【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

トップページへ

2016-09-11 18:39

iraka 2016 秋モノ展 大丸神戸店

大丸神戸店にて9月28日(水)より開催させていただくイベントのご案内です。

iraka 2016秋モノ展

5回目となる今回は、新たな作品を生みだし続けている播州織作家tamaki niimeの最新作を中心に、
山梨県でつくられるオーガニックな洋服evam evaの2016年秋冬コレクションや、上質な革でつくられる
Enseの新作バッグなど、日本の技術が生きたファッションアイテムから、秋の空間を心地よく
演出してくれる、世界的彫刻家イサム・ノグチがデザインした岐阜でつくられる和紙照明AKARIなど、
秋のインテリアも併せてご紹介します。

【出展ブランド】
tamaki niime / evam eva / AKARI / Lapuan kankurit / 盛永省治
Ense / breezy blue / egg / orslow / sirene mermaid / harukii
fog linen work / SK Lamp

日時:2016年9月28日(水)~10月4日(火) ※最終日は17時閉場

場所:
大丸神戸店7階くらしのギャラリー
〒650-0037
兵庫県神戸市中央区明石町40

くらしのギャラリーは下記画像の赤丸印の場所です!
(栗原はるみさんのカフェの隣です。)

0901_7F[1].jpg

皆様ぜひお気軽に遊びにいらしてください!

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016-09-09 20:09

福井県より兵庫県西脇に移り住み播州織作家として活躍されている玉木新雌(タマキニイメ)。

東京で行われた展示会で「播州織」に出会い、その面白さに興味を引かれたのが
玉木新雌と播州織の出会いでした。

その展示会場にいらっしゃったのが玉木新雌が信頼を寄せる職人 西角博文さんでした。

西角氏に「こんな風に織ってほしい」とリクエストし制作してもらった生地で作品を作り、
販売を行っていた玉木新雌ですが、ふと西角さんが、

「いつまでも自分を頼っていたのでは駄目だ。俺が織れんようになったらどうするねん」

この言葉で、「自分で織ろう」と決意し西脇へ移住したそうです。

はじめ、シャツを作るために生地を開発していたところ柔らかすぎる生地が出来ました、
シャツにはできないけれど、「巻きもの」には向いているのでは?と考え、玉木新雌の
代名詞であるフワフワのショールが誕生しました。

その後、小物やウェアの制作もはじめ、今や幅広い層に絶大な支持を得ています。

irakaでも楽天店での販売は玉木新雌さんの意向もあり展開していませんが、実店舗、自社サイトでは
とても人気の作品です。

そんなtamaki niimeの創り出される場所が明日9月10日(土)より移転オープンします!

先日の7日(水)にレセプションパーティーが開催され、光栄にもお招きいただいたので、
ワクワクしながら参加してきました。

その様子を少しご紹介します。

今回お祝いのフラワーアレンジメントをお願いしたのは今年の2月にirakaと同じ摂津本山にオープン
された素敵な花屋「knospe(クノスペ)」さん。

とても素敵に作ってくださいました!

tamaki niime iraka knospe flower

撮影場所は「日本へそ公園」

西脇市は東経135度と北緯35度の交差地点で、日本列島の東西・南北の分布のほぼ中央にあたり、
日本標準時の基準となっている経線でもあることから「日本のへそ」と呼ばれています。

tamaki niimeの移転先はこのへそ公園のすぐそば。

染工場だった建物を利用した新tamaki niime。

tamaki niime iraka knospe flower

以前の敷地と比べると約5倍の広さに!!

ストックルームも広くなり、以前よりもたくさんの作品を見る事が出来ます。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

今回の移転のポイントは、モノづくりの現場が見える事。

ストックルームと工房はガラスで仕切られていて生地を織っているところを見る事が出来ます。
作品が生み出される空気感を存分に感じられる素晴らしい空間です。

こちらがヴィンテージの力織機や丸編機、ジャガード織機の配された工房。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

今回のドレスコードはtamaki niimeとの事で、バイヤーは新型のfuwa t longのウールでした。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

首元がVネックで裾のサイドにスリットが入ったデザインで重ね着も楽しくなりそうです。

9月28日(水)~10月4日(火)の大丸神戸店でのイベント「iraka秋モノ展」でご紹介予定ですので
気になる方は是非!
イベントのご案内はまた後日させていただきます。

全身赤色で神々しいオーラの溢れるこの方が玉木新雌女史。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

そして、こちらがtamaki niimeの生まれるきっかけとなった西角博文氏。
玉木さんの嬉しそうな表情が全てを物語っています。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

こちらは玉木新雌を支え続けるパートナー酒井氏。
酒井氏の存在があるからこそ、玉木さんは作品制作に没頭できるのです。

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

ケータリングのフィンガーフードも美しい&美味でした!

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

tamaki niimeロゴ入りマカロン!

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

最後に、恐れ多くも玉木新雌さんとお写真ご一緒していただきました!

tamaki niime iraka 播州織 玉木新雌 西脇

作品だけでなく、空間にもこだわるtamaki niime。
この空間の為にharuka nakamura氏により制作されたのオリジナル音源にも是非耳を傾けてください。

イロトリドリの個性が抜群に調和した玉木新雌女史率いるtamaki niimeクルー。

アイデアを即座にカタチにする事が出来る最高の環境。

自然に囲まれた新しい拠点から生みだされる新しい作品、とても楽しみです。

明日9月10日(土)西脇より世界へ向けて本格始動です!


tamaki niime weaving room & stock room
〒677-0037
西脇市比延町550-1
tel.0795-38-8113
Open 11:00-18:00
Closed Tuesday

2016-08-28 16:39

「ニットのもつあたたかさ、暮らしのなかでのニットのあらたな表現をすこしづつかたちにして、
日々の暮らしを心地よく過ごす。見て心地よく触れて気持ちいいこと。」
をコンセプトに山梨から洋服や小物を生みだしているevam eva(エヴァム エヴァ)より
キャンバススニーカーが届きました。

evam eva canvas sneaker iraka エヴァムエヴァ キャンバススニーカー

カラーはワントーンのキナリとコントラストのはっきりとしたモードなWhite×Blackの2色。

IMG_8804.JPG

どんなスタイルにも合わせやすいシンプルな佇まい。

IMG_8823.JPG

ソールは柔らかく足にフィットするので、歩きやすく疲れにくいのが嬉しいポイント。

IMG_8845.JPG

全て国内の熟練した手仕事で作られています。

IMG_8846.JPG

IMG_8857.JPG

丁寧なステッチが美しい。

IMG_8840.JPG

IMG_8893.JPG
キナリ

IMG_8834.JPG
キナリ

IMG_8892.JPG
ホワイト×ブラック

IMG_8860.JPG
ホワイト×ブラック

展開サイズは34(22.5)、36(23.5)、38(24.5)の3サイズです。

evam eva キャンバススニーカーの販売ページは⇒コチラ

2016-08-25 18:12

猛烈な台風10号がUターンして30日頃には日本接近のおそれとの事。

皆様くれぐれもお気を付けください。

この台風が過ぎれば、暑さもピークを過ぎ涼しくなってくるのでしょうね。

irakaでも秋冬の洋服が少しづつ届いてきています。

今日はそんな秋冬の洋服に合わせたくなるEnseのレザーバッグのご紹介。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー

Enseとは

------------------------------------

フランス語で「一緒に…」を意味する「ensemble」をもとに、気持ちを込め、呼んで頂きやすくと
名付けられました。

メンバー、Enseの物作りに関わる人々、そして使って頂く方々、Enseに関わる全ての人々
皆が一緒に素敵な気持ちになれますように…

EnseのBag、小物と一緒に素敵なお出かけ、時を過ごして頂ければと思います。
一緒に、時を重ねて 味わい深く…

------------------------------------

こんな素敵なコンセプトの元、個性的で素敵なメンバー4人によってEnseのバッグは生み出されています。

Enseのアイコン的な存在でもある「Leather Tote」はS.M.Lの3サイズ展開で様々なシーンで
活躍してくれます。

今回の集合写真には写っていませんが、私自身ブラックのLサイズを愛用中で、とても気に入っています。

こちらはMサイズのブラウン。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
Leather Tote M BROWN

158cmの女性が持つとこのようなイメージ。
荷物をしっかり入れたい方にオススメのサイズ感です。

そして、女性に人気No.1なのがSサイズ。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
Leather Tote S BLACK

コンパクトながら、A4サイズの書類も横に入れる事ができ、内側にもファスナーポケット1つ
オープンポケット2つが付いているので使い勝手も抜群です。

ハンドルが縦に付いているので肩に掛けたときすれ落ちにくいのも嬉しいポイント。

こちらも女性に人気のボックスショルダーバッグSサイズ。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
Box shoulder S BLACK

普段使い、ちょっとしたお出掛けにオススメ。
シンプルなデザインなので様々なテイストの洋服にもすっと馴染みます。

Enseにはバッグラインとアクセサリーラインがあり、こちらは初めてバッグラインと
アクセサリーラインがコラボレーションしたドクターズバッグ。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
Doctor’s bag M NAVY

ファスナーの引手をアクセサリーラインが担当しました。

ボディは上品な引手にぴったりな柔らかいディアレザー(鹿革)が贅沢に使用されています。

こちらは一回り小さなSサイズ。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
Doctor’s bag S NAVY

そして、ありそうで無かった上品なレザーリュック。

Ense Leather bag iraka アンサ ナッグ レザー
ruck sack black

こちらもアクセサリーラインとのコラボレーションの引手が付きます。

ボディには牛革よりも軽いゴートレザー(山羊革)が使用され、背中に当たる部分には、通気性の良い
カットソー素材が使われているので、温かい季節でもお使いいただけます。

両手が自由なリュックはやはり幅広い世代に人気です。

是非、自分のスタイルに合ったバッグを見つけてみてください。

Ense商品一覧は⇒コチラ


2016-08-18 18:17

Enseのアイコン的存在のLeather Toteに新色のホワイトが加わりました。

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

ほんの少しクリームがかった白いボディーにハンドルはブラウンのツートンカラーです。

こちらのサイズは中間のMサイズです。

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

158cmの女性が持つとこのようなサイズ感。

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

しっかりと荷物を入れたい女性にオススメのサイズ。

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

180cmの男性が持つとこのような雰囲気。
Mサイズは男性女性どちらにもオススメのサイズ。
パートナーとシェアしてお使いいただけます。

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

Ense Leather Tote White iraka アンサ レザートート ホワイト 新色

新色ホワイトはお取り寄せ商品となりますので、ご注文からお届けまでに約1週間から2週間をいただております。
※メーカー欠品の場合には2週間以上お日にちをいただく場合がございますので、予めご了承下さい。
※お取り寄せ商品のキャンセル・ご交換・ご返品はお受けできませんので、予めご了承下さい。

Mサイズ以外(S.M.L展開)もお取り寄せ可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

Ense Leather Tote 新色WHITEの販売ページは⇒コチラ

Enseの商品一覧は⇒コチラ

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

  
  iraka-イラカ-

  ・取り扱いブランド
  
  OZEKI/AKARI

  
  HASAMI

  
  HOUSE INDUSTRIES

  
  KIHARA

  
  薗部産業

  
  Ense

  
  クラフト木の実

  
  KONTEX

  
  桂樹舎

  
  小鹿田焼

  
  JUNIOR

  
  岡本太郎サイコロ椅子

  
  su

  
  Coup de Barre

  
  sirenemermaid

  
  Trenta Sei

  
  craft_one

  
  石川硝子工藝舎

  
  Sabo Studio

  
  丸亀うちわ Ojigi

  
  Renudo amore

  
  breezy blue

  
  cosine

  
  瀬戸本業窯

  ・特集

  AKARIの生まれる場所
  
  オゼキ工場見学

  「HASAMI」
  
  HASAMI窯元レポート

  「小鹿田焼」
  
  坂本工窯レポート

  「石川硝子工藝舎」
  
  石川硝子工藝舎レポート

  「瀬戸本業窯」
  
  窯元レポート


  ・納入事例

  ゆっくり流れる島時間
  
  小豆島"島宿 真里"様
  AKARI納入事例


ケータイで見る

URLをケータイに送信