【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2016-07-29 12:00

今回は、前回ダウンロード/インストールしたプラグインを使用したfoobar2000のDSD再生設定をおこないます。
ここまでの流れは先日のブログ【その1】をご参照ください。
※画像はWindows 10対応ドライバーをインストールした場合です。


画像1.JPG
1.【file】⇒【Components】⇒【Playback】⇒【Output】⇒【ASIO】のASIO drivers 内に、
  “ASIO:RALUSB Audio ASIO Driver”が表示されていることをします。
  表示されていない場合は“Use 64bit ASIO drivers”にチェックを入れ【Apply】⇒【OK】をクリックします。


画像2.JPG
2.【file】⇒【Preferences】⇒【Playback】⇒【Output】の“Device”を、
  “DSD:ASIO:RAL USB Audio ASIO Driver”に設定し、【Apply】⇒【OK】をクリックします。
  ※インストールしたドライバーにより表記が異なります。


画像3.JPG
3.最後に【file】⇒【Preferences】⇒【Tools】⇒【SACD】の“Output Mode”を“DSD”に設定し、
  【Apply】⇒【OK】をクリックします。


う~ん、簡単だ。以前の設定が難しかったせいか、とても楽になったように感じます。
foo_input_sacdプラグインが0.8.4以前の場合、上記以外のインストール(ASIO Proxy)や設定が、もう一手間必要でした。
また、WASAPIプラグインをインストールしていれば、WASAPI出力でのDoP再生が可能になっています。
画像4.JPG
「2.」の手順で【Output】の“Device”を選択する時にDSD:WASAPI(event):製品名”に設定するだけです。


foo_input_sacd 0.8.4以前のプラグインで可能だったPCM音源(44.1kHz系のみ)のリアルタイムDSD変換機能がなくなりすが、DSD設定を初めて導入する方には、以前より敷居が低くなったのではないでしょうか。

さて、全2回でご紹介したfoobar2000のDSD再生設定ですが、もう少し詳しい内容を、
弊社オーディオ専用サイト「RATOC Audio Lab」のステップアップガイドに掲載していますので、
もしよろしければそちらも合わせてご参照ください。

以上、スタッフ“O”でした。

2016-07-28 12:00

スタッフ“O”です。
これまでRATOC Audio LabのDSD対応製品のマニュアルに、
DSD音源をネイティブ再生する方法としてfoobar2000を幾度となく紹介してきました。
本日は、foobar2000のDSD再生設定方法が一部変更になったので、
その設定方法と新しい機能を、2回に分けてご紹介したいと思います。

まずはじめに、必要なソフトとプラグインを紹介します。

・foobar2000(V1.3.10exe)
  まだfoobar2000を導入されていない方は、下記をご参照ください。
  foobar2000インストール
  http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ratoc/diary/detail/201209280000/
・ASIO support 2.1.2
・foo_input_sacd-0.9.8.zip
・WASAPI output support 3.2.3 ※必要に応じて

OS環境に応じた当社製USB-DACのドライバーインストールは準備できていますか?

それでは画像を参照して、設定方法を確認しましょう。
※画像環境は以下の通りです
・OS環境:Windows10
・USB-DAC:REX-KEB03
・ドライバー:RATOC Audio Lab DAC Windows10ドライバー(ral_win10_driver.zip)


画像1.JPG
foobar2000のホームページ内、“Components”タグから【ASIO support 2.1.2】をダウンロードし、
解凍したファイル内の“foo_out_asio”をダブルクリックすると、
上記の画面が表示されるので“foo_out_asio”を選択して【Apply】をクリックします。


画像2.JPG
sourceforge.netのSuper Audio CD Decoderから“foo_input_sacd-0.9.8.zip”をダウンロードし、
解凍したファイル内の“foo_input_sacd”をダブルクリックすると、
上記の画面が表示されるので“foo_out_asio”を選択して【Apply】をクリックします。


以上で必要な環境が整いました。
次回は今回ダウンロード/インストールしたプラグインを使用したfoobar2000のDSD再生設定をおこないます。

2016-07-27 11:08

こんにちは!ラトックプレミア 楽天市場店です。

当店の今週(7/20 - 7/26)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はCDリッピング用制振強化 5インチ ドライブケース&Pioneer製ドライブ「BDR-S09J-X」セット【RCP】
他にも3位には【プレミア限定】DSD256 & PCM 24bit/384kHz バランス駆動/標準シングルエンド両対応USBヘッドホンアンプ RP-DSDHA5【RCP】
6位には1入力2出力VGA分配器 RP-VGASP2 アナログRGB(D-sub 15ピン)出力のVGA信号を2分配してディスプレイに出力するスプリッター【メーカ…などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
ラトックプレミア 楽天市場店のトップへ!

王冠
ラトックプレミア 楽天市場店週間ランキング

(7/20 - 7/26)

10
1,980円 送料込
クレジットカード利用可
レビュー1件

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

2016-07-22 12:00

夏が・・・



来ました・・・



前は・・・



かもしれない(笑 って言ってたんですが



来てしまいました・・・








大笑いウィンクびっくりぺろりぽっ手書きハート夏キターーーー!



と、流行る気持ちを押さえ込んでるスタッフYです



今回は



ちょっと商売気を出して(笑



オーディオ分離器「RP-HD2HDA1」の話でもしちゃいましょうグッド



分離器
これがオーディオ分離器「RP-HD2HDA1」だっっ!音符



最近のアンプはHDMIついてんのに
いまさら分離してどうすんの?



とお思いのアナタ!!



まあ、



そーなのよ?



そーなんだけど



お手ごろ価格で分離できる!!って言うのがロマンですよ!猫



しかも!



光デジタル出力のモードがAAC 5.1chに対応してる! ←コレグッド



巷には以外に少ないんです失敗



安価なやつではね!



たとえば



デジタル放送で映画をやってたとします



デジタル放送の音声はAACで放送されるのですがビデオ



これ



レコーダーによっては、録画したときに音声を思い切り圧縮するケースがありほえーショック




それが嫌な方はAACのまま録画したりしています失敗DVD



でも



分離器が対応していないと



せっかくの録画が台無し・・・



なので



地味に



AAC対応はうれしかったりするわけです



地味だけどイイ感じなんです(笑



でも



以前ウチのてんちょーも言ってましたが



「テレビから直接でもいいぢゃん!」←それな



その通りなんですよ?



その通りなんですけど



PCスピーカーでも何でもいいから




ちょっと良くなるか試してみたいのがロマンですよ!



と言う感じな商品ですが



仕事はきっちりしてくれるので安心してください。

モードHDMIパススルー
TVモード
光デジタル
Bitstreamモード
アナログRCA
2chモード
対応
オーディオ
フォーマット
PCM Stereo
PCM Multi
AC-3(Dolby 5.1)
AAC 5.1
DTS 5.1
DTS-HD
MLP(Dolby True HD)
PCM Stereo
AC-3(Dolby 5.1)
AAC 5.1
DTS 5.1
PCM Stereo

こんな感じでモードによっていろいろ音声が通過できます



以前のホームシアターセットを活用したい!



などでお困りの方におすすめですグッド




せっかくの夏だし!晴れ



超絶ホラーなんかをショックしょんぼり
※グロではなくサスペンス的なやつね



迫力のサウンドで楽しむのもいいかもしれませんスマイル



PS3のころに出てたSIEのサウンドバーが今頃になって欲しくなっている
スタッフYでした目がハートあっかんべーウィンク





本日ご紹介させていただいた商品はコチラです
音声分離器(AAC対応)
HDMIオーディオ分離器「RP-HD2HDA1」

2016-07-21 12:23

昨週末、オーディオ業界最大級のイベント、e☆イヤホン主催「ポータブルオーディオフェスティバル」が
ヴェルサール秋葉原で開催されました。2日間の来場者数は圧巻の5万5千人!!当社も勿論参加ました。
イベント開催時の模様を撮影しましたのでご覧ください。

画像1.jpeg
まずは1Fフロア、入り口からスタートです。

画像2.jpeg
e☆イヤホン ポタフェス支店の様子。今回も大盛況でした。

画像3.jpeg
SENNHEISERブースの様子です。

画像4.jpeg
イベント会場です。

画像5.jpeg
Skullcandyブースの様子。

画像6.jpeg

画像7.jpeg
地下1Fの様子です。当社もこのフロアに出展しました。

当社ブースの内容はこちら。
画像8.jpeg
リッピングケースにPioneer BDR-S09J-Xを内蔵して展示しました。

画像9.jpeg
パソコン+USB-DAC+アクティブスピーカーでデスクトップオーディオを提案。

画像10.jpeg
新製品RAL-DSDHA5と当店特別限定モデルRP-DSDHA5。

画像11.jpeg
当社ブースの展示内容です。

続いて2F会場の様子です。
画像12.jpeg
サトレックスブース。当店でも取扱の新製品やコンセプトモデルが展示されていました。

画像13.jpeg
OYAIDEブース。

画像14.jpeg
AKシリーズがズラリと展示されたアユートブース。

画像15.jpeg
当店スタッフ“Y”のブログでも紹介した茶楽音人SpinFitが展示されていました。
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ratoc/diary/detail/201606230001/

今回のイベントも当社ブースにはたくさんの方にご訪問いただきました。
ご来場、ありがとうございました!!

以上、スタッフ“O”でした。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2016年
2015年
2014年

ケータイで見る

URLをケータイに送信