【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2017-01-22 18:30


使いだしたら止まらない!楽しいファズです!

クラシックな60sファズサウンドと独創的発振サウンドを切替えて使える、正統派発振ファズが新しくなりました!
Moody Sounds Zeygot Fuzzは、轟音ファズから超個性的オシレーションファズまで、強力なサウンドを出力する独創的なファズペダルです。

Zeygot Fuzzのファズトーンは、オールドスクールなトーンです。そこに多彩なノイズを重ねます。ファズサウンドの世界に、光学式センサーで新しいサウンドを吹き込みます。

Zeygot Fuzzの回路はトラディショナルなファズフェイスを発展させています。音を歪ませ、サステインを伸ばし、強力なギターサウンドを作る、それだけです。そして、エフェクトの入出力を接続する。するとペダルは自己発振を始めます。これが、多くのファズペダルとZeygot Fuzzの違いです。

Noiseノブを最小に設定すれば、トラディショナルなファズペダルとして使うことができます。
そして、Noiseノブを少しでも動かせば、新しい音が生み出されます。光学式センサーが有効になり、フィードバックが回路内で生まれます。フィードバックが少ないと、少し音量が上がります。フィードバックが多くなると、より高い音量とハーモニクスが生まれます。Noiseノブを上げると、フィードバックがさらに強調されます。そして、右下の光学式センサーを覆ったりすることでハーモニクスをコントロールできます。センサーを完全に覆えば、ペダルはトラディショナルな60sファズサウンドに戻ります。センサーに光が入ると、ハーモニクスとサステインが加わります。リードトーンにさらなる表現力を加えたり、ノイジーなタッチを加えることができます。
Zeygot Fuzzのアイディアは、少し前に生まれました。初めはトグルスイッチで轟音ファズとノイズファズを切替える形式でしたが、実際にプレイしてみると操作性があまりよくありませんでした。
次のバージョンで、モメンタリースイッチを採用しました。操作性は格段に良くなりましたが、モメンタリースイッチのON/OFFでの音色の変化があまりにも極端すぎました。
そこで、VTL5C4フォトカプラを使うことで、ノイズの増減をゆるやかにし、不自然なサウンドになることを防ぎました。2フットスイッチの仕様は面白いものでしたが、スイッチにより音量が顕著に変わるため、Moody Soundsでは光学式センサーを採用し、スイッチの中間的な音を作れるようにしました。

Zeygot Fuzzは、ギターシグナルを多大に増幅します。ご使用の際、コントロールノブを最小にし、音を聞きながら徐々に調整してください。

Zeygot Fuzzは、スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。
スウェーデンにて手作業で、情熱を持って制作されています。


Powerコネクタ:2.1mm センターマイナス
駆動電圧:7~18 VDC
消費電流:3mA @9V
重量:250g
サイズ:125×75×57m



これが光学センサー!自由自在なオシレーションを!

ただいま即納可能!

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-01-21 18:50


エレキベースの音として誰もがイメージするサウンド。
指弾きでリズムを刻む時には余計な飾り気がなく、素直で濁ること無く、芯の通った音がボトムエンドを支え、楽曲全体の方向性を明確に示します。強くピッキングをすれば、エッジの立ったアタックが加わり、バンドに迫力と勢いを加えます。そしてスラップでは弦がはじけるような存在感と共に、厚みのあるサステインがベーストーンに彩りを加えます。

“渋いプレイ”には渋く、“迫力のプレイ”にはスピードとパンチで応えるベースアンプのクラシック。どんなジャンルにも対応できる許容性の広さと懐の深さを持ちながら、真空管アンプならではのなんとも言えない色気を持ったヴィンテージベースアンプの金字塔。

One Control Sonic Silver Pegが目指すのは、全てのベーストーンの基本となることの出来るベースAIABペダルです。1970年代にアンペグ社が発売した100W出力の真空管アンプ“V4”のサウンドをキャプチャします。

1969年以降、エレキベースのサウンドは変わりました。なぜなら、“SVT”が世に出たからです。伝説として語られる“SVT”アンプは、まさにベースアンプの革命でした。
“知る限り、SVTは、ベースギターの基本音よりも高い共振周波数を持つスピーカーキャビネットを採用した初めてのベースアンプだ。300Wという大出力に加え、キャビネットも含めた特性こそがSVTのあのラウドかつ伸びるサウンドを実現している。”これはSonic Silver Pegの開発者、BJFの言葉です。

SVTの実質的な後継機種とも言えるVシリーズにも同様の特性があり、Vシリーズの8"×10キャビネットも、やはりベースギターの基本音よりも高い共振周波数を持つことで低歪みかつ驚異的なパワーを実現していました。

Sonic Silver Pegでは、回路内の早い段階にVolumeコントロールを設置することで、伝説のアンプが持つパワーを再現することに成功しました。

さらに、Sonic Silver Pegにはオリジナル同様、800Hzを中心に±15dBのブースト/カットを実現したアクティブMidノブを搭載しています。加えてToneノブにより300Hz~10kHzをスウィープできるローパスフィルターをコントロール可能。

そして、0dB/-15dBスイッチにより、オリジナルにある2つのインプットのサウンドの切替えも可能。クリーンで職人技のようなベーストーンから、真空管が爆発しそうな飽和感に溢れたオーバードライブトーンまで、伝説のトーンを余すこと無く小さな筐体に詰め込みました。

トラディショナルなスタイルのベースプレイであれば、そのほぼ全てをこのペダル1台でカバーできます。

クリーンセッティングでは低出力のパッシブシングルコイルをブーストしたり、ムスタングベースでパンチのあるトーンを作り、アクティブピックアップにはよりパンチときらびやかさを加えたトーンへと昇華させます。
ピエゾピックアップの基本音もカバーし、そのままパワーアンプをドライブできるまで増幅することも可能。5弦や6弦のような多弦ベースの周波数も出力できます。

十分な出力レベルがあるため、ミキサーなどに直接出力することも可能です。

最も普遍的であり、かつベーシストが渇望するあのトーン。それをSonic Silver Pegは実現したのです。


●特徴
・伝説のベースアンプ、“V4”のサウンドを再現したベースAIAB
・クリーントーンからドライブトーンまでをカバー
・オリジナルアンプのインプット端子を切り替えるように使える0/-15スイッチ
・アクティブMIDコントロール
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 1M
アウトプットインピーダンス : 20K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2mA
S/N比 : -90dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

Sonic Silver Peg(SSP)はどんなベースセットアップでもトラディショナルなベーストーンが得られる。これは大きな資産となるだろう。エフェクティブなセッティングも、モダンベースアンプに新たなコントロールとフィルタリングでクラシカルな息吹を吹き込むこともできる。
───Bjorn Juhl

ただいまご予約受付中!

2017-01-20 19:03


なんと、あのエイドリアン・ブリューがAmptweaker TightFuzz Proを使用中です!

>>
TightFuzz Proは知る限り最もヴァーサタイルなエフェクトの1つだ。私のリードトーンをすぐに出すことができるし、さらに調整すれば全く違った音を作ることもできる。
堅牢で強力なビーストだ!
───Adrian Belew
<<




圧倒的な機能性と高いサウンドクオリティで絶大な人気のAmptweaker Proシリーズに、TightFuzzが仲間入りしました!
TightFuzzは、それ自体が、ファズペダルとしては異色の高機能を備えていましたが、それらを網羅しつつさらなる操作性を高めたのがTightFuzz Proです。

TightFuzz Proはゲルマニウム/シリコンスイッチやスムースエッジスイッチ、60s/70sトーンスイッチに加え、3バンドEQで全体の音色バランスを自在にコントロールし、AmptweakerならではのTightコントロールでローエンドやファズアタックの調整も可能です。オートバイアス機能により、ゲインセッティングに合わせた最適なサウンドを常に作ることができます。

TightFuzz Proと多くの“リイシュー”ファズの違いは、ファズ回路の前にTightコントロールがあることです。これにより、ファズ回路の前段にバッファを通ります。多くのファズ回路は、特にワウやオーバードライブなどのローアウトプットインピーダンスのシグナルを接続したり、アクティブピックアップのギターを接続するとインプット整合が取れず、最適な音色を出せないことがあります。TightFuzz Proではここに最適なバッファを通すことにより、インプットインピーダンスを考えること無く、常に最適な動作をさせることができます。

TightFuzz Proを使用する時、まずは下図のように設定してみてください。





多くの“ブースト付ファズペダル”とは違い、TightFuzz Proは2つのブーストを内蔵しています。1つはプリブースト、もう1つがポストブーストです。ゲインブーストもボリュームブーストも自由自在で、リードパートでのトーンを完璧に作ることができます。Boost VolumeとBoost Gainノブでコントロールできるこのブーストは、音量を下げる設定も可能なため、ゲインを強くブーストしながらブーストON/OFFで音量のバランスをコントロールできます。さらにOctaveスイッチにより、ブースト時にオクターブアップを加え、リードトーンをサイケデリックに彩ることができます。内部トリムポットにより、オクターブの強さを調整することもできます。

TightFuzz ProのSmooth Edgeスイッチは、暖かなトーンを作るためハイエンドのざらつきをカットすることができます。Highコントロールと組み合わせることで音色の“暖かさ”を自由にコントロールできます。
内部のMore Fuzzスイッチで低出力ピックアップでファズが物足りない時に、より強くファズをかけることができます。
また、新しい“Cleaner”ノイズゲートを搭載。余計な歪みを加えること無くノイズを低減できます。

TightFuzz ProにはAmptweakerペダルでおなじみのエフェクトループも搭載。他のProシリーズ同様、3つのエフェクトループでフレキシブルな運用が可能です。搭載されるのはエフェクトのON/OFFに連動するユニバーサルループ、BoostのON/OFFに連動するブーストループ、そしてエフェクトOFF時にのみONにするSideTrakループです。






例えば、クリーントーン時にコンプレッサーやコーラス等をかけたり、他の歪みペダルとTightFuzz Proを1発で切り替えたい場合、SideTrakループに接続します。ビルトインABボックスのように使えば、エフェクトのOFF時とON時でアンプを分けることもできます。
エフェクトON時とブースト時に有効になるユニバーサルループとブーストループは、内部の切り替えスイッチによりエフェクト回路のプリ(前段)、またはポスト(後段)のどちらに設置するかを個別に切り替えられます。

TightFuzz Proはアダプタだけでなく電池駆動時にも18V駆動を実現。内部に2つの電池を入れることが出来、また内部の切り替えスイッチで駆動電圧の選択が可能です。電池ボックスはマグネット式なので、開閉時に工具は必要ありません。アダプタ駆動時は9V(EPA-2000推奨)、または18V(RPA-1000推奨)での駆動に対応します。9Vと18V駆動は、まるで50Wと100Wアンプのような違いとなります。アダプタ駆動時にはLEDが常にノブを照らし、セッティングがひと目で分かります。また、ずらりと並ぶノブの背後には電源スイッチがあり、電池を入れたままボードに組み込んでいても、電池の消費を抑えることができます。

●特徴
・ブーストフットスイッチに連動する2つのブーストノブを装備
・ブースト時にオクターブアップをブレンドできるOctaveスイッチ
・Smooth Edgeスイッチを備えた3バンドEQ搭載
・60s/70s Toneスイッチ、ゲルマニウム/シリコントランジスタ切替スイッチ搭載
・ゲインセッティングに合わせ、常に最適なサウンドに調整されるオートバイアス
・ユニバーサル、ブースト、SideTrakの3つのエフェクトループを搭載
・調整用内部トリムポットを持つNoise Gateスイッチ
・LEDを使ったノブ用の照明を搭載(アダプター使用時)
・DCアダプタージャックはスタンダードなセンターマイナスの2.1mm X 5.5mm
・バッテリーディスコネクトスイッチ
・センターマイナス DCアダプタジャック搭載(9~18V駆動に対応)
・道具を一切使わずに電池交換可能
・2つのバッテリーボックスを備え、電池だけで18V駆動も可能
・14ゲージスティールシャシー
・アメリカにてハンドメイド
・インプットインピーダンス:240k Ohm (Effect On)
・アウトプットインピーダンス:1k Ohm (Effect On)
・22mA current consumption(電池使用時)
・24mA current consumption(9Vアダプタ使用時)
・28mA current consumption(18Vアダプタ使用時)
・サイズ: 143(W) x 127(D) x 54(H) mm
・Handmade in the USA


ただいま即納可能!

2017-01-19 18:28


ヴィンテージプレキシマーシャルから現代的なブリティッシュハイゲインまでをカバーするマーシャルペダル、それがMenatone The Kingです。


JTM45のブルース、プレキシクランチ、そしてフルアップでモダンハイゲインまで…全てがここにある。

Menatone The King。メナトーンが愛してやまないブリティッシュアンプサウンドを作る、全く新しいデザインのペダルです。
ローゲインではクリーンからJTM45のブルージートーンに、ミドルゲインでは美しく魅力的なプレキシクランチへ、そしてさらにゲインを上げれば激しく、ウェットなモダントーンに。
音を聞けばこの新しいブリティッシュトーンの具現化が、まさに“King”であることを証明できるでしょう。


