【新規オープン記念】楽天市場 ニューショップの Facebookをご紹介!   

お買い物部のプレゼントに移動します



fb-a.jpg

2017-01-16 14:03

スクラッチDJに朗報です!

proxfade

Vestax PMCシリーズTRAKTOR KONTROL Z2DJ TechのDJミキサーに取り付け可能なスクラッチ用交換フェーダーのご紹介です!

Eclectic Breaks Pro X Fade





Innofader発売以前にカットラグ&テンション調整が可能な非純正交換フェーダーとして重宝された「PRO X FADE」がこの度、バージョンアップして再販開始!

ディアル レールスライダー機構のスムーズな動作と強固な耐久性を兼ね備えた接触型フェーダーはスクラッチ等で酷使するターンテーブリスト系DJ達から高い支持を獲得しました。

今回、Traktor Z2やDJ Techのミキサーにも対応する接続コネクターが増設され、より多くの機種への簡単接続での使用が可能となりました!

カットラグ&テンション調整はジョグダイヤルとネジによるアナログ設定となりますのでデジタルが苦手な方でも気軽に取扱いが可能な事もポイントでしょう。

SamuraiデジタルXフェーダーを除くVestax PMCシリーズの交換フェーダーをお探しの場合には「PRO X FADE」をお薦め致します!!!

2017年1月現在、プラグ差込みのみで使用可能な機種は、Vestax PMC 05/06/07/08/007、Native Instruments TRAKTOR KONTROL Z2、DJ Tech製DJミキサーとなっております。

※Samurai digital x-faderシリーズは不可
※PMC007 pro & QFO /QFO LEは純正のプレートを使用してマウント

取り付け対応機種リストに無い機種への取り付けは故障の原因となりますので絶対に行わないで下さい。

また、各社DJミキサーのメーカーでは非公認となりますので、保証の対象外となります。自己責任での交換をお願い致します。


ぜひご検討ください!

shoplink-1-banner.jpg

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017-01-15 19:58

みなさんこんにちはデジタル担当青木です。

音楽制作や自宅でのDJプレイで欠かせないアイテムのモニタースピーカー。
ですが、大きな音が出せなかったり設置するスペースが限られていたりで、なかなか導入が難しいという方も多いと思います。
モニター環境がヘッドホンだけというのもなかなか厳しいので、小さな音量でもある程度モニターできて場所も取らないコンパクトなスピーカーをお探しの方も多いと思います。

ここのところ色々なメーカーから非常にコンパクトなスピーカーがリリースされており、ラインナップも増えてきました。
今回はコンパクトなポータブル・デスクトップ・スピーカーをご紹介したいと思います。

まずはこちらから!

■Fostex PM0.1
170115_1.jpg

「音」「デザイン」「スタイル」をベストバランスで融合したコンパクトアクティブスピーカーです。
5.5cm口径のグラスファイバー振動板フルレンジスピーカーを採用。クリアな音質を実現。
コンパクトなサイズながらバランスの取れたサウンドと、お求めやすい価格が人気のスピーカーです。
170115_2.jpg




■TASCAM VL-S3
170115_8.jpg

大音量でスピーカーを鳴らせない、一般的な住宅のデスクトップ環境の構築に最適なスピーカーをコンセプトにした、コンパクトなモニタースピーカーです。横幅110mm、高さ170mmというコンパクトサイズながら、ワイドレンジな再生を実現。
小音量でもバランスの取れたモニタリングが可能です。
170115_9.jpg
VL-S3にはBluetoothによるワイヤレス再生対応モデルございます。
■TASCAM VL-S3BT
170115_10.jpg





■IK Multimedia iLoud Micro Monitor
170115_7.jpg

180mm × 135mm × 90mmというコンパクトな筐体から信じられないほどのパワフルなサウンド!
結構、大きな音量で鳴らすことが出来るので、シンセサイザーやキーボードのモニターや、自宅でのDJプレイなど、場所を取らずに迫力のあるサウンドをお楽しみいただけると思います。もちろん小さい音量でもバランスの取れた再生が可能です。
170115_11.jpg




■VECLOS SSA-40S(ステレオモデル)
170115_14.jpg

魔法瓶でお馴染み『サーモス』の真空技術を応用して開発された独自の真空エンクロージャーにより、非常にコンパクトなサイズながらクリアなサウンドを実現。サイズ的に低音は弱くなってしまいますが、音の輪郭が明瞭で、定位感もしっかりしています。カバンに入るサイズなので、持ち運びにも便利です!

全4色のカラーバリエーションをラインナップ!
170115_15.jpg




■EVE Audio SC203
170115_6.jpg

出力できる音量や、設置場所が限られているとはいえ音質にはこだわりたいという方に最適な3インチ・ウーファーを搭載したコンパクトなデスクトップ・スピーカーです。
FlexiPadというくさび型のオレンジ色のラバーパットが付属しており、0°、7,5°、15°で正確に角度を付けて、場所に応じて最適な角度で設置することができるのもうれしいですね。
170115_12.jpg
高解像度DSP回路を内蔵しています。ノブを兼ねたボタンを一押しするだけで、ユーザーの作業環境に合わせて、正確なボリュームの調整、バランス、ハイシェルフ、ローシェルフ、LEDの明るさ、入力の選択、スピーカーの設置場所にあわせたEQ設定(フラット、デスク、コンソール)が可能です。
170115_13.jpg




■Eris E4.5
170115_4.jpg

今回ご紹介した中では一番大きなサイズのモニタースピーカーです。
4.5インチケブラー低域ドライバーと1インチシルクドーム・ツイーターを搭載。

Acoustic Spaceなどの音響コントロールが搭載されており、圧倒的なバリューを誇ります!
170115_5.jpg

170115_3.jpg




今回ご紹介したスピーカー以外にもまだまだコンパクトなデスクトップスピーカーがございます。今まで、大きな音が出せる環境でなかったり、スペースがないなど様々な理由でスピーカーの導入は難しいなぁとあきらめていた方で、これならいけるかもと思った方もいらっしゃるかと思います。
是非この機会にご検討下さい!


2017-01-14 18:20

みなさん、こんにちは!POWER DJ’s渋谷店の飯田です^^

AKAIのサンプラーMPCシリーズ、現在MPC TOUCHMPC STUDIO BLACKが活躍中ですが、数年前までのハードウェア時代のモデルを愛用している人も多く、PCなしで使えるモデルがまた復活しないかなぁという声もたくさん聞いてきました・・・。

そして先日、ついに!ついに!!
待望のスタンドアローン!つまり、
PCなしで動くハードウェアタイプのMPCの新機種が発表されたのです!!!


おかえりなさい!!


ということで、今回、新たに発表されたのは、
1_LIVE_X.jpg

『MPC LIVE』『MPC X』の2機種!

2機種共通の仕様としては・・・
○PC不要のスタンドアローンMPC!
○リチウムイオンバッテリー内蔵で電源なしで駆動!
○PCと接続してMPC Softwareのコントローラーとしても使用可能!

○PHONO/LINE入力搭載でターンテーブルを直接接続してのサンプリングが可能に!
○ハードディスク16GB搭載!(2.5”SATAドライブコネクターで拡張可能)
○10GBを超える内蔵音源!
○USB3.0A端子×2 / SDカードのスロット搭載!

スタンドアローンでありながら、PCのコントローラーとしても使える最強モデルが登場するのです!今までAKAIが培ってきたハードとソフト両面の技術を惜しみなく発揮してくれそうですね^^

ここからは各機種の詳細を見ていきましょう!

○ MPC LIVE ○
2_MPCLive.jpg
こちらは現行モデルのMPC TOUCHの後継モデルと言える風貌で、MPC TOUCHと比較してみると・・・
3_MPC-LIVE_TOUCH.jpg

ボタンやノブはほぼ変わりないようで、現在のMPC TOUCHのタッチ画面だけで制作をしていけるようなイメージかと思われます!サイズは、バッテリーなどが搭載されていることもあり、厚みは少々増していますが、それほど変わりませんので、同時発表のMPC Xに比べるとコンパクトで、場所を問わずに制作やパフォーマンスに使っていけそうです^^♪

4_MPCLIVE_rear.jpg
リアパネルに注目してみると、USBポートやSDカードの挿入口が追加されています!過去機種のMPCハードと比べると現在普及しているメディアに対応しているので、データの扱いもしやすそうですね♪また、オーディオ入出力は、2IN(PHONE/RCA) / 6OUTとなっており、MPC TOUCHで搭載されなかったPHONO入力もついたので、レコードからのサンプリングもミキサーを経由せずに出来るのが嬉しいですね^^

○ MPC X ○
続いて、10.1インチ大型タッチディスプレイ搭載の本格派モデル、MPC Xを見てみましょう!
5_MPCX.jpg

こちらは現在生産完了のMPC RENAISSANCEと比較してみると・・・
6_MPC-X_REN.jpg
横幅はそれほど変わりませんが、ディスプレイの分だけ奥行きなどがサイズアップしています。
ディスプレイはタッチパネルになっていますが、写真で見る限りMPC LIVE同様、MPC TOUCHMPC Softwareを操作するときのディスプレイ画面をメインで使っていく感じだと思われます!ディスプレイが大きい分、ステップの打ち込み波形の編集作業などが楽に出来そうですね♪
また、本体左側の16個のノブそれぞれの上に画面が搭載された事で、各種パラメーターのアサイン状況等も視覚的に分かりやすくなっているようです!
7_MPCX_rear.jpg
4IN 8OUTのオーディオ入出力以外にも、MIDI入出力の充実(2IN 4OUT)や、ヴィンテージシンセを繋げられるCV/ゲート出力の搭載など、様々な機材を使って制作を行っていく軸となる1台になりそうです!

MPC Softwareも新バージョン2.0が同時発表となり、ソフト内部の進化も気になる所です!
8_MPCsoftware.jpg
『MPC LIVE』『MPC X』の2機種は来週アメリカで開催されるNAMM 2017にてお披露目される予定です^^

発売日・価格は未定となっておりますので、詳細が分かり次第またご連絡いたします!!



2017-01-13 22:45

皆様、いつもPower DJ'sブログをご覧いただきありがとうございます!担当の一柳です。

本日はお買い得シンセサイザー入荷のお知らせです!

アナログ・エコー・ライクなディレイを搭載し、強烈な効果音を放つ手のひらサイズのシンセサイザー、monotron DELAYが久々に入荷しました!


monotron-delay580156.jpg

blog-1.jpg

KORG
monotron Delay

販売価格3,480円(税込)


monotron Delayは電池駆動、手のひらサイズのアナログ・シンセサイザーです。

5つのツマミと1つのスイッチを操りながら、リボン・コントローラー鍵盤で手軽に演奏を楽しんだり、スペーシーな効果音も簡単に出力が可能になっています!

DJイベントの際や、音楽制作の際などに少しアクセントを加えたい場合など、とにかく簡単に音が出せるので、誰でも簡単にシンセが楽しめます!


blog-2.jpg


背面にはボリュームツマミ、外部出力端子の他に、何と入力ソースにフィルターやディレイをかけられる外部入力端子も搭載!
音作りの幅がかなり広がるのではないでしょうか?

複雑な機材やソフトウェアと違ってできることは少ないのですが、その分すぐに音そのものを楽しめるのがこのようなシンセサイザーの醍醐味ですね!

本体にはスピーカーも内蔵、電池もテスト用の単4電池が付属しておりますので、購入したその場ですぐに使用可能です!


Power DJ's池袋店では店頭品も展示いたしておりますので、実際どんな音が出るのか?!をご確認いただけます!

blog-3.jpg



さらに、他の機器とmonotron DELAYをすぐ接続できるよう、お買い得な日本製ケーブルセットもご用意いたしました!

blog-4.jpg

KORG
monotron Delay + ステレオミニ-RCAケーブルセット

販売価格5,520 円(税込)





blog-5.jpg


KORG
monotron Delay + ステレオミニ-PHONEケーブルセット

販売価格5,520 円(税込)


接続する機器によって、ケーブルをお選びいただけるようになっております!


DJ、ライブ、音楽制作、ちょっとした気分転換など、さまざまな用途に使えるコンパクトシンセサイザーですので、ぜひ皆様一度お試しください!


brog-kochira.jpeg

2017-01-12 15:51

多彩な機能と拡張性、高音質を搭載したクリエイティブでパワフルな4チャンネルDJクラブミキサー「X1800」ダイレクトドライブ プロDJ用ターンテーブル「VL12 Prime」DJの直感的な操作を可能にする高精細マルチタッチディスプレイを備えたDJメディアプレーヤー「SC5000 Prime」革命的な音楽管理ソフトウェア”Engine”の最新バージョン「Engine Prime」が発表されました!

DJ MIXER
DENON DJ X1800
namm2017_denondj
namm2017_denondj


X1800ミキサーは、DENON DJの新しいメディアプレーヤー「SC5000 Prime」と「EngineConnect」プロトコルをLANケーブルで統合するのに最適です。プレーヤーからのビートグリッド情報とBPM情報をミキサーが共有し、エフェクトにビートを精緻に反映させることが可能になります。またフェーダースタートも可能に。DENON DJオリジナルのクロスフェーダー「Flexフェーダー」はトルク調整も簡単。DJパフォーマンスに柔軟性を与えます。「ISOLATION」と「CLASIC」2種類に設定変更可能なEQにより、DJの音作りがよりフレキシブルになります。
独立したフィルターとSWEEP FXコントロールにより、各チャンネルにダブ、エコー、ノイズ、リバーブ4つのエフェクトをワンボタンでアサインできます。また、エフェクトのセンド&リターンに加え、グローバル・レゾナンスコントロールによりフィルターのキャラクター変更が可能。パワフルなエフェクト機能を装備しています。さらにBPM FXは、12種類の高品位BPM FXを各チャンネル毎、もしくはマスターに設定可能です。エフェクトオペレーションは視認性の高いOLEDディスプレイでも設定可能。またエフェクトクォンタイズ・タッチストリップでビートに合わせたエフェクトを直感的に調整することができます。

さらに、X1800には、パソコンを使用するDJ同士のブース転換を容易にするための2系統のUSBオーディオ入力端子を装備。2種2系統のMIDI端子を通し、MIDI対応エフェクトや音源モジュールを接続して、外部
のリズムやエフェクトをBPM FXと同期することも可能です。また、最大4台までのSC5000プレーヤーを接
続するための4ポートLANハブを搭載。デジタル音声入出力搭載。メディアプレーヤーDENON DJ SC5000
の接続時は24bit/96kHz出力が可能。高い音質を誇ります。

主な特長:


  • PHONO/LINE切替可能な4チャンネル・デジタルミキサー

  • 12種類のエフェクト、多彩な機能を備えるBPM FXセクション

  • 2系統のUSBオーディオ接続可能

  • 独立したSWEAP FXノブとFILTERノブを各チャンネルに搭載

  • 「CLASIC」モードと「ISOLATION」モードを切替可能な3バンドEQ

  • フィルターの音色キャラクターを調整可能なフィルターレゾナンス・コントロール

  • ビートグリッドとBPMに同期するFXのためのDENON DJオリジナル「Engine Connect」プロトコル対応

  • 独自開発表現力豊かなクロスフェーダー「Flexフェーダー」は、トルク調整可能。

  • 2種2系統のMIDI端子。MIDI対応のエフェクトや音源モジュールを接続可能

  • 妥協のないオーディオ品質を誇る24bit/96kHzデジタル出力

  • 視認性の高いOLEDディスプレイ

  • 高解像度オーディオミキシングのための4つのデジタル入力

  • 最大4台までのプレーヤーやアクセサリーを接続可能なLAN端子

  • 堅牢な金属ボディ




DIRECT DRIVE DJ TURN TABLE
DENON DJ VL12 PRIME
namm2017_denondj
namm2017_denondj


DJ市場の真のニーズを認識+解析し、新たに設計に盛り込み、プロDJが期待している究極のDJターンテーブルが誕生しました。
すべてのDJスタイルに合うように頑丈なオールメタル製の構造。「VL12 Prime」は、あらゆるジャンルにマッチしDJのREMIXやSCRATCH PLAYに対応します。
新開発の大型インシュレーターはハードな再生環境に置いて大きな振動とハウリングを吸収する事が可能です。
ピッチフェーダーは±8%から±50%まで広範囲かつ微細な調節が可能。完璧なテンポコントロールを実現する事ができます。
低トルクと高トルクの2段階切り替えが可能。様々なジャンルのレコードやターンテーブルの使用シーンで理想的なスタートアップを可能にします。またS字型のトーン・アームはレコード溝を正確にトレースします。
プラッターにはRGBバックライトリングを搭載。明るさと色をカスタムコントロール可能です。
「VL12 Prime」は、驚異的なパフォーマンスとクールなルックスを兼ね備えた、プロフェッショナルなDJターンテーブルです。

主な機能:

  • クッション性に優れた大型インシュレーターは、不要な振動を徹底排除。

  • 業界最高値の5kgf/cmトルク(「高」設定時)

  • 良好なSN比を実現する低ノイズモーター

  • レコードの溝を確実にトレースするS字型トーンアーム

  • アンチスケーティングと高さを調節できる二重構造のアーム調整機能

  • ターンテーブルのパーツ全てが金属製。堅牢なボディ構造です。

  • 33回転・45回転対応(7インチアダプター付属)

  • 3段階に調整可能なピッチ範囲:±8%、16%、50%

  • DJプレイを演出するRGBバックライトリング。プラッターの外周が光ります。色の選択と明るさのコン
    トロールが可能。




DJ MEDIA PLAYER
DENON DJ SC5000
namm2017_denondj
namm2017_denondj


読み込まれた音楽ファイルのビートグリッドとミュージックキーの両方をメディアプレーヤー内部で素早く分析。様々な楽曲情報をDJに提供します。SC5000 Primeは、新DJソフトウエアEnginePrimeを搭載する世界初のDJメディアプレーヤーとなります。Engine Primeは革新的な音楽ライブラリ分析システムで、DJはiTunesとSerato DJから直接、または既存の音楽フォルダからEngine Primeにドラッグアンドドロップすることで、音楽を整理、分類、インポートすることが可能です。またSC5000 Primeのオンスクリーンアルファベットの検索機能を使用することで、DJはストレスなく選曲&再生可能です。LAN出力により、一度に最大4つのSC5000 Primeを簡単にリンクさせることができ、音楽ファイル共有のための通信機能を提供します。
SC5000 Primeは、比類ないパフォーマンスをもたらす革新的な機能を搭載しています。7インチのマルチタッチカラーディスプレイを搭載し、楽曲の検索、フィルタリング、並べ替え、素早くリアルタイムのソング情報と滑らかな波形の操作が可能です。
1台のプレーヤーから2デッキ分のオーディオアウトを各デッキ毎に出力できる「パフォーマンスレイヤー」を搭載。またCUE、LOOP、SLICE、ROLLを8つの多機能トリガーパッドでパフォーマンス可能。暗い中での美しいイルミネーションを演出するプラッターのバックライトは色のカスタマイズ可能。JOGホイールはアルミニウム製。クールでスタイリッシュな外観です。
オーディオ出力は24ビット/96kHz。最高音質を実現しています。
SC5000 Primeは、FLAC、ALAC、WAV、すべての一般的な圧縮音楽ファイル形式など、すべての非圧縮オーディオ形式を再生が可能です。

主な機能:

  • マルチタッチで反応する7インチHDディスプレイ

  • 24ビット/96kHzの高音質デジタルオーディオ出力

  • 個々のオーディオ出力によるデュアルレイヤー再生

  • FLAC、ALAC、WAV等の非圧縮オーディオフォーマットの再生。

  • キュー、ループ、スライス、ロール用多機能を直感的に操作可能なトリガーパッド8個

  • 8インチの頑丈なメタルジョグホイール、HD中央ディスプレイ

  • カスタマイズ可能なジョグホイールの周りのRGBカラーLED

  • USBメディア、SDカードでの音楽ファイルの再生

  • 最大4人のプレーヤーにリンクするLAN出力



楽曲管理ソフトウェア
DENON DJ Engine Prime
namm2017_denondj


Engine Primeは音楽ライブラリー解析システムです。DJが音楽をドラッグ&ドロップしたり、既存のiTunesやSerato DJのcreateフォルダから直接統合して音楽をインポートすることを可能にします。音楽ソースを効率的に1か所で管理し、カタログ化することができます。オーディエンスが望む音楽ファイルを素早く特定し、探し出し、アクセスする事が可能です。

Engine Primeは、Denon DJの新しいメディアプレーヤーSC5000とX1800Prime 4チャンネルミキサーでの使用に最適化されています。Engine Prime上で音楽ファイルを一度インポートすると、高速分析されます。正確なBeatgridの配置と、高精度のKey解析が行われます。三色の高精細波形でフルトラックが表示され、またクォンタイズロック、ホットキュー、マニュアルループをリアルタイムで設定する事が出来ます。

Engine Primeは、詳細なプレイリストとcreateの構造を管理し、既存の楽曲リストやファイル数がどれだけ膨大でも、究極のデジタル音楽ライブラリを素早く構築することが可能です。様々なプレイリストをサポートし、USB/SDデバイスデータベースにすばやく転送し現場へ持ち出す事も可能になります。

主な特長:

  • SeratoやiTunesデータベースをEngine Primeと統合、インポート+再編成をEngine Prime内にて可
    能にします。

  • 高度で正確なビートグリッドとミュージカルキー分析

  • 究極の音楽ライブラリのためのプレイリストとクレートの作成

  • ホットキューとループにカスタム名を追加してライブワークフローを強化

  • Play中のDJパフォーマンスデータをEngine Primeアプリケーションに簡単に同期。

  • 高速かつ効果的なビートグリッドとテンポ解析

  • 最適化されたワークフローを実現する、論理的で使いやすいGUIレイアウト

  • マニュアルでトラック情報、トラックの評価を編集可能

  • FLAC、ALAC、AIFF、WAVなどのファイル形式をサポート

  • ビジュアルフィードバック用の3色トラック波形生成



Engine Primeは、SC5000に無料同梱予定となっております。(以降の対応機種は未定)

どれも国内の販売価格と発売日は未定ですが、現時点では2017年第1四半期に発売予定となっています。


どの製品も非常に期待できる内容となっておりますので、詳細な情報が待ち遠しいですね!

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2016年
2015年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム