【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

2016-09-29 18:21


ギターに取り付けて半永久的にサステインを得られる伝説のギズモトロン。今の技術で甦った伝説のGuitar Gizmotron 2.0が、本国での価格変更に伴い、少しお求めやすくなりました。
Gizmotron 2.0(特許出願中)は、無限に続くサステイン、オーガニックなヴァイオリントーン、そして新たな和音のアレンジやコードを実現します。Gizmotron 2.0は完全に機械的なデバイスです。つまり、ギターサウンドそのものに影響を与えることは無く、シグナルを加工することもありません。

「ギズモトロン」、その変わった機器は、1970年代半ば、10ccのロル・クレームとケヴィン・ゴドレイによって発明されました。ギターのサステインを無限に伸ばし、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロのような音を作る、革命的な機器でした。

数年に渡る開発と投資の後、コマーシャルバージョンが制作されます。Musitronics社を前身とするGizmo社がライセンスを取得し、1979年には一般的に販売されました。
しかし、オリジナルのGizmotronは信頼性の低い設計、製造上の問題などにより長続きすることなく、最初のギズモトロンは失敗に終わってしまいます。現在、オリジナルのギズモトロンはその殆どが残っていません。

2004年、長いこと忘れられていたこのデバイスに、アーロン・キプネスは注目しました。アーロンは、伝説のホフナークラビネットのレストアパーツを開発、製造しています。
そしてアーロンはオリジナルGizmotronの調査を開始。10年に渡りオリジナルGizmotronを収集し、それらを管理しています。

2013年、アーロンはオリジナルGizmotronの研究、および復元を行うためのチームを立ち上げます。そして、現代の技術や素材、製法を用いて、Gizmotronの改良版を設計しました。

オリジナルGizmotronの技術を出来る限り使いながら、アーロンとエンジニアチームはオリジナルにあった設計上の問題を解決しました。
さらに複数の技術革新により、サウンドや機能性、信頼性を大幅に向上させました。完成したGizmotron 2.0は、今新たに、ギターとベースプレイヤーに、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロのような音を作る機会を実現しました。



弦ごとに備えられたホイールを弦に接触させることで弦振動を永続させます。音を永続させたい弦のキーを押すことで、必要な弦の音だけを出すことが出来ます。また、ピッキングと併せて使用することも出来ます。
回転するホイールの圧力を変えることでセンシティブにプレイングのニュアンスを表現でき、さらに音色のトーン、アタック、サステインを1音ごとやコードごとに制御することができます。
・楽器を改造したり、特殊なピックアップ、MIDIインターフェイス、モバイルアプリなどは全て不要。シグナルチェーンにも干渉しません。
・ほとんどのエレキギター、エレキベース(5弦ベースを含む)に対応。ギター用はGuitar Gizmotron 2.0、ベース用はBass Gizmotron 2.0を使用します。
・100%機械的な構造で、リッチでオーガニックなヴァイオリンやチェロのようなトーンを実現
・Gizmotron 2.0の音量やトーンを調整できるSpeedコントロールノブ
・3つのマウンティングパッドを使用し、簡単に取りはずし/取り付けの出来る、ユニバーサルクイックリリースマウンティングシステム
・USB端子からの電源で駆動(USBケーブルとACアダプター付属)
・耐衝撃ABS、ハイクオリティDCモーター、スイス製高精度ドライブシャフト、静音に優れたロングライフボールベアリングによる高耐久性、堅牢な構造
・取り付けに必要なドライバ等の工具は全て付属

●サイズ
長さ:6.3” (160 mm)
高さ:1.6” (41 mm)
幅:3.0” (75 mm)
重さ:9 oz (0.25 kg)




●FAQ
・Gizmotron 2.0は電子的なサステイナーですか?
A:いいえ、違います。Gizmotron 2.0は、プレイヤーがキーを押すことで、対応する弦にだけホイールが触れ、音を伸ばすことができます。複数の弦を同時に鳴らしてコードを伸ばしたり、弦1本だけを鳴らして個性的なリードを作ることができます。
さらに、ホイールを押す圧力を変えることで、様々なハーモニクスを加える事もできます。また、ヴィブラートやベンディング(チョーキング)も可能です。Gizmotron 2.0のSpeedコントロールでトーンを可変することもできます。

・Gizmotron 2.0を付けたまま、通常のギタープレイはできますか?
A:可能です。Gizmotron 2.0を取り付けたまま、ギター/ベースでのピッキングやスラッピング、フィンガリングなどはそのまま行えます。ピッキングを行いながら、他の弦の音を伸ばし続けることも可能です。ブリッジ部にGizmotron 2.0を取り付けるため、パームミュート(ブリッジミュート)奏法は難しくなります。

・ギター用のGuitar Gizmotron 2.0とベース用のBass Gizmotron 2.0の違いは?
ギター用は6つ、ベース用は5つのホイールがあり、6弦のギター、5弦までのベースに対応します。また、ギター用のホイールはギター弦に、ベース用のホイールはベース弦に合わせたものが取り付けられています。

・Gizmotron 2.0はどんなギターやベースにも使えますか?
A:Gizmotron 2.0のユニバーサルマウンティングシステムは多くのエレキギターやベースに対応します。あまりにも特殊な形状のギター/ベースの場合は取り付けられない場合もありますが、一般的なスタイルのモデルであれば取り付け可能です。

・Gizmotron 2.0はどのように取り付けますか?
A:Gizmotron 2.0のマウンティングシステムは、3つの薄いマウンティングタブを使用します。このタブにリムーバブルテープを使用してギター/ベースに貼り付けます。リムーバブルテープはギター/ベースにダメージが残らないように設計されています。Gizmotron 2.0は、このタブにロックされており、ロックを解除すれば貼り付けたタブを外すこと無く、Gizmotron 2.0本体だけを取り外すこともできます。

・Gizmotron 2.0のプレイングにテクニックは必要ですか?
A:Gizmotron 2.0のプレイで気をつけることは、キーのタッチです。強い力を加える必要はなく、ライトタッチでプレイしてください。細かな表現を作ることもできます。
例えば、ヴィブラートユニットを適切に操作するような感覚に近い操作感です。

・ホイールの耐久性はどの程度ですか?
A:各ホイールを適切にセットアップすれば、100時間以上のプレイが可能です。ホイールが摩耗すると、丸みを帯びた音色に変わります。ホイールは簡単に交換することが出来ます。

・キーの耐久性はどの程度ですか?
A:キーは20万~30万回のプッシュが可能です。キーもホイール同様、簡単に交換可能です。;

・ホイールを支えるの間にあるスプリングアームの耐久性はどの程度ですか?
A:スプリングアームは板バネを使用してホイールを支えています。破損がない限りご使用いただけますが、間違った方法での取り付けやセットアップを行い、折り目が付いてしまったりすると交換が必要です。取り付けやセットアップは適切に行って下さい。

・ホイールによって弦がすり減ってしまうことはありませんか?
A:Gizmotron 2.0のホイールはソフトでフレキシブルに作られているため、通常のピッキング以上に弦に力が加わることはありません。

・Gizmotron 2.0の電源は?
A:Gizmotron 2.0はUSB A端子から電源を供給します。ケーブルとACアダプターが付属しています。また、Gizmotron 2.0はその他の充電式USBパワーパックなどからも電源供給が可能です。USBパワーパックはスマートフォンの充電用等として一般店にて販売されています(5VDC、500mAで駆動します)。

・Gizmotron 2.0がノイズを発することはありませんか?
A:Gizmotron 2.0には5000rpm程度のモーターを搭載しています。通常は問題ありませんが、一部のピックアップやギターのピックアップセッティング、特性などによってはハムノイズを腱っ出する場合があります。このノイズはハムバッカー等のハムキャンセリングピックアップでカットすることが出来ます。Gizmotron 2.0を取り付ける場合、ハムキャンセリングピックアップの使用を推奨します。

・Gizmotron 2.0はどこで作られていますか?
A:Gizmotron 2.0はアメリカで制作され、1つ1つテスト後に出荷されています。

・Gizmotron LLCは元のマニュファクチャラーと関係がありますか?
A:関係ありませんが、オリジナルモデルの共同開発者、ケヴィン・ゴドレイのフルサポートを得ています。




Gizmotron 2.0は、構成される各部のパーツを変更したり、消耗品を取り替えて使うことが出来ます。また、パーツを交換することでギター用をベース用に変えたり、ベース用をギター用に変えて使うことも出来ます。各パーツ、間もなく入荷します!

Gizmotron 2.0 Guitar to Bass Conversion

Bass Gizmotron 2.0のホイールやハードウェア、キーをセットにしたキットです。
キーを全て取り替えることでGuitar Gizmotron 2.0をBass Gizmotron 2.0に替えることが出来ます。ギター用から・ベース用へのスイッチの際はもちろん、Bass Gizmotron 2.0の予備パーツとしてもお使いいただけます。

内容:Bass Gizmotron 2.0用のキー、ホイール、ハードウェアのコンプリートセット
ご予約受付中!


Gizmotron 2.0 Bass to Guitar Conversion

Guitar Gizmotron 2.0のホイールやハードウェア、キーをセットにしたキットです。
キーを全て取り替えることでBass Gizmotron 2.0をGuitar Gizmotron 2.0に替えることが出来ます。ベース用からギター用へのスイッチの際はもちろん、Guitar Gizmotron 2.0の予備パーツとしてもお使いいただけます。

内容:Guitar Gizmotron 2.0用のキー、ホイール、ハードウェアのコンプリートセット
ご予約受付中!


Gizmotron Guitar Wheel Kit Standard

Guitar Gizmotron 2.0専用に作られた、ギズモトロンの交換用ホイールセットです。ホイールの摩耗が進んで来た時や万が一のための予備として。

内容:ソフトホイール(プレーン弦用)×3、シャープホイール(ワウンド弦用)×3
ご予約受付中!


Gizmotron Bass Wheel Kit Standard

Bass Gizmotron 2.0専用に作られた、ベースギズモトロンの交換用ホイールセットです。ホイールの摩耗が進んで来た時や万が一のための予備として。

内容:ベースホイール×5
ご予約受付中!

Gizmotron 12 Pack Spring Arms

Gizmotron 2.0専用に作られた、ギズモトロンの交換用スプリングアームセットです。
ギター用/ベース用共通で、ホイールを支えるための板バネ部品です。

内容:スプリングアーム×12
ご予約受付中!


Gizmotron 12 Pack Adhesive Tape Strips

Gizmotron 2.0専用に作られた、ギズモトロンをギター/ベースに取り付けるための交換用テープです。
塗装を傷めず、跡を残さずに貼付け/取り外しのできるシールです。何度も取り外しを繰り返すと粘着力が弱まりますので、適度なタイミングで交換して下さい。

内容:アドヒーシヴテープストリップ×12
ご予約受付中!


Gizmotron 2.0 Mounting Pad Kit

Gizmotron 2.0専用に作られた、ギズモトロンをギター/ベースに取り付ける際の足となるマウンティングパッドです。これをギター/ベースに固定しておけば、ネジを緩めるだけで簡単にGizmotronを取り付け/取り外しが出来ます。

複数のギターやベースをご使用の際や、万が一の際の予備パーツとして。

内容:マウンティングパッド(6角ネジ付)×3
※アドヒーシヴテープストリップ(貼付け用シール)は付属していません。
ご予約受付中!


Gizmotron Replacement Guitar Key #1(High E String)

Guitar Gizmotron 2.0の1弦用キーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!

Gizmotron Replacement Guitar Key #2 (B String)

Guitar Gizmotron 2.0の2弦用キーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!


Gizmotron Replacement Guitar&Bass Key #3 (G String)

Guitar Gizmotron 2.0の3弦用キー、およびBass Gizmotron 2.0の全弦に使えるキーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!


Gizmotron Replacement Guitar Key #4 (D String)

Guitar Gizmotron 2.0の4弦用キーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!


Gizmotron Replacement Guitar Key #5 (A String)

Guitar Gizmotron 2.0の5弦用キーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!


Gizmotron Replacement Guitar Key #6 (Low E String)

Guitar Gizmotron 2.0の6弦用キーです。ホイールやハードウェア、ネジは付属していません。
交換用パーツとして、また万が一のための予備として。
ご予約受付中!

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016-09-28 18:29


SGとヴィンテージレイニー、そしてトレブルブースター。そのセッティングは、初期のブラック・サバスサウンドを支え、クラシックなヘヴィメタルやストーナーロックのお手本となった重たく、厚いギターサウンドを作りました。
そんな、アイオミサウンドを今甦らせる。それがCastledine The Wizardです!


The Wizardは、最初期のBlack Sabbathのアルバムで聴くことの出来る、トニー・アイオミのサウンドからインスパイアを得たディストーションペダルです。
トニー・アイオミが、彼の持つアンプに最適に調整、モディファイされたレンジマスターを使用していたことはよく知られている事実です。そこで、The Wizardも同様の手法を用いて彼のサウンドを作るペダルを完成させました。

The Wizardは、内部に2つのゲインステージを備えています。最初のゲインステージは、アイオミがレンジマスターを使ったのと同様に、ゲルマニウムトランジスタを使用し、レンジマスターを元にフルレンジ向けの調整した回路を組み込みました。
続いて後段のゲインステージはディストーション回路で、実際にアイオミが使用したLaney Supergroupアンプのサウンドを再現しています。もちろん、このペダルだけで本物のフルスタックほどの音量は出せませんが、The Wizardはピッキングダイナミクスや歪みのキャラクターを詳細に研究し、オリジナルアンプと同等のサウンドを実現しました。


・トゥルーバイパス
・FR-4グラスエポキシ基板
・センターマイナス9Vアダプタ駆動(One Control EPA-2000推奨)


ペダルを裏返せば、誇り高くMADE IN ENGLANDのステッカーがあります。


裏蓋を開ければ、シンプルなディスクリート回路が顔を出します。良いパーツを使い、丁寧に組み上げられたこの回路はレンジマスターからアンプへ繋がる回路を再現。コレ1台で初期アイオミのセッティングが手に入るというわけです!


今なら即納可能です!

2016-09-28 11:05

こんにちは!エフェクター専門店 ナインボルトです。

当店の今週(9/21 - 9/27)の人気商品ランキングを発表!

1位の商品はVivie OwlMighty
他にも3位にはSTOMPROX OVER DRIVE -BLACK LABEL for Bass- /ベース用オーバードライブ
10位にはDarkglass Electronics Super Symmetry 【即納可能】【Spt27-F】などもランクインしております♪

店内にもオススメ商品がたくさん揃っているので
気になる方は是非チェックしてください!
エフェクター専門店 ナインボルトのトップへ!

王冠
エフェクター専門店 ナインボルト週間ランキング

(9/21 - 9/27)

1位
23,800円 送料別
クレジットカード利用可

※本ランキングは楽天市場ランキングチームが独自にランキング順位を作成しております。
※ランキングデータ集計時点で販売中の商品を紹介していますが、このページをご覧になられた時点で、価格・送料・レビュー情報・あす楽対応の変更や、売り切れとなっている可能性もございますのでご了承ください。

2016-09-27 18:52


甦った伝説、Gizmotron 2.0にクロームカラーが間もなく入荷!
お使いのギターに合わせて調和させたり、より派手に目立たせたりできるクロムメッキ仕様のGizmotronです!

Guitar Gizmotron 2.0は、6弦のギターのために作られたギズモトロンです。

Gizmotron 2.0(特許出願中)は、無限に続くサステイン、オーガニックなヴァイオリントーン、そして新たな和音のアレンジやコードを実現します。Gizmotron 2.0は完全に機械的なデバイスです。つまり、ギターサウンドそのものに影響を与えることは無く、シグナルを加工することもありません。
弦ごとに備えられたホイールを弦に接触させることで弦振動を永続させます。音を永続させたい弦のキーを押すことで、必要な弦の音だけを出すことが出来ます。また、ピッキングと併せて使用することも出来ます。
回転するホイールの圧力を変えることでセンシティブにプレイングのニュアンスを表現でき、さらに音色のトーン、アタック、サステインを1音ごとやコードごとに制御することができます。


●特徴
・楽器を改造したり、特殊なピックアップ、MIDIインターフェイス、モバイルアプリなどは全て不要。シグナルチェーンにも干渉しません。
・ほとんどのエレキギター、エレキベース(5弦ベースを含む)に対応。ギター用はGuitar Gizmotron 2.0、ベース用はBass Gizmotron 2.0を使用します。
・100%機械的な構造で、リッチでオーガニックなヴァイオリンやチェロのようなトーンを実現
・Gizmotron 2.0の音量やトーンを調整できるSpeedコントロールノブ
・3つのマウンティングパッドを使用し、簡単に取りはずし/取り付けの出来る、ユニバーサルクイックリリースマウンティングシステム
・USB端子からの電源で駆動(USBケーブルとACアダプター付属)
・耐衝撃ABS、ハイクオリティDCモーター、スイス製高精度ドライブシャフト、静音に優れたロングライフボールベアリングによる高耐久性、堅牢な構造
・取り付けに必要なドライバ等の工具は全て付属

●サイズ
長さ:6.3” (160 mm)
高さ:1.6” (41 mm)
幅:3.0” (75 mm)
重さ:9 oz (0.25 kg)

●Gizmotronの歴史
「ギズモトロン」、その変わった機器は、1970年代半ば、10ccのロル・クレームとケヴィン・ゴドレイによって発明されました。ギターのサステインを無限に伸ばし、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロのような音を作る、革命的な機器でした。

数年に渡る開発と投資の後、コマーシャルバージョンが制作されます。Musitronics社を前身とするGizmo社がライセンスを取得し、1979年には一般的に販売されました。
しかし、オリジナルのGizmotronは信頼性の低い設計、製造上の問題などにより長続きすることなく、最初のギズモトロンは失敗に終わってしまいます。現在、オリジナルのギズモトロンはその殆どが残っていません。

2004年、長いこと忘れられていたこのデバイスに、アーロン・キプネスは注目しました。アーロンは、伝説のホフナークラビネットのレストアパーツを開発、製造しています。
そしてアーロンはオリジナルGizmotronの調査を開始。10年に渡りオリジナルGizmotronを収集し、それらを管理しています。

2013年、アーロンはオリジナルGizmotronの研究、および復元を行うためのチームを立ち上げます。そして、現代の技術や素材、製法を用いて、Gizmotronの改良版を設計しました。

オリジナルGizmotronの技術を出来る限り使いながら、アーロンとエンジニアチームはオリジナルにあった設計上の問題を解決しました。
さらに複数の技術革新により、サウンドや機能性、信頼性を大幅に向上させました。完成したGizmotron 2.0は、今新たに、ギターとベースプレイヤーに、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロのような音を作る機会を実現しました。


●FAQ
・Gizmotron 2.0は電子的なサステイナーですか?
A:いいえ、違います。Gizmotron 2.0は、プレイヤーがキーを押すことで、対応する弦にだけホイールが触れ、音を伸ばすことができます。複数の弦を同時に鳴らしてコードを伸ばしたり、弦1本だけを鳴らして個性的なリードを作ることができます。
さらに、ホイールを押す圧力を変えることで、様々なハーモニクスを加える事もできます。また、ヴィブラートやベンディング(チョーキング)も可能です。Gizmotron 2.0のSpeedコントロールでトーンを可変することもできます。

・Gizmotron 2.0を付けたまま、通常のギタープレイはできますか?
A:可能です。Gizmotron 2.0を取り付けたまま、ギター/ベースでのピッキングやスラッピング、フィンガリングなどはそのまま行えます。ピッキングを行いながら、他の弦の音を伸ばし続けることも可能です。ブリッジ部にGizmotron 2.0を取り付けるため、パームミュート(ブリッジミュート)奏法は難しくなります。

・ギター用のGuitar Gizmotron 2.0とベース用のBass Gizmotron 2.0の違いは?
ギター用は6つ、ベース用は5つのホイールがあり、6弦のギター、5弦までのベースに対応します。また、ギター用のホイールはギター弦に、ベース用のホイールはベース弦に合わせたものが取り付けられています。

・Gizmotron 2.0はどんなギターやベースにも使えますか?
A:Gizmotron 2.0のユニバーサルマウンティングシステムは多くのエレキギターやベースに対応します。あまりにも特殊な形状のギター/ベースの場合は取り付けられない場合もありますが、一般的なスタイルのモデルであれば取り付け可能です。

・Gizmotron 2.0はどのように取り付けますか?
A:Gizmotron 2.0のマウンティングシステムは、3つの薄いマウンティングタブを使用します。このタブにリムーバブルテープを使用してギター/ベースに貼り付けます。リムーバブルテープはギター/ベースにダメージが残らないように設計されています。Gizmotron 2.0は、このタブにロックされており、ロックを解除すれば貼り付けたタブを外すこと無く、Gizmotron 2.0本体だけを取り外すこともできます。

・Gizmotron 2.0のプレイングにテクニックは必要ですか?
A:Gizmotron 2.0のプレイで気をつけることは、キーのタッチです。強い力を加える必要はなく、ライトタッチでプレイしてください。細かな表現を作ることもできます。
例えば、ヴィブラートユニットを適切に操作するような感覚に近い操作感です。

・ホイールの耐久性はどの程度ですか?
A:各ホイールを適切にセットアップすれば、100時間以上のプレイが可能です。ホイールが摩耗すると、丸みを帯びた音色に変わります。ホイールは簡単に交換することが出来ます。

・キーの耐久性はどの程度ですか?
A:キーは20万~30万回のプッシュが可能です。キーもホイール同様、簡単に交換可能です。;

・ホイールを支えるの間にあるスプリングアームの耐久性はどの程度ですか?
A:スプリングアームは板バネを使用してホイールを支えています。破損がない限りご使用いただけますが、間違った方法での取り付けやセットアップを行い、折り目が付いてしまったりすると交換が必要です。取り付けやセットアップは適切に行って下さい。

・ホイールによって弦がすり減ってしまうことはありませんか?
A:Gizmotron 2.0のホイールはソフトでフレキシブルに作られているため、通常のピッキング以上に弦に力が加わることはありません。

・Gizmotron 2.0の電源は?
A:Gizmotron 2.0はUSB A端子から電源を供給します。ケーブルとACアダプターが付属しています。また、Gizmotron 2.0はその他の充電式USBパワーパックなどからも電源供給が可能です。USBパワーパックはスマートフォンの充電用等として一般店にて販売されています(5VDC、500mAで駆動します)。

・Gizmotron 2.0がノイズを発することはありませんか?
A:Gizmotron 2.0には5000rpm程度のモーターを搭載しています。通常は問題ありませんが、一部のピックアップやギターのピックアップセッティング、特性などによってはハムノイズを腱っ出する場合があります。このノイズはハムバッカー等のハムキャンセリングピックアップでカットすることが出来ます。Gizmotron 2.0を取り付ける場合、ハムキャンセリングピックアップの使用を推奨します。

・Gizmotron 2.0はどこで作られていますか?
A:Gizmotron 2.0はアメリカで制作され、1つ1つテスト後に出荷されています。

・Gizmotron LLCは元のマニュファクチャラーと関係がありますか?
A:関係ありませんが、オリジナルモデルの共同開発者、ケヴィン・ゴドレイのフルサポートを得ています。


ギター用はこちらからご予約受け付け中!
ベース用はこちらからご予約受け付け中!

2016-09-26 18:03


伝説のサウンドを小さなペダルが作る。One ControlのAIABに、さらに新作が出ます!
ロックギターの歴史を築き上げてきた、数多くのギターアンプの中、ひときわ異彩を放つブリティッシュアンプ。美しいオレンジカラー、ギターアンプとしては珍しくポップなデザイン、レトロな雰囲気を持つそのアンプは、他のアンプとは違ったサウンドと共に、多くのプレイヤーの相棒としてステージに君臨してきました。

1968年に英国で始まったそのアンプメーカーは、70年代後半、スウェーデンでも多くのプレイヤーが使用していました。当時、特に多く使用されていたのは、“OD120”や“Graphic 120”というアンプです。前者はマスターボリュームコントロールを持つ“ハイゲイン”アンプとして、後者はクリアなトーンでもラウドな音を出せるアンプとして人気を博していました。

ハードロックやパンクロックが隆盛を迎え、ヘヴィメタルが産声を上げた70年代後半。当時の音楽シーンを賑わし、今でも多くのプレイヤーが求める、ギターサウンドをそのまま歪ませ、倍音成分が溢れでてアンプからこぼれ落ちるようなサウンド。それこそ、One Control Fluorescent Orange Amp In A Boxが作る音です。

Fluorescent Orange Amp In A Boxのコントロールは、まさにマスターボリュームを持つアンプのような構成です。アンプのプリアンプやゲインコントロールに相当するLevelと、全体の音量に加えパワーアンプの飽和感を加えることもできるMaster。2つのコントロールを組み合わせ、本物の真空管アンプのように音を作ることが出来ます。

Fluorescent Orange Amp In A Boxは、ギターサウンドを少し汚してバンドの中に馴染ませるようなダーティブースターから、ジャキっとした質感のオーバードライブ、さらにはハードロックやクラシックメタルの領域にまで踏み込めるディストーションサウンドまでを自在に作ることが出来ます。
圧巻のレスポンスとダイナミックレンジにより、Levelコントロールを楽曲中に使用する“最も強い歪み”に設定してしまえば、あとはギターのVolume操作だけでクリーンから設定した最大の歪みまでを自由にコントロール可能。それも、ギターのVolumeに合わせてスムースに歪みが可変するため、忙しいプレイ中のゲインコントロールも簡単です。

ギターのVolumeを下げたり、Levelコントロールを低く設定し、ほとんど歪みの無い状態に設定すると、まるで“歪まないチューブアンプ”をフルアップにしたような、独特の飽和感のあるクリーントーンが得られます。真空管が歪み出すギリギリのところを維持しながら、時々強いピッキングでオーバーロードするような、ジリジリとした熱いクリーントーンです。
どこまでも音楽的で奥行きのある“ダーティな”クリーントーンは、高めのキーのヴォーカルを素晴らしく引き立てることが出来ます。実際、クリアな高音のヴォーカルを擁するUKロックバンドや、女性ヴォーカルのロックバンドのステージでは、よくオレンジ色のアンプを見ることができます。

そのままゲインを高めていくと、太くジリッとしたオーバードライブサウンドが鳴り響きます。リードギターのトーンから、クラシックハードロックのリフや刻みなどにも最適な音色です。Presenceコントロールを設定することで、シングルコイルに太さを与えたり、甘いトーンのハムバッカーにエッジや豊かな倍音を加えるような使い方も可能です。

そしてゲインが最大近くになると、Fluorescent Orange Amp In A Boxは分厚い壁が天高くそびえるようなディストーションサウンドへと変わります。圧倒的な倍音成分と、ずっしりと太いローエンド、そして暖かなミッドレンジ。ギターの持つ全帯域が歪んだようなアグレッシブなトーンは、ハードロックやクラシックメタル、さらにはストーナーロックなどにも最適なトーンです。目の前に音が圧となって迫ってくるような感覚は、なかなか味わえるものではありません。

Fluorescent Orange Amp In A Boxは独特の歪みを作りますが、音楽的でダイナミックレンジが広く作られているため、シンプルで扱いやすいペダルです。クリーンなトランジスタアンプやアメリカンコンボからブリティッシュスタックまで、多くのアンプと組み合わせることが出来ます。ペダルボード内でも設置場所を選ばず、シンプルな3ノブコントロールで多くの歪み系エフェクターと同じように扱うことができます。


●特徴
・70s後半の“オレンジ色のアンプサウンド”を作るオーバードライブ/ディストーションペダル
・細かな表現に対応する高いレスポンス
・歌モノのバックに最適な“少しダーティな”クリーントーン
・独特の存在感を際立たせるオーバードライブサウンド
・ハードロック、クラシックメタルやストーナーロックまで到達するディストーションサウンド
・他のペダルや様々なギター、アンプ等と組み合わせても使用可能
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能
・トゥルーバイパススイッチング

●Specification
インプットインピーダンス : 500K
アウトプットインピーダンス : 25K
駆動電圧 : 9V
消費電流 : 2mA
S/N比 : -80dB
サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
    47Wx100Dx48H mm(突起含む)
重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
※電池は付属しません。

Fluorescent Orange Amp In A Box(FOAIAB)は、70年代後期ごろによく使われた、生々しいディストーションサウンドを作る、70年代のヴィンテージオレンジの音を再現している。あの音はまさに不滅のディストーションサウンドだ。FOAIABは同じブリティッシュでも、Purple Plexifierよりも有機的な音がする。普通の歪みペダルのように、自由に使ってみて欲しい。

───Bjorn Juhl


ご予約受け付け中!

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム