【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2016-07-29 18:31


高いゲインにまでも対応する強いサウンド。人気のAmptweakerから、コンパクトなベース用ペダルが間もなく入荷します!

●JRシリーズ
Amptweaker JRシリーズは、アンプトゥイーカーのハイクオリティなサウンドを小さなペダルで作って欲しいという多数のご要望をいただいて誕生したシリーズです。
Amptweakerのスタンダードなモデルの機能を出来る限り継承し、さらに多機能なProシリーズの経験も取り入れて完成しました。

エフェクトループやコントロールノブを照らすLED、電源スイッチなどの機能を削減していますが、音色に関する機能はこのサイズながら出来る限り集約して搭載しています。

特にローエンドの出方を切り替えるTightスイッチと、EQ全体を制御するEQスイッチはどちらも3つのモードを搭載。ノーマルモードと2つのモードを選択できることで、好みや機材に合わせたセッティングを実現しています。

多くのコンパクトエフェクターと同等のサイズですが、筐体はAmptweakerオリジナル。フットスイッチ操作がしやすく、ステージ上でノブを間違えて踏んでしまうことを出来る限り回避するためのスラント型筐体で、さらにバックパネルはサムスクリュー1本で取り外しができます。つまり、電池交換の際にドライバーなどの工具は不要です。バックパネルの底面はフラットで、面ファスナーの貼付けも簡単です。
さらに、バックパネルにはすのこ型などのペダルボードに結束バンドでペダルを固定する際に使える“タイラップホール”、ペダルボードにペダルをネジ止めする際に使える“スクリューホール”があります。ペダルボードにバックパネルだけを固定して、ペダルだけをサムスクリューで取り外し、電池交換も可能です。
まさにプレイヤーの視点で作られたコンパクトペダルです。

トゥルーバイパススイッチを備え、9V電池と9~18Vアダプターでの駆動に対応。9Vでは50W、18Vでは100Wアンプのようにダイナミクスの違いがあります。


Amptweaker Bass TightDrive JRは、1台でクリーンブーストからローゲインオーバードライブ、クラシックドライブ、ミドルゲインなディストーション、さらにハイゲインディストーションの領域までをカバーできる、Amptweaerを代表するBass TightDriveのサウンドをコンパクトサイズに詰め込んだオーバードライブ/ディストーションペダルです。
ベーシストからの要望に応え、新たにクリーンシグナルをブレンドするDry Lowノブも追加しました。

Volumeを高く、Gainを低く設定すればクリーンブーストが可能です。アンプをプッシュする際にも最適です。EQセッティングを切り替えたり、Toneノブを使って音色をコントロールできます。

2つのスイッチをSmooth、Tightに設定すると、最もミッドが強いサウンドとなります。Plexiモードはミッドを削ります。

音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。

Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。


●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージトーンからモダンハイゲインまでに対応します。
・EQスイッチ:Plexiはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)


ご予約受付中!



Amptweaker Bass TightRock JRは、ブリティッシュヴィンテージプレキシトーンからモダンなハードロック、さらにメタルにまで対応できるハイゲインなディストーションサウンドまでをカバーする人気のオーバードライブ/ディストーションペダルです。ギター用として人気の高いハイゲインディストーションがJRシリーズではベース用としてもラインナップ。メタルとはまた違った、ロックなハイゲインベーストーンです。
ベース用として、新たにクリーンシグナルをブレンドするDry Lowノブも追加しました。ハイゲインでも音の芯を失わないトーンを作ることができます。

クリーンアンプと組み合わせてベースディストーションを作ったり、プリアンプペダルのようにも使えます。Gainを低く、Volumeを高く設定すれば、アンプをオーバードライブさせるブーストとしても有効です。

Plexiモードではミッドをカットし、ハイを強調します。

PAに直結する際などのダークなトーンは、EQをSmoothに設定し、Toneを下げれば作ることができます。

音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。

Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。



●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージロックトーンからモダンなロックにまでに対応します。
・EQスイッチ:Plexiはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)


ご予約受付中!


Amptweaker Bass TightMetal JRは、クラシックなメタルからモダンなハイゲインでヘヴィなトーンまでをカバーするメタルディストーションです。
ベースではもちろん、ギターの帯域もしっかりとカバーできるので、8弦や9弦などの多弦ギターを使用してヘヴィなリフやジェンティなプレイをする際にも効果的。クリーンミックスができるので、芯のあるヘヴィなハイゲイントーンを作ります。

クリーンアンプと組み合わせてハイゲインベースディストーションを作ったり、プリアンプペダルのようにも使えます。アンプをオーバードライブさせるゲインブーストとしても有効です。

Thrashモードではミッドをカットし、ハイを強調します。

PAに直結する際などのダークなトーンは、EQをSmoothに設定し、Toneを下げれば作ることができます。

音量のセッティングの際は、まずVolumeを最小に設定し、Dry Lowをバイパス時と同程度に設定します。その後、Volumeを上げると歪みがミックスされます。

Tightスイッチの設定は、Dry Lowの設定と合わせて使うことでより詳細に音作りが可能です。


●コントロール
・Volume:出力音量を調整するマスターヴォリュームです。ブーストすることもできます。
・Tone:高域の出方を調整します。ハイを強くしたり、ローとバランスを取ることが出来ます。
・Gain:歪みを調整します。ヴィンテージロックトーンからモダンなロックにまでに対応します。
・EQスイッチ:Thrashはミッドをカットしてエッジを加え、Smoothでは暖かなミッドブーストトーンを作ります。
・Tightスイッチ:Tightはアグレッシブなアタックを作り、Fatはより厚く“歌うような”歪みを作ります。
・Noise Gate:高く設定することでハムノイズを強く減衰させます。
・Dry Low:クリーンシグナルをブレンドします。

●特徴
・トゥルーバイパススイッチ
・音色のローエンドを切り替えるTightスイッチ
・シンプルなGain、Volume、Toneコントロール
・サウンド全体の音色を切り替えるEQスイッチ
・調整可能なノイズゲート搭載
・アダプター駆動では9~18Vに対応。
・サムスクリュー1本でバックパネルを取り外し可能

●スペシフィケーション
インプットインピーダンス:250kΩ(エフェクトON時)
アウトプットインピーダンス:1KΩ(エフェクトON時)
消費電流:13mA(9V)、17mA(18V)
アダプター:5.5mm×2.1mmのセンターマイナスDC9V~DC18V
ハウジング:2mm厚のアルミニウムを使用し、高耐久、軽量を両立
重量:255g
サイズ:6.8cm(W)×11.8cm(D)×5.0cm(H)

ご予約受付中!


このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016-07-28 18:25


エフェクターに真空管を。これまで大手から小さなブランドまで、多くの試みが行われてきました。高い評価を得て伝説となったペダルもあれば、真空管である意味が無いと言われることもあるペダルもありました。最近ではエフェクターに真空管が使用される例はほとんどなくなってきています。

真空管というパーツの魔力。たしかにこのレトロで美しいパーツはインパクトがあります。それ故に、デザイン的な意味で使用されたのではないかと考えられることもあります。また、昨今のエフェクターのコンパクト化の流れからも、この大柄なパーツは使われることが少なくなっている、そんな風に感じていました。

Triode Pedals Neptuneは、真空管回路を搭載するトレモロペダルです。
ゆっくりとした深いパルスから柔らかできらびやかなトレモロまでを作ります。
Neptuneは真空管をドライブさせ、シグナルのハーモニクスを付加することができます。多くのコンパクトトレモロペダルとは違った、ユニークなサウンドが特徴です。
●コントロール
Swell:トレモロの深さを調整します。
Tide:トレモロのスピードを調整します。
Crest:全体の音量を調整します。基本的に最大付近で使用します。
Space:波形を切替えます。
Time:Tideノブの可変範囲を切替えます。

NeptuneはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。


エフェクトをONにすると、内部LEDが真空管を照らします。また、別カラーのLEDが点滅し、トレモロスピードを視覚的に表示します。
コンパクトなペダルから突き出た真空管と、それを守るガード。まさに強力なインパクトのペダルです。しかし、このペダルの真空管は、飾りではありません。


全てを手作業で制作しています。真空管はソケットを使用しています。ご覧のとおり、ユニバーサル基板と空中配線を駆使した作り。これだけの手間をかけても真空管を使用する意味があるのです。

実際に音を出せば、その意味がわかります。
トレモロペダルとしてはスタンダードなスタイルで、スピードレンジや波形の切り替えスイッチはあるものの、それほど珍しい揺れ方をするペダルではありません。しかし、その音色は圧巻です。
音全体が暖かく丸みを帯びながら、立体的で浮かびがるような存在感を放ちます。
スピードや揺れの深さを最小に設定すれば、真空管回路の作る美しい音色を堪能することもできます。軽いブースト設定もできます。トレモロエフェクトのクリーンブースト機能はオマケのような要素だと思われるかもしれませんが、このペダルは違います。
このペダルをONにする。それだけで大いなる意味が生まれるペダルです。もちろんトレモロエフェクトとしても優秀。立体的なトーンにトレモロをかければ、幽玄で美しいトーンが手に入ります。



今なら即納可能!

2016-07-27 18:15


数々の名ペダルを制作した伝説のブランドの1つ、Frantone。活動を再開したPeach Fuzzに続き、フラントーンらしいペダルが復活決定!
女性から見てもかわいらしいギターペダル。Frantone Cream Puffは、そのコンセプトを実現し、実際に高い評価を得た最初のエフェクターの1つです。
Frantoneを主宰する女性ビルダー、フラン女史だからこそできた偉業と言えるでしょう。
Frantone Cream Puffは、ただかわいいだけのペダルではありません。強いハイゲインファズ、ドライブを持つ、豊かなハーモニクスのファズペダルです。Fluff(ゲイン)とTone設定で音色も自在にコントロールできます。

・全てのCream PuffはUSAにてハンドメイド
・タフなアルミニウムケース
・ピンクエナメルフィニッシュ
・トゥルーバイパススイッチ
・ピンクインジケータLED
・スイッチクラフトジャック
・ホワイトレトロノブ
・ハンドマウンテッドPCB
・外部アダプタージャック

全てのFrantoneペダルはトゥルーバイパススイッチを採用しています。LEDがOFFの時、インプットシグナルはそのままアウトプットされます。
INジャックは電源を兼ねているので、電池の消耗を抑えるため、使用しない時にはインプットジャックを抜いておいてください。
Frantoneのペダルにはオートマチックローパワーセンサーを搭載しています。電池の電圧が下がると自動的にバイパスされるため、万一演奏中に電池が切れてしまっても音が途切れることはありません。
また、外部アダプタージャックを搭載していて、スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターを使用して電源を供給できます。


ご予約受付中!

2016-07-27 11:05

こんにちは!エフェクター専門店 ナインボルトです。

当店の今週(7/20 - 7/26)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はVivie OwlMighty
他にも3位にはBJFE HBOD/DRD Special Combo Custom デザイン1【即納可能】【福袋対象商品】
10位にはYAMAHA THR-10Cなどもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
エフェクター専門店 ナインボルトのトップへ!

王冠
エフェクター専門店 ナインボルト週間ランキング

(7/20 - 7/26)

1位
23,800円 送料別
クレジットカード利用可
8
32,184円 送料込
クレジットカード利用可
レビュー1件
10
29,423円 送料別
クレジットカード利用可

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

2016-07-26 18:52


久しぶりに、Zt Amp Lunchboxが入荷!即納可能となりました!革新的な小型200Wアンプ!
持ち運べる大出力アンプです!

数々のデザイン技術に関する賞を獲得した Ken Kantor氏 によって開発されたこのアンプの発売は、まさに今までの業界を震撼させる事件としてギターアンプ史に刻まれました。
そのサウンド、コンセプトはもはや単なる開発という言葉にとどまらず、発明’という言葉を用いた方が適当なのかもしれません。

ZT AmpのLunchBoxは、これまでの「ミニアンプ」の概念を完全に覆しました。
これまでミニアンプといえば、小さくて軽いだけが取り柄で、実際に使うとなると音量が小さすぎたり、癖が強すぎたりすることも少なくはありませんでした。
また、最近はオールチューブの小型アンプも発売されていて、確かにヴィンテージアンプに近い音色を備えていますが、それらは構造上どうしても10kg近い重さになってしまい、また真空管の特性ゆえに、音量の調整も不器用なものが多いです。

しかし、LunchBoxは鞄に入れて持ち運べるほど小型で、重量も5kg未満に抑えられているにもかかわらず、最大200Wの出力で、大きなステージや、野外ステージでさえも十分に使うことができます。しかもその音色は並み居る名アンプにもひけをとらない、すばらしいヴィンテージサウンドを実現しており、それはZZ TOPのビリー・ギボンズやエコー&ザ・バニーメン、Mogwai、Sonic Youthのサーストン・ムーア/リー・ラナルドなどの著名アーティストが実際にレコーディングやギグで使用していることでも証明されています。

しかも、アンプの回路には扱いにくい真空管を使っていないので、ただラウドなだけでなく部屋の中でも使える音量に絞ることも簡単で、発熱の心配もありませんので、200W出力のコンボアンプでありながら完全なクローズドバックキャビネットを実現しました。
スピーカーサイズは6.5インチですが、エクスターナルキャビネットアウトプットを搭載しているので、アンプヘッドとして使うことも可能です。パワーアンプは最もギターアンプらしく、効率的なクラスAB回路を採用しました。
Aux INやヘッドフォンアウト、ラインアウト端子、また簡単にスピーカーからの音をミュートできる機構も備えているため、練習用アンプとして、レコーディング用に、もちろんライブにもLunchBox一つあれば対応できます。
そればかりか、ギターのみならず、ヴォーカルなどにも使うことができ、野外やストリートライブでのPAから接続するスピーカーやモニターアンプとしても機能します。
この、ZT Amp LunchBoxこそ最高のプレイヤーズアンプなのです。

Specification
クラスAB200Wアウトプット(最大値)
大出力カスタム6.5インチスピーカー、完全密閉筐体
ピュアアナログなラインアウト端子
超低レイテンシー基板設計
ヴィンテージスタイルのサウンド
Volume、Gain、Tone、Anbienceコントロール
Aux In、Line/Phone Output
スピーカーミュートスイッチ
7.3" x 9.8" x 4.4" / 185mm x 250mm x 112mm
※Anvienceコントロールは、オープンバックキャビネットアンプのもつ独特の「リフレクション」を音色に加えるものです。



ただいま即納可能!

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム