【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

日別記事一覧

2013/02/06 19:58

今日の東京は天気予報ですと大雪とのことで、朝から心配してましたが、交通の混雑もなくよかったですね。


こんな天気ではありましたが、KORG新製品発表会が行われ、先日NAMM SHOWとあわせて発表された数々の話題の新製品を
試してきました!!!


1.jpg



まず今日紹介するのはこちら!


KORG MS-20 mini

2.jpg


MS-20復活には誰もが驚いたのではないでしょうか。


今思えばアナログオシレーターを使ったmonotronやmonotribeは、まさにこのMS-20 miniを作るための前フリだったに違いありません(笑)


実際触ってみましたが、素晴らしいの一言につきます。


3.jpg


アナログサウンドってこういうことだったのかと再認識させられた次第です。

心地よいパラメーターのなめらかさを追求し、当時のサウンドを完全再現するというこだわりが、触る度に伝わってきます。


当時のMS-20を86%に縮小したサイズですが、個人的に気になっていたのは

以前、KORGから発売されていたソフトシンセのMS-20に付属していた
USB-MIDIコントローラーと同じ筐体なのか?

ということでして、

実際に今日見てみたところ、ミニ鍵盤ではあるのですが、鍵盤が若干長くなっていて、
別ものだということが分かりました。

5.jpg


しかも本体にはMIDIは受信のみ、USB-MIDIではMIDIの送受信が行えますが、ツマミ類は一切MIDI対応しておりません
もしこれらをMIDIで制御してしまうと、せっかくのアナログのパラメーターのなめらかさが活かせなくなってしまいます。


こういった部分も当時のMS-20を完全再現するというこだわりなんですね!



こだわりは本体だけではありません!!



外箱も当時のものを忠実に再現しています!


6.jpg



さらに説明書まで!


7.jpg

8.jpg


これにはコレクター欲が.....

ああああ.......ヾ(´Д`)ノ




そしてさらに驚きを隠せないのがその販売価格


当時のMS-20は98,000円だったはず。。。


価格は再現しないのですかw?と

KORGの坂巻さんにお伺いしたところ、

「MS-20は、当時の中では格段に安いシンセサイザーとして販売されていました。
ですので、このMS-20miniの価格も今の時代に合わせていて、今までシンセサイザーを触ったことのない方にも買って使っていただきたい。
ソフトウエアのMS-20やiPadアプリのiMS20を使って興味を持っていただいた方にも本物のアナログシンセサイザーの良さを体験していただきたい」


とのこと。

しっかりしたコンセプトで商品開発されていて大変共感いたしました!!さすがです!



発売は4月中旬を予定しております。

しかしながら、初回入荷台数がかなり限られておりますので、いち早く欲しいという方は、今すぐご予約していただくことを
オススメいたします!!


KORG MS-20 mini

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム