【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

フロア・マネージャー佐藤&フィールズブランド history
フィールズブランド取り扱い商品に関連した、主なプロフィール・経緯をご案内します。
1981年4月~1991年3月  会員制スポーツクラブ老舗・ドゥ・スポーツプラザ新宿  ”新宿から海がはじまる”・・水深10.8Mのダイビングプールを有した  「潜水プール(ダイビングセクション)」勤務。  指導やツアー等、ダイビングインストラクションに従事。  (1984年4月~1989年3月 年商3臆円のドゥ・スポーツブティック店舗担当)  1)1981年、ドゥ・スポーツブティックで初めて、    今のマンティス・シリコン初期モデル(マンティス・クリアマスク)    を販売。  2)1983年10月 伊豆海洋公園における、NAUI ITC    (インストラクター・トレーニングコース)にて、    NAUIインストラクター取得(#7264)。    *コースディレクター:村田幸雄先生は後にPFミューを開発。  3)1987年、ドゥ・スポーツブティックにて、ペリカンの初期モデル、    ガードボックス・今の1120CASE はじめ、今の1550CASE、    マイティライト(今のPL-1900C)などを販売開始。     4)1988年、ドゥ・スポーツブティックにて、GULLサイトシリコンについて    フレームも体(たい・マスクの顔に当たる部分)も全て透明な、    クリアモデルを特注。「素顔の君がステキ!」というキャッチコピーで販売。    *このクリアモデルはマンティスシリコン共々、翌年、GULLの正式ラインナップに。 1991年4月~1997年6月  工業ガス最大手・日本酸素(現・大陽日酸)勤務。  マーケティング・新規事業開発・顧客フォローアップ、  トライアルビジネス・クロージング担当。  所属部署における安全委員会にて、潜水医学専門大学教授諸先生方より、ご指導頂く。
1997年 7月 有限会社スーパーブランド設立。(旧社名:オーシャンブランド)        日本酸素勤務時の開発テーマ:潜水時の減圧障害に有効となる酸素吸入器        をビジネスパートナーと共に再開。 1998年 2月 上記の酸素吸入器を販売開始。        *たまたま販売開始時期が当時スタートした、DANジャパン酸素供給法と         重なり、初期モデルとして展開。 1998年 5月 酸素吸入器のソフトケースとして、シアトルスポーツフロストパックを        採用、以降、同社の防水バッグ、アウトドア用品等を輸入販売。 1998年 9月 ソーダサイフォン試飲販売開始。        (お台場フジTV前~横浜ベイサイドマリーナ~他) 1999年10月 楽天市場にて、”生活で使えるアウトドアの店”フィールズブランド        オープン。(当時、楽天市場全体で800店程度)        程なく、ソーダサイフォン、サーマルクッカーが人気商品に。        *今や廃版の魔法の調理鍋・サーマルッカーは、         フィールズブランドがネット通販の火を点け、お客様の応援もあり、         他店こぞって取り扱い、一世を風靡。(平成の大横綱・貴乃花と共に引退)        ペリカンケースライト、フロストパックも開店当初から販売。 2001年 1月 化学物質過敏症第一人者専門医先生と会い、以降、ケナフ製酸素マスク、        酸素吸入器や活性炭マスク等、CS患者さん向け商品を販売。        この後、活気ゲン・スポーツ酸素など携帯酸素吸入器を本格販売。 2001年 6月 株式会社ジールの依頼で、かねてから協力していた水中撮影にて、        ”波乗りジョニー・プロモーションビデオ”撮影に関わる。        その後、水中撮影業務からは次第にはずれて行くが、        水中撮影はジール撮影部にて強化され、        TV・映画・CMなど、数多くの水中シーンを製作。 2003年 6月 北里大学における日本臨床環境医学会総会にて、        化学物質過敏症対応、酸素吸入器出展。 2004年 5月 フィールズブランドにて、        未だ見ぬインポートギアバッグAKONA新発売。 2005年 4月 幕張メッセ・日本呼吸医学会にて、化学物質過敏症対応、酸素吸入器出展。 2007年 3月 フィールズブランドにて、漁師サンダル・魚サン新発売。 2007年 5月 フィールズブランドのイージースモーカーが、        楽天市場アウトドア部門ランキング第一位獲得。 2011年 3月 薬事法改正に伴い、医薬品販売業、高度管理医療機器等販売業・賃貸業        許可を更新。 フィールズブランドふせん フィールズブランドの商品は、一言でジャンル分け出来ないものが多く、 アウトドア用品として、生活雑貨として、はたまた防災用として、 幾つもの顔を持ち、使用するシーンが色々とある商品が多いです。 上記をご覧になり、混沌とした印象をお持ちになったかも知れませんが、 根っこは、潜水をベースとしたサービス業であり、 全てそこから生まれ、派生してきたものです。 アウトドア用品と言うよりも、健康や生活の安全に役立ち、 アウトドアでも・・使える製品と言った方がよいかも知れません。 そして、主力の携帯酸素吸入器や、今、当方が力を注いでいる、 化学物質過敏症患者さん用商品ともなると、 完全に健康のためといった意味合いが強くなります。 いずれにしても、”生活で使えるアウトドアの店”・・ 当初からイマイチ釈然としないままなのですが、 いまだ、これよりうまく言い表せるキャッチフレーズを思い付きません。 2012年8月 フロア・マネージャー佐藤
to be continued. フィールズこぼれ話・トップはこちら フィールズブランド・トップはこちら

カレンダー

2016年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2016年
2015年
2014年

ケータイで見る

URLをケータイに送信