●コントロール
LEVEL:音量を調整します。
DRIVE:歪みのキャラクターを調整します。低く設定すれば60s、中央付近で70s、さらに上げればモダンなトーンになります。
GAIN:全体のゲインを調整します。
HI:高域の出方を調整します。
MID:中域の出方を調整します。0~5の設定で一般的なアンプのMid EQ、それを超えればEQバイパストーンになります。
LO:低域の出方を調整します。

内部スイッチ
VINT/MODスイッチで、ヴィンテージ、モダントーンを切替えます。

内部トリムポット
MODトリムポットで60s~70sへとサウンドのヴォイシングを調整できます。VINT/MODスイッチと組み合わせることで60s、70sだけでなく90s~モダンハイゲインサウンドを作ることもできます。

●電源
9Vバッテリー、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。アダプターは200mAを超えないタイプを推奨します。


ワンコントロールのプレキシAIAB、Purple Plexifierと比較してみました。
内部トリムポットやスイッチがデフォルト、Purple Plexifierのトリムポットもデフォルトだと、そのサウンドは驚くほど似ています。
プレキシをまとめて1台で作るというコンセプトは近いということもあって、サウンドの特性は近いです。一般的な“近い”を超え、ほぼ同じ音を作ることが出来るほど。BJFとMenatone、両者が描いた景色は同じだったのかもしれません。
そして、Purple Plexifierは驚異的に幅広く音を作ることの出来るペダルですが、Menatone The Kingはそれを凌駕するサウンドレンジです。
コントロールノブの数がそもそも違うので、3バンドEQなども含め、細かな調整が出来るのはもちろん、内部のスイッチとトリムポットを合わせればさらにモダンマーシャル、モダンハイゲインまでもカバーするほどです。
逆にPurple Plexifierはシンプルなコントロールとミニサイズ筐体でこのサウンドレンジを実現。プレキシのみであればほぼ同格のクオリティとも言えます。

多数のコントロールと圧倒的な幅広さを備えたThe King、シンプルコントロールとミニサイズでも驚異的なサウンドレンジのPurple Plexifier。どちらも現在最上級のプレキシ系ペダルです!

ただいま即納可能!

2017-01-18 18:25


ヴィンテージアメリカンサウンド。カラッとして温かで美しいトーン。フェンダーのヴィンテージアンプはどれも魅力に溢れています。
最も有名なフェンダートーンといえば、あの澄んで乾いたトーン。それはブラックフェイス期のアンプです。次に有名なのが、ダーティで温か、かつ“いなたい”と呼ばれるあのトーン。ベースマンなどでも人気のツイードアンプでしょう。
ブロンドと呼ばれるフェンダーアンプは、その中間期に作られたものとなります。ごく僅かな期間しか制作されませんでしたが、独特のルックス、そしてそのサウンドは高く評価されています。


“トゥワンギー”で美しいアメリカントーン。

これぞアメリカンサウンド!The Dirty Bは1960年代初頭に作られた“ブロンドアンプ”のトーンをベースとしたペダルです。ボトムエンドが丸く、トップは甘くトゥワンギー。その美しい女王に、誰もが注目することでしょう。
しかし、一度ゲインをプッシュすると、その女王は圧倒的なミッドレンジのパンチと轟音を伴い、荒れ狂う“B”へと姿を変えます。
ダーティなブロンドはカントリー、ブルース、ロカビリーなど、ウッディなキックが必要なルーツスタイルの楽曲に最適です。


●コントロール
Vol:音量を調整します。大音量に設定することもできます。
Gain:歪みの強さを調整します。
Soul:歪みのコンプレッションを調整します。高くすると飽和感のあるサウンドになります。
Treb:高域を中心に音色を調整します。
Mid:中域のブースト/カットを調整します。12時を超えるとブルージーなトーンになります。
Bass:低域の音色を調整します。

●電源
9Vバッテリー、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。アダプターは200mAを超えないタイプを推奨します。


ブラックフェイスAIAB、Sonic Blue Twangerとくらべてみました。
SBTのクリアなフェンダートーンはさすが。対してDirty Bは明らかに音が暖かいんですが、間違いなくこちらもフェンダートーン。違う音なのにどこかに同じ匂いを感じます。SBTのLeadモードに近い音色ですが、やはりSBTはどこか新しく、Dirty Bはもっと古い音。音色は細かく調整できますが、同じ匂い、同じ道にいるはずなのに交わることのない2台のペダルサウンドを楽しむことができます。
Menatone The Dirty B。こちらも間違いなく天才が制作した本気のフェンダーAIABです。

即納可能です!

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム