【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

楽天健康サポート専門店 楽天うまいっす店 楽天健康マイスター店
楽天健康サポート専門店 楽天うまいっす店 楽天健康マイスター店

2016-08-25 10:59

『バイオパシー協会 会報Vol.48』のパパイヤの酵素食品を飲んで克服された方の体験談を読ませてもらいました。 今回はその体験談を紹介させてもらいます。

●アルツハイマーのお母様を持つE様の体験談

アルツハイマーで施設に入っている90代のお母様に5年前からパパイヤの酵素食品を 毎朝、朝食後6gずつ食べさせてもらうよう職員の方にお願いしたところ、 てんかん発作(けいれん発作が主な症状。突発的に意識を失うこともある)が発症しても 10日で退院できました、以後発作は起きていないご様子。

こちらのお母様は65歳のころからアルツハイマーが発症しておりましたが、 症状の進行が緩やかです。もしかすると脳の萎縮があるとはいえ、厳密にはアルツハイマーとは少し違う病気なのかもしれない、とわかり、 お医者様もそれを感じていたのか、アルツハイマーのお薬(アリセプト)をやめてくれました。

てんかんのお薬も不必要となり、今は消化剤だけ服用されているそうです。 現在E様のお母様は身内の顔が分かり、食事も自分で食べれるようになり、足腰丈夫で車いすいらずになりました。 自分の親の服用する薬が減って、元気になってくれるのはやはりとても嬉しいですね。

パパイヤの酵素食品は脳細胞に届き、てんかんに効果があるという臨床研究があります。 また、脳の重さの60%は脂肪なので、活性酸素に強く影響されますが、パパイヤの酵素食品の抗酸化作用は、 高齢者の皆さんの生活の質を高め、笑顔で過ごしていただける大きな助けになりますとのこと。

●高齢の愛犬(18歳)にご利用なされた林田様の体験談

パパイヤの酵素食品は林田様の健康管理に手放せないものですが、 高齢の愛犬(18歳)にも何度となくパパイヤの酵素食品で奇跡の様な回復を見せています。 愛犬にご利用された林田様は、何度も起き上がろうとして、毛が擦れ赤い皮膚が見えてしまう 床ずれのような状態の皮膚になってしまわれました。

パパイヤの酵素食品を水で薄めてスプレーで何度も吹きかけたところ、 3日間で穴の開いた状態の皮膚は修復され、新しい毛が生えてきたということです。 その後同じようなことがあっても早めに対処したところその時は1日で改善されました。

体の内側からだけでなく外側からでも効果があるのですね。 使用方法に悩みがある方は協会の方へ相談するのもいいかもしれません。 パパイヤの酵素食品は人間や動物だけでなく植物にも効くのだとか。 動植物にも人間と同じように使用することができるというのはとても驚きました。 動物には動物専用(動物の種類それぞれ)の食品、植物なら植物専用の栄養剤等があるものだと思っていたのですが、 人間と動物、植物に共用で使用できる食品というのはペットと暮らしている方、植物を綺麗なままでいて欲しい方にもとても便利ですね。

●肝臓の調子が悪く病院に定期的に通っているK様の体験談

K様は肝臓の調子が悪く、病院に定期的に通っていて 気になることが色々ありパパイヤの酵素食品を真面目に摂ってみました。 就寝前に6gほど摂り続けていたところ、検査で気になっていた賢臓(クレアチニン)の 数値が0.92から0.88へと改善されたのだそうです。 K様は期待している以外の嬉しい変化があるのだとおっしゃられていました。 毎日摂取するだけで体が改善へ導いてくれるのはお手軽で素晴らしいですね。

●風邪を引いて熱を出してしまったM様の体験談

珍しく風邪をひき、発熱したM様ですが。「こんな時はセミボンビングをしてみたらいいんだった!」と パパイヤの酵素食品を9g、20分間隔で2回(セミボンビング法)で摂取。 すると体験談でよく聞く通り、熱が一晩で落ち着き、風邪がスッキリと治りました。 体の弱いM様にとってパパイヤの酵素食品は手放せないものとなったようです。

セミボンビングというのはパパイヤの酵素食品の食べ方の一つであり、 例えば、急な発熱腹痛、下痢などの場合には、『セミボンビング法』(9~12gを15~20分間隔で2回食べる)行います。 パパイヤの酵素食品を食べ続けても効果を実感できない場合や、症状が深刻化した時などには、 『ボンビング』という食べ方もあり、12gを40分間隔に4回食べる、間隔を空けて、食べる回数を増やして食べる方法もあります。

インフルエンザで高熱・関節痛などが出た場合は、食べるタイミングを 60分間隔にして、体温の変化を観察しながら行ってくださいとのことです。 『セミボンビング』『ボンビング』は強い効果が期待できますが症状、治療の兼ね合いなど詳しくは協会へご相談くださいとのことです。

とても丁寧で細かい摂取法であり、バイオパシ-協会様の長く重ね続けた研究成果が垣間見えます。 症状が長引く方などは相談した方が心強いかもしれません。

冊子にも記載されていますが パパイヤの酵素食品は全ての細胞(60兆個)に届き 自然治癒力、ホルモン分泌、消化吸収、新陳代謝、様々な動きを活性化 身体の異常な部分が徐々に改善されるという効果もあるとのことです。 それが改善されるだけでも心が前向きになり、身体への不安や重荷が減った気分になれます。

パパイヤの酵素食品は50代の方から90代の方まで愛用されており、 その効果はご高齢者でもいかんなく発揮されといると思われます 心身ともに自信をつけば病気にも打ち勝てる一つの勇気にもなるのではないでしょうか。

バイオパシー協会は各地で学習会を開催されており、青パパイヤの勉強や体験をお話しされています。 体の弱い方や健康に自信が無い方は一度参加すれば健康への考え方が変わるかと思います。



スタッフ 新美

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016-08-25 10:55

当店にも沢山の知識を教えてくださる「先生」のような
方々がたくさんいらっしゃいます。

その方が前々から子どもの成長に欠かせなく、体質改善、病気の予防や正常な
細胞を育てるには凄く良い商品がある。と教えていただいたのが
この だし&栄養スープ です。

研究熱心で、体の構成に本当に詳しい方からのお勧めなので
早速、一度試してみましたところ。

・とにかく美味しい
・簡単
・娘はお湯で溶かしたスープをそのまま飲むのが大好き

体に起こる効能効果もさることながら、日々の料理に凄く助かってます。
便利で美味しいおだしです。

クックパッドにもこのだし栄養スープを使ったレシピが載っておりますので、気になる方は是非、調べてみてください。

何と無くですが、粒子がすごく細かいので熱を加えると玉になってしまう個所があるかなという感じでした。ですので、溶かして味噌汁やスープとしてお使い頂くのが良いかと思います。

これから暑くなる季節、夏冷え対策や食欲がない時にもおススメできる商品です。

成長期のお子様などにもどうぞ。



スタッフ 渡辺

2016-08-12 09:55

日ごろ 青パパイヤの発酵食品を召し上がっていらっしゃるお客様が
15歳(人間年齢に置き換えるなら76歳という高齢)の愛猫にドライフードに混ぜてあげた所。

日ごろの動きなどもスローモーになっていたのに元気に走る事があったり、ご近所の飼い犬が下痢との際に分けて上げたら犬も下痢もとまり元気になって飼い主よりお礼を言われたそうです。

この青パパイヤの発酵食品については「良さを感じたのでまたお願いするわ♪」
と嬉しそうに感想を教えてくださいました。
スタッフ 加藤

2016-08-12 09:53

6月24日、もぐさのメーカー三栄商会 所長横田様を講師に迎え、会議室にてもぐさ体験会を行いました。

ご用意させて頂いた席も満席になり総勢12名のお客様にご参加頂きました。

DSC_5013.jpg

ここで特に勉強になったことをいくつか記載させて頂きます。

まずは、簡単そうに見えるもぐさの火のつけ方ですが、以前、お客様よりお電話で「もぐさの火がうまくつけられない、斜めに燃えてしまって灰が落ちて危うく火事になるところだった」と、お問い合わせを頂いたことがありました。

その際は口頭で四苦八苦しながら お客様と確認しつつお話させて頂きましたが 良い方法としては火のつけ方は火の中心を狙いに火に対してもぐさを斜めにあて、ゆっくりと回しながらつけることで満遍なく火を灯せるようです。後はそのために息なども吹きかけないで良いなどのこと。どうしても火を大きくすることに思考が向かいますがそこはじっくりと行うそうです。

DSC_5040.jpg

次に、もぐさ温灸は使う度に灰が落ちるのが難点なのですが、これを解消できる応用術についても教えて頂いたので記載したいと思います。

もぐさ体験会の開催前に、温灸紙を使って折り紙の要領で箱を作ったのですがこれを温灸の際に火のついたもぐさをこの箱に中に差し込み、温灸を行うことで、箱がもぐさの灰をキャッチしてくれるのでとても効率的だなと思いました。

DSC_4991.jpg

あとはもぐさを当てる強さと場所です。
体験させてもらうまで、もぐさは軽く当てるだけで効果があるものと思っていましたが、確実に身体を温めるにはかなり強めに体に押し当てる必要があるようで、そうすることで体になかまで温灸効果を行き届かせられるということと場所もとても大切で、肝臓と腎臓の部分を重点的に行うとの事で 目の前で見れてとても参考になりました。

DSC_5105.jpg

DSC_5109.jpg

ご参加頂いた皆様のご意見をお伺いしていると、これまで我流で温灸していたので、今回正式な温灸の仕方を教えてもらえてとてもためになりました!などとお喜びの声を頂きました。

三栄商会の横田様もお忙しい合間を縫ってお越し頂き、誠にありがとうございました。

今回の体験会で得た情報については、今後お電話頂いたお客様などにお伝えしていけたらと考えております。



スタッフ 高島

2016-08-08 14:00

昨今、週刊誌等で「飲んではいけない薬」「やってはいけない手術」や「やらなくてよかった手術」等々、特集が組まれているのを目にします。

私たちは、病気になったら病院へ行き医師の診断を受け、その医師に処方された薬を疑う事もなく口にします。また、入院と言われれば今まで抱えている仕事や家事都合を全てキャンセルし、入院する事を一番の優先事項として考えます。

最近ではセカンドオピニオンを受ける方も増えましたが、なかなか医療技術をもたない私たちが医師の勧めを断り、自分たちで治療方針を決めることは難しいのが現状でしょう。しかし、これからの時代は自分で決めるという事も一つの選択肢になるかもしれません。

先日友人とランチをしていると、一人で食事をされている60代ぐらいの女性に声をかけられました。(以下Aさん)

最初は当たり障りもないお話でしたが、突然「実は私、乳がんを患って、余命宣告まで受けたのよ。人生って、不思議でしょう。」と言われるのです。

おもわず友人と顔を見合わせ「えっ!?」と驚きましたが、お話を聞くと、医師から「抗がん剤治療をすぐ始めないと間違いなく治らない。すぐにでも入院して欲しい。」と言われたそうです。

ところが、Aさんはどうしても抗がん剤治療をする気になれず、その医師へ「先生、私自分で治します!抗がん剤治療は絶対しません!」とお話しされたそうです。医師はそれでも入院を勧めましたが、Aさんの意思は非常に固く、「それでは定期健診には必ず来てください。とりあえず、3カ月以内にまた来て下さい。」と医師もしぶしぶ了承したそうです。

それからAさんは、以前「体を温めるとがん細胞の動きが悪くなる」と聞いたのを思い出し、街中でも良く見られるスーパー温泉、中でも一番自分の体質に合っている温泉があるそうで、(Aさん曰く、泉が良いそうです。※大阪府茨木市にある天然温泉 すみれの湯)そこへ毎日のように通ったそうです。

そして3か月後、Aさんは病院へ行き検査をしたところ、腫瘍が3か月前に比べて半分以上小さくなっている事がわかりました。これには医師も驚き、Aさんもとても喜んだそうです。そして更に3か月温泉へ通い続け、改めて検査を受けたところ、不思議な事に腫瘍がなくなっていたそうです。

もちろん、全ての方がAさんのように良い結果をもたらすとは限りません。
たまたま、Aさんは幸運だったかもしれません。

ただ、もし自分が病気になったら、がんになったら・・・自分ならどう治療したいか、家族にどのような協力を求めるかを予め具体的に考えておくことも必要だなと、考えさせられた出来事でした。

私には子供が3人いて、(主人もいますが(笑))まだまだこの子たちの為にも健康な身体でありたいと強く思うので、まずは病気にならない身体づくり(基礎体温あげる、腸内環境整える)を日々こつこつと続けていきたいと思います。



スタッフ 西川

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

フリーページ

過去の日記

2016年
2015年
2014年

ケータイで見る

URLをケータイに送信