ…」と
予想していましたが、いい意味で大きく裏切られる結果となりました。

今回ご紹介した光ファイバーHDMIケーブルの用途としては、ソース再生機器とAVアンプの間が大きく離れる
レイアウトで設置しているシチュエーション(シアタールームなど)が特におすすめです!!
高価なケーブルですが、導入する価値の高いケーブルであることは確かなようです。是非ご検討ください!!

今回比較試聴したケーブルはこちら。

画像6.jpg

画像7.jpg

画像8.jpg

画像9.jpg


以上、スタッフ“O”でした。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2017年
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信