【いいね!でフォロー】おススメ商品やお店の裏側をご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します

日別記事一覧

2013/02/04 19:50

先日ご紹介しました、TRAKTOR KONTROL Z2が入荷いたしました!






今まではDJソフト内でミックスするためのオーディオインターフェイス+コントローラーを中心にリリースしてきたNative Instrumentsですが、TRAKTOR SCRATCH PRO2用のDJミキサーをこのタイミングで発表してきたのは意外でしたね。


一般的には市場が今後、DJコントローラー中心になるものと思われている風潮はあるものの、

やっぱりターンテーブルを使ってDJプレイするスタイルは今後も続いていくのだと思います。

そんなTRAKTOR KONTROL Z2はトラディショナルなDJセットからタイムコードコントロールを使用したデジタルDJ(DVS)に向けたDJミキサーです。



PCを接続しない場合でも通常のDJミキサーとして使用できます。


tr1.jpg


その場合、コントロール部分は特に意味はなくなってしまいますが、各チャンネルに搭載しているフィルターはミキサー内にビルトインしているようで、レコードやCDを使用するときにも有効です。


tr8.jpg


ただし、他のエフェクターはTRAKTOR側に依存しているのでこの場合は使用できません。



そして、TRAKTOR SCRATCH PRO2を使用する際のセッティングはUSBケーブルで本体とパソコンを接続するだけ



tr2.jpg


セッティングが楽な点がオーディオインターフェイス搭載DJミキサーの便利なところです。



セットアップウィザードを立ち上げて指示にしたがってNEXTをクリックするだけでTRAKTOR側のセッティングも完了。


tr11.jpg



インプットセレクトスイッチの横にあるTRAKTORのマークを押して点灯させるとTRAKTOR側の曲をミックスでき、
もう一度押せばターンテーブルで再生している音源を使用することが出来ます。ボタン一つでできるところがわかりやすいです。


tr5.jpg


     ↓
  
tr10.jpg




tr6.jpg


     ↓

tr9.jpg



ちなみにクロスフェーダーはInnofader製。ただし単体売りしているInofaderとは違い、他社製品組み込み用のパーツなのでカットラグや重さの調節はできませんが、耐久性があり品質には定評がありますね。


tr4.jpg




また、TRAKTOR KONTROL Z2のユニークな点として、USBハブが2ポート搭載しています。


tr7.jpg


これによりTRAKTOR KONTROL X1や、TRAKTOR KONTROL F1を接続でき、TRAKTOR KONTROL Z2だけでは補えない細かなパラメーターもコントロールすることができます。


tr3.jpg


それでは次回は、

MACRO FXやFLUX MODEなど、TRAKTOR KONTROL Z2ならではの機能についてご紹介いたします!


ではまた!(^ー^)ノ

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2016年
2015年
2014年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